ニュース

キム・ハッキュ氏の最新作「Tree of Savior」のムービーを紹介

かわいらしく、ギミックたっぷり、期待のMMORPG

11月20日〜23日開催



会場:韓国釜山BEXCO

imcGAMESで公開されているイラスト

 ネクソンはG-STAR2014で多数のタイトルを発表した。弊誌でも様々なタイトルを紹介したが、もう1つ「Tree of Savior」を紹介したい。「ラグナロクオンライン」や「グラナドエスパダ」を手がけたキム・ハッキュ氏の最新作だ。韓国国内ではNEXONでのパブリッシングが決定している。

 本作は主にキャラクターのグラフィックスから、「ラグナロクオンライン」を濃厚に感じさせる作品となっている。フィールドは細かく描き込まれており、独特の世界観を作り出している。本作では、植物で覆われた世界から姿を消した女神たちを探すために旅立つ冒険が描かれる。80種あまりの多彩なキャラクタークラスが存在しており、プレーヤーは転職、ステータス、特性などを通じて自由度の高いキャラクターメイキングが可能になる。

 会場で見ることができたムービーが公開されており、ゲームの雰囲気を感じることができる。巨大なボスとのアクション性の高い戦闘や、地響きを立てて現われる敵、トロッコに乗っての移動など、かわいらしく、楽しく、そして激しい冒険を期待させるムービーとなっている。日本での注目度も高く、開発元のimcGAMESのサイトを日々チェックするファンもいる。今後日本でのサービスに期待したい作品だ。

【Tree of Savior】

【Tree of Savior】
ムービーから多彩なゲーム要素が盛り込まれているのがわかる

(勝田哲也)