ニュース

「ウルトラストリートファイターIV 2014 賞金制全国大会 一秋千撃杯」決勝大会
ハイレベルな戦いに会場も大盛り上がり!!

スマホアプリ「ストリートファイター パズルスピリッツ」も発表

10月11日 開催

会場:新宿FACE

 カプコンは、「ウルトラストリートファイターIV 2014 賞金制全国大会 一秋千撃杯」(以下、一秋千撃杯)決勝大会を10月11日に新宿FACEにて開催した。

 「一秋千撃杯」は、コンシューマやアーケードで好評稼働中の対戦格闘「ウルトラストリートファイターIV」最強プレーヤーを決める大会。事前応募により、8月から東京、大阪で「シングル」、「3on3」の2部門で予選大会を実施。「シングル」優勝者に100万円、準優勝者に10万円、トップ8に各1万円、優勝・準優勝者をのぞく6名に特別賞各5万円を贈呈。「3on3」は優勝チームに100万円、準優勝チームに10万円、ベスト4に各1万円、優勝・準優勝チームを除く2チームに特別賞5万円が贈される。

杉山晃一アシスタントプロデューサー
綾野智章アシスタントプロデューサー

 決勝大会は「3on3」部門からスタート。事前に行なわれた抽選生放送により、後述の「シングル」含め、トーナメントの組み合わせは既に決定。「ダブルドラゴン(きょく選手、キャベツ選手、wおじさんw選手)」、「しゃかりきダイナミック(スコア選手、たれ蔵選手、dath選手)」、「勝ちたがり(ふ〜ど選手、ボンちゃん選手、かずのこ選手)」、「ウルトラカイザーフェニックス(飛翔兎選手、MDR選手、島唄選手)」、「KARUの昆虫採集物語(にのまえ選手、KARU選手、北千住DJ選手)」、「FGC雷神(ガチくん選手、はげじん選手、アミユ選手)」、「MADCATZ(ときど選手、マゴ選手、ウメハラ選手)」、「ちま(猫舌選手、板ザン選手、えいた選手)」の8チームが名を連ねた。

 各チームとも著名プロゲーマーはもちろん、本シリーズの対戦シーンにおいて名前を知らない人はいないであろう選りすぐりの強豪揃い。決勝戦にコマを進めたのは、関西勢「しゃかりきダイナミック」とプロゲーマーチーム「MADCATZ」。初戦のアドン(たれ蔵選手)×フェイロン(マゴ選手)は、互いに垂直ジャンプで牽制。コマンド投げの補正切りからリードを保ち1本を先取したマゴ選手だが、画面端で畳みかけるなど拮抗した展開を苛烈な攻めでたれ蔵選手が押しきり先勝。次鋒戦もときど選手の対空瞬獄殺で逆転されるが、その後ペースをつかみ連続勝利。続けざまに相手チーム大将の殺意リュウ(ウメハラ選手)を倒し、たれ蔵選手がプロチームを3タテ!。

 優勝した「しゃかりきダイナミック」には「2014 覇軍しゃかりきダイナミック」、決勝進出8チーム全員には「千撃の八部衆」の特別称号がそれぞれ授与された。また、特別賞には「MADCATZ」、「ちま」が選出。決勝直前のインタビューで「大会のために協力してくれた関西勢や周囲のためにも優勝したい!」といい、見事な成績を収めた「しゃかりきダイナミック」。熱戦を繰り広げた各チームに、会場から惜しみない賛辞と拍手が贈られた。

関西勢の協力、そして何よりもチームワークの一体感が勝利の鍵か。優勝おめでとうございます!

 「シングル」部門は、敗者復活ありのダブルイリミネーショントーナメント形式を採用。グランドファイナルのみ3試合先取。出場選手は、EG.ももち、はげじん、ウメハラ、マゴ、NISHIKIN、キャベツ、小路KOG、島唄、めう、かずのこ、にのまえ、猫舌、EBI、三太郎、ふりくり2、ボンちゃん(敬称略)の16人。第1および第2試合(Aブロック)にプロゲーマー3人が集う“死のブロック”に注目が集まるなか、決勝に進出したのは、ウィナーズがNISHIKIN選手(ブランカ)、ルーザーズがボンちゃん選手(サガット)。どちらも強豪中の強豪で、開始前からギャラリーの熱い声援と視線が注がれる。

 1戦目は、サプライズフォワードで裏を取りシャウトで決めたNISHIKIN選手が先制。ボンちゃん選手も、メリハリをきかせた立ち回りで冷静沈着にコンボを決め即座にやり返す。随所でトリッキーな動きを駆使するNISHIKIN選手、鋼のメンタルで対応するボンちゃん選手、両者一進一退の攻防に、ギャラリーのボルテージも最高潮。随所で気合の飛びを通すなど、卓越した対応力でジリジリと勝利の天秤を我がほうへと傾けるNISHIKIN選手。ボンちゃん選手も「ここ1番!」というタイミングで見事なタイガーキャノンを叩き込む。

 ともに2勝で迎えた5試合目。1ラウンドずつ取った最期の戦いは、ほぼ互角という僅差の最終局面でNIHSIKIN選手がサプライズフォワードからシャウトを炸裂させ優勝。NISHIKIN選手には「2014 一秋千撃杯覇王」、決勝進出16人全員には「修羅十六傑」の特別称号をそれぞれ授与。シングル特別賞は、EBI選手と三太郎選手。また、NISHIKIN選手には、カプコンUSAオフィサーの小野義徳氏から12月13日にファイナルが行なわれる北米「カプコンカップ」出場権が与えられた。「ウルトラストリートファイターIV 2014」を支えるプレーヤー層の厚さ、そして何よりも出場選手とギャラリーから伝わってきた“対戦格闘ゲームへの愛情”。国内としては破格の賞金ということもあり、そう簡単にはいえないのだが……シーンを盛り上げていくためにも、ぜひとも次回開催を期待したい。

 なお、全試合終了後に綾野氏から、ディカープリのタメ時間、ロレントの技の不具合などを修正するタイトルアップデートの告知が改めて行なわれた。詳細は週明けの10月14日に公式サイトで告知するとしている。

優勝はNISHIKIN選手(ブランカ)。サプライズで小野氏から北米で12月に開催されるカプコンカップ出場権がプレゼントされた

 試合後には、優勝チーム「しゃかりきダイナミック」とNISHIKIN選手の囲み取材が行なわれた。

 勝つ自信はあったか? と問われた「しゃかりきダイナミック」は、勝つ可能性はあまりなかったと口を揃えつつ「ベストを尽くすしかない」、「あきらめないのが良かったのかも」とコメント。準決勝でプロチーム相手に凄まじいパフォーマンスを見せたdath選手は、チームメイトからの賞賛に「出来すぎ……でしたよね。今日は出来すぎでした」と照れつつも笑顔。

 チームメイトのがんばりに、あまり出番がなかったスコア選手は「声は、たぶん全員で1番出していた自信はありますけど(笑)、チームメイトの戦い方から『勝ちたい!』という気持ちが伝わってきた。(それで)無心に声が出た」とコメント。たれ蔵選手は、地元で凄まじく強い豪鬼やヤンに普段からボコボコにされていたことが奏功した(?)と説明。

 決勝戦の“殊勲の3タテ”をみせたたれ蔵選手は「あとひとり、ウメハラさんという状況。これボクが負けたら、ウメハラさんの力やったら逆3タテあるな? と思ってたんで、ボクが最期のひとりやと思って戦った」といい、感想をきかれると「いや、信じられないくらいです。信じられないまま後ろを向いて、チームメイトがめっちゃ喜んでたんで、優勝したんやなって」と、これまた実にいい笑顔を見せてくれた。

 今の気持ちをきかれたNISHIKIN選手は「疲れたっスね! そんなに暑くなかったんですけど、集中しすぎて勝ったときは凄く汗をかいていました。ずっと汗が止まらなかった」とコメント。最期の前ダッシュ2回に言及されると「前の前の試合くらいで、固くいって最後にシャウト・オブ・アースをやって削れなくて死んだところがあったんで『ここも固くいったら負けるかな』と冒険してみた」と説明。

 トーナメントで1番きつかった相手は「かずのこさんじゃないですかね。勝てる気がしなかった。勝てたのは奇跡です」とコメント。当たりたくなかったのは「三太郎選手、かずのこ選手、ももち選手」。優勝者視点で面白かった試合は、EBI選手×三太郎選手。同郷の身内ゆえ「三太郎が負けたのが良かった(笑)。EBI選手のおかげで特別賞をもらってるっていう! あれは美味しいですよね。(賞金は)EBIさんだけじゃないんだ!って」と取材陣の笑いを誘う。

 ブランカ使いたちに一言ときかれると「いやー、甘えないで欲しいっスね! いけるっていうのを見せてしまったんで。しかもユン、サガットに勝っちゃった」とやや冗談めかしつつコメント。大会に臨んでは、キャラクター対策よりも「人読みを詰めた」と説明。優勝賞金の使い道をきかれると「貯金ですかね? あと、これ本当なんですけど……ふざけて彼女に『優勝したら半分あげるよ』って言ってたんスよ。どうせ優勝できないだろうと思って。たぶん、半分あげます!」といい、これには取材陣一同「えーっ!」と驚愕。筆者個人としては「この先、優勝するたびに賞金を半分あげるのかな?」と気になるところだが、なにはともあれ12月カプコンカップなど今後のさらなる飛躍を期待したい。

Android/iOS「ストリートファイター パズルスピリッツ」

 「3on3」部門終了後、休憩時間中に突如行なわれたクイズコーナー。「みなさんに新作アプリのジャンルを当てていただきたい!(綾野氏)」とモニターに映し出された選択問題……これは毎度のお約束的なネタで、正解は一目瞭然。

 「こちらをご覧ください!」とモニターで披露されたのは今冬配信予定のAndroid/iOS向けスピリットファイティングパズルRPG「ストリートファイター パズルスピリッツ」。画面下にある“スピリット”と呼ばれるマーカーをタップ。同じ色、同じ形の並んだスピリットで攻撃とスキルチャージ。多段コンボやスキルによるさまざまな特殊効果が炸裂。パラメータが自由にわりふれるキャラクター成長要素も用意されている。

 本作は、アーケード版「ウルトラストリートファイターIV」と連動コラボが決定。「ストリートファイター パズルスピリッツ」配信後、コード入力フォームにNESiCAのIDを入力すると称号「パズルバトラー」を獲得。また「ストリートファイター パズルスピリッツ」でも攻撃力UPアイテム×5がもらえる。

 事前登録特典限定スキルは、殺意の波動に目覚めたリュウの波動拳。スキル効果は「リーダー:体力がMAXの時に攻撃力超大UP! / 使用時:まれに通常ダメージより超大なダメージ!」。いずれも詳細は後日発表するとしている。

【プロモーションムービー】

【AC「ウルトラストリートファイターIV」と連動!】
どちらのファンにも嬉しいコラボ企画。上画像・右は会場で公開された特別コード

ロゴ
メインビジュアル

【スクリーンショット】

【キャラクター】

【スキルグラフィック】

(豊臣孝和)