ニュース

日本ゲーム大賞 2014は「モンスターハンター4」と「妖怪ウォッチ」のダブル受賞!

「ポケットモンスター X・Y」がベストセールス賞など3つの賞を受賞

9月18日〜21日 開催(一般公開日 20日〜21日)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:
前売り 1,000円
当日 1,200円
小学生以下無料

授賞式の冒頭で挨拶を行なった鵜之澤 伸CESA会長

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は9月18日、東京ゲームショウの特設ステージにおいて「日本ゲーム大賞 2014」の選考結果を発表した。今年の大賞は「モンスターハンター4」と「妖怪ウォッチ」のダブル受賞となった。

 鵜之澤 伸CESA会長は冒頭の挨拶で「プラットフォームにスマートフォンが加わり業界の流れがさらに速くなり、開発も大変だと思う。昔は発売したら終わりだったが、今はダウンロードコンテンツや追加コンテンツなどでずっと作り続けている。ソーシャルゲームなどは毎日更新している。開発は大変だが、今回の受賞を励みにしてもらって次に繋げて欲しい」と開発者にエールを送った。

 「日本ゲーム大賞 2014」は、2013年4月1日から2014年3月31日までの間に日本国内でリリースされた作品を選考対象とし、ユーザー選出を経て最終的に選考委員により選出される。今年は優秀賞11作品の中から大賞を選出されたが、「モンスターハンター4」と「妖怪ウォッチ」とも甲乙付けがたいということでダブル受賞となった。

 カプコンの辻本良三氏は「モンスターハンター4」の受賞について「『モンスターハンター4』は今後シリーズがどうあるべきかその第1歩となる作品。シリーズの転機となる作品だと思っている。その作品で受賞できたのは嬉しい」とコメント。一方、レベルファイブの日野晃博氏は「これからも『妖怪ウォッチ』の世界を楽しんでもらえるよう頑張りたいと思う」とコメント。プレゼンターは子供のユーザーだったため、親子でプレイしてもらえることが嬉しかったようで、笑顔の受賞式となった。

【大賞】
受賞作は「モンスターハンター4」と「妖怪ウォッチ」のダブル受賞
「モンスターハンター4」
「妖怪ウォッチ」

【優秀賞】
「艦隊これくしょん 〜艦これ〜」
「The Last of Us」
「妖怪ウォッチ」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」
「モンスターハンター4」
「グランド・セフト・オートV」
「ポケットモンスター X・Y」
「スーパーマリオ 3Dワールド」
「パズドラZ」
「UDARK SOULS II」
「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES」

 また、毎年ユニークなゲームに贈られるゲームデザイナーズ大賞は、Starbreeze Studios(日本での発売はスパイク・チュンソフト)の「ブラザーズ 2人の息子の物語」に贈られた。ゲームデザイナーズ大賞はソラの桜井政博氏を初めとしたゲームクリエイターによって選出される賞で、作り手から見て面白いと思ったタイトルに贈られる。「風ノ旅ビト」や「The Unfinished Swan」などが選出されている。

 「ブラザーズ 2人の息子の物語」は兄弟の物語で、兄と弟を左右のスティックで同時に操作。それぞれできることが違うため、どうやって謎を解いていくかといった点で、アクションパズル的な側面を持つ。一方で、ただ単にシステム面がこれまでにあまりないと言うことだけでなく、ストーリー的にも評価に値する展開を見せるということでの受賞となった。今回も桜井氏は壇上でコントローラーを握りプレイしてゲームの魅力を解説。そのおもしろさをアピールした。時々失敗したりもしながら解説を行ない、同時にゲームも進めていくのはさすがのテクニック! ぜひとも生実況を動画配信サイトで流していただきたい。

 桜井氏は最後に「海外のインディーズタイトルのような作品がずっと選出されているが、選考の段階ではヒットタイトルなども意見として出され、論議の末にこういった結果になっている。まだそういった作品にスポットを当てる意義はある」と想いを語った。

【ゲームデザイナーズ大賞】
桜井氏が中心となりゲームデザイナーが選出する
桜井氏自らコントローラーを握りでもプレイを披露
受賞の喜びを語るスパイク・チュンソフトさん

 このほかでは、ゲーム業界への貢献を表彰する経済産業大臣賞は「妖怪ウォッチ」でのゲームコンテンツの優位性などが認められ日野晃博氏に決定。日野氏は受賞コメントして、「シリーズ作品を作りながら、毎年新しいIPを作ることを考えてきました。今回ヒット作に恵まれ賞をいただけて嬉しく思います。ますます新しい作品を作りゲーム業界の皆さんに挑戦していきたいと思います」と大勢のクリエイターを前にして語った。

 このほかでは、「ポケットモンスター X・Y」が「優秀賞」、「ベストセールス賞」、「グローバル賞日本作品部門」の3部門で受賞。さらにゲームフリークとしては特別賞として「ソリティ馬」も受賞。司会の伊集院光さんも「最も有効な500円の使い方大賞だった」と絶賛していた。

 また、「グランド・セフト・オートV」も「優秀賞」と「グローバル賞海外作品部門」のダブル受賞となっている。

 東京ゲームショウ 2014の最終日は「日本ゲーム大賞 2015」の賞レースを占う、「フューチャー部門賞」の受賞作が決定する。今年はどのようなタイトルが並ぶのだろうか?

【経済産業大臣賞】
【ベストセールス賞】
【特別賞】
日野晃博氏
ベストセールスは「ポケットモンスター X・Y」
特別賞を受賞した「ソリティ馬」こちらもゲームフリークによる制作

【グローバル賞】
グローバル賞日本作品部門。受賞は「ポケットモンスター X・Y」
グローバル賞海外作品部門。受賞は「グランド・セフト・オートV」

(船津稔)