ニュース

PS4「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」プレイ披露!!

おなじみ「DQ」モンスターが圧倒的な数で押し寄せる!!

9月18日〜21日 開催(一般公開日 20日〜21日)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:

前売り 1,000円

当日 1,200円

小学生以下無料

スクウェア・エニックスより青海 亮太氏(写真右)、コーエーテクモゲームスより小笠原 賢一氏(写真左)が登場。小笠原氏が抱えているのは本作にも登場するホミロンだ
遊王として小笠原氏がプレイを披露!

 SCEJAのイベントステージにて開催された、遊王戦「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」の模様をお伝えしよう。

 「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」は、先日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)のプレスカンファレンス「SCEJA Press Conference」において、ラストに電撃的に発表されたプレイステーション 4/3用のアクションRPG。2015年春の発売が予定されており、発売はスクウェア・エニックス、開発はコーエーテクモゲームス「ω-force(オメガフォース)」が手がけている。

 遊王戦のステージには、スクウェア・エニックスより本作のプロデューサーである青海 亮太氏、そして実際にゲームプレイを披露する遊王として、コーエーテクモゲームスのプロデューサー小笠原 賢一氏が登場した。

 お2人は、SCEJAのステージに出演していることを感慨深く語りつつ、開発秘話では、かねてより「DQ」をアクションにしてみたいという気持ちが堀井雄二氏にあったこと、そしてコーエーテクモゲームスでも「DQ」を手がけてみたいという気持ちがあったのだそうだ。そこから実際に両社が話し合う機会が訪れ、コーエーテクモゲームスから提案してみたところ、快諾してもらえ、本作のプロジェクトが始まったということだ。

 実演プレイは、城下町と思われる場所で巨大な「ドラゴン」と戦う場面からスタート。大型のモンスターがスケール感たっぷりに暴れていて、動きも滑らか。炎のブレスなど印象的な攻撃もばんばん繰り出してくる。ドラゴン以外にも周囲には、「ドラキー」や「しりょうのきし」、「おおきづち」などなど、通常サイズのモンスターがわらわらと群がっていて、こちらを襲ってくる。

 そうしたモンスター軍団に対して、小笠原氏がプレイするキャラクター「アクト」の動きは軽快で、剣でのこうげき、ジャンプからの回転斬り、さらに特殊攻撃では呪文の「デイン」や、特技「しんくう斬り」、「ひょうけつ斬り」などを繰り出して、ドラゴンにダメージを与えていく。ほどなくしてドラゴン撃破!

顔と尻尾が弱点だというシリーズ初期からお馴染みの「ドラゴン」。大型モンスターも質感たっぷり、躍動感もたっぷりで動いていた
モンスターの大群が画面を埋め尽くしていく! PS4ならではの圧倒的な物量に、会場やコメントでは「多すぎ!」という反応が挙がっていた

 少々あっさり気味だが、これでプレイ披露は終了……? と思いきや、ここからが本番だった。「広場に魔物の大群があらわれた!」というメッセージが出るやいなや、遠くからどんどんと魔物の群れが押し寄せてくる!! 応戦してどんどん倒していくものの、その間にも、遠くからさらにとんでもない量の集団がやってくるのが見えている。次第に広場は魔物で埋め尽くされていき、魔物の海の中で主人公達が戦っているような状況に。

 この圧倒されるほどの大群には、ニコニコ生放送のコメントや会場からも、驚きの声が挙がっていた。PS4のハイスペックなパフォーマンスが実感できる光景となっていた。

 広場が魔物で埋め尽くされてしまったところで、操作キャラクターの「アクト」のテンションが最高潮になり、スーパーハイテンションに。紫のオーラを身にまとい、ギガスラッシュを繰り出した! 周囲をなぎ払うように巨大な稲妻のエフェクトが駆け抜けていき、モンスターに与えたダメージ表示が画面いっぱいに広がっていく。そしてそれが消えた次の瞬間には、遠くまで魔物が倒れて山積みになっている光景が現われた!

スーパーハイテンションからの「ギガスラッシュ」炸裂!! 自キャラの姿も見えなくなりそうなほどの大群が、一瞬にして吹き飛んでしまった

 こうして、圧倒的な魔物の大群と、それを一気になぎ払えるほどの爽快感を見せつけて、実演プレイは終了。青海氏と小笠原氏は、発売が2015年春ということで、まだまだ先かと思いきや、年末年始を越えればあっという間に訪れるぐらいの時期でもあると語りつつ、今後もまだまだ驚きの情報を公開していく予定なので楽しみにお待ち頂きたいとして、ステージを締めくくった。

(山村智美)