ニュース

「新生FFXIV」、「パッチ2.3 エオルゼアの守護者」マイチョコボ育成情報を公開

自分のもFCメンバーのも育成可能。限界突破して多くのアビリティを取得させよう!

【パッチ2.3 エオルゼアの守護者】

7月8日実装予定

 スクウェア・エニックスはMMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」において7月8日に実装を予定している最新アップデート「パッチ2.3 エオルゼアの守護者」の最新情報を公開した。

 今回公開された情報は、ハウジングのアップデートとなる「マイチョコボ育成」。庭具として新たに「チョコボ厩舎」が登場し、これを設置することでバディであるマイチョコボを預けて訓練することが可能となる。育成対象は自分のチョコボのみならず、フリーカンパニーメンバーのチョコボも含まれる。新たに追加される野菜を使い分けてチョコボを鍛えていくというものになる。

 プロデューサーの吉田氏によれば、今回のアップデートによってチョコボは限界突破が可能となり、ランク10以上へと育てられるようになる。これによりさらに多くのチョコボアビリティが使えるようになり、最終的にはすべてのチョコボアビリティの取得が可能となるようだ。

 将来的にはチョコボの色を変えたり、ゴールドソーサーで“チョコボなんとか”を実装するタイミングで、さらに上への育成が可能となるようだ。

【マイチョコボ育成】

ハウジングの庭具として「チョコボ厩舎」が登場。これを設置することで、相棒である「マイチョコボ」を預け、訓練できるようになる。自分のチョコボはもちろん、フリーカンパニーメンバーのチョコボを鍛え上げることも可能!新たに追加される、多種多様な野菜を使い分け、マイチョコボをさらに頼れる存在に鍛えていこう!

【スクリーンショット】
チョコボに様々な種類の餌を与える
チョコボを鍛えているシーン

(中村聖司)