ニュース

【E3 2014】韓国Bluesideが開発する、PS4/Windows向けMMOストラテジー「Kingdom Under Fire 2」

数千人の兵士がぶつかり合う戦場を実現。ハードの性能の高さを実感できるF2Pタイトル

6月10日〜6月12日開催(現地時間)



会場:Los Angeles Convention Center

 韓国Bluesideが開発する「Kingdom Under Fire 2」は数千のキャラクターがぶつかる戦いを楽しめるMMOストラテジーである。プレーヤーは数百の兵士を率いるリーダーとなるキャラクターを育てていく。従来にない大規模戦闘の描写が大きな魅力だ。

 本作は「Kingdom Under Fire」シリーズの最新作であり、今回PC版と共にPS4版も発表され、6月9日に行なわれた「Playstation E3 press conference 2014」でもPS4の基本プレイ無料タイトル(F2P:Free to Play)の1つとして紹介された。本作はアメリカや韓国を初め、日本や東南アジア各国など様々な国でサービス予定だ。

 今回、E3会期中に「Kingdom Under Fire 2」のプロデューサーを務めるBlueside CEOのSang Youn Lee氏に作品の特徴などを聞くことができた。

【「Kingdom Under Fire 2」、E3トレーラー】

レベル5から兵士を率いた戦いが可能! 大部隊での戦いを前面に押し出した作品

「Kingdom Under Fire 2」のプロデューサーを務めるBlueside CEOのSang Youn Lee氏
多数の兵士達が正面からぶつかる。この戦場の表現こそが本作の最大の魅力だ。
巨大な怪物など、個性的なユニットに注目
プレーヤーキャラクターはザコを蹴散らす一騎当千の力を持つ

 「Kingdom Under Fire 2」は元々は2009年頃から開発をスタートしているタイトルで、PC版に関してはクローズドβテストを2011年に行なっているが、正式サービスまでには至っていない。日本や韓国はアメリカに先がけてサービスを行なうべく準備を進めているという。

 本作の基本的な進行は韓国でメジャーなMMORPGと同様なものとなる。プレーヤーは街でクエストを受け、フィールドやダンジョンに旅立っていき、報酬を得てレベルアップしたいく。装備などのパワーアップや、ギルドを形成し、攻城戦を繰り広げるなども、「リネージュII」などの韓国のMMORPGの手法を積極的に取り入れている。

 本作が他のMMORPGと異なるのは、“軍団”の存在にある。「Kingdom Under Fire 2」ではプレーヤーは兵士を雇うことができる。レベル5で50人ほどの部隊を1つ、一定のレベルが上がることで雇える部隊が多くなっていく。ゲームではマップの移動や、マップ上での狩りなどは1人で行なうが、インスタンスダンジョンなどでは兵士を起用して行なっていくのだ。

 インスダンジョンはソロプレイのもの、複数のパーティが必要なものがあり、キャラクターだけで進めるものもあるが、兵士を連れて行くマップもある。今回ゲーム初期のダンジョンを見ることができたが、プレーヤーキャラクター3人、1人のプレーヤーが150以上の兵士を率いて戦う場面で、敵はさらに倍以上の軍勢が待ち構えていた。プレーヤーは兵士を率い、仲間と共に戦いを挑み、敵軍隊に食い込んでいった。フィールドは広大で、今戦っている軍隊の向こうにも敵軍がいる。本作ではインスタンスダンジョンでも2千人近くの敵味方が入り乱れるという。

 ゲームではプレーヤーは自身のプレーヤーキャラクターに加え、兵士達をリアルタイムで指揮していく。兵士達へは目的地を指示するRTS方式だ。各部隊のスキルを活用しながらも戦える、ちなみに戦いで消耗した兵士達は、プレーヤーのスキルや戦場の復活ポイントから補充が可能だ。

 プレーヤーキャラクターは兵士に関するスキルツリーを持っており、や雇える兵士のアップデートや、編制なども行なえる。兵士は剣で切り込む騎士や、弓兵、魔法使いなど様々な種類がある。複数の部隊を組み合わせ、プレーヤーキャラクターのスキルと合わせ自分なりの戦い方を決めていくのが、本作の楽しさだ。

 「Kingdom Under Fire 2」は兵士を率いての戦いにこそ“華”がある。プレーヤーキャラクターは特別な存在で、衝撃波を飛ばすスキルや、前方に向かって激しい銃撃を与えるスキルなど多彩なスキルで一騎当千の活躍をする。NPC軍隊の場合は、部隊のリーダーが巨大なサソリや象のような怪物だったりバラエティ豊かだ。本作ではインスタンスダンジョンや、8対8での戦いが行なえる小規模戦闘、さらにギルドが陣地を巡って争うギルド戦など様々な場面で兵士を率いた戦いが用意されている。

 Lee氏はこの多数の兵士が戦う戦場を作り出すのに本当に苦労したと語った。開発初期はXbox 360やPS3向けに開発を行なっていたが、PS4の性能で思い描く大規模な戦いができたとのこと。理論的には1万人以上の兵士がぶつかる戦場を表現することも可能だが、それは通信インフラの充実や、今後の最適化を進めていかねばならないとのことだ。

 今回デモプレイを見て、本作ならではの世界観や、韓国MMORPGならではの華美な装備の表現、細かいカスタマイズができるシステムなどにも魅力を感じたが、やはりなんといっても数千の兵士達がぶつかる戦場の表現に圧倒された。基本プレイ無料のゲームでこの戦場が楽しめるとあらば、多くのプレーヤーが興味を持つし、PS4の高い性能を実感してみたいと思っているユーザーにはとても魅力的な作品となるだろう。

 Lee氏はファンへのメッセージとして「本作は開発に時間がかかり、長い間完成をお待たせしてしまいました。ようやく、もうすぐ皆様に私たちの作品をお見せできます。すごく面白く、クオリティの高いゲームとするために現在も努力しています。ご期待ください」と語った。

【スクリーンショット】
グラフィックスは細かく見応えがある。派手で華美な韓国風のセンスも魅力の1つ

(勝田哲也)