ニュース

「パズドラファン感謝祭2014」、「パズドラZ ドラゴンコロシアムカップ」開幕

関東地区大会で発表

5月25日 開催予定

場所:東京ビッグサイト 西1ホール

参加費:無料

ビデオコメントを寄せた中川翔子さん
大会ルール。5分という制限時間があるが、そんなにかからない
熱戦が繰り広げられた

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは5月25日、同社のサービス中タイトルのファン向けのイベント「パズドラファン感謝祭2014」を開催した。東京ビッグサイトの西1〜2ホール(西側の1階すべて)を使用した、1社で開催するイベントとしては大規模なベントで、同社タイトルの人気の高さを証明した。

 いわゆる「パズドラ」関連タイトルは西1ホール、「ラグナロクオンライン」をはじめ「ディバインゲート」などその他の各種タイトルについては西2ホールに出展された。

 本稿では、ニンテンドー3DS用「パズドラZ」のイベントステージ「パズドラZ ドラゴンコロシアムカップ 関東地区予選大会」の模様お伝えする。今回のイベントの会場では、「パズドラZ」のモンスター「死天龍・アークヴェルザ」が登場するスペシャルダンジョンのプレゼントコード(カード仕様)が配布されたほか、「オロチ」登場ダンジョン絵馬「青大蛇の絵馬」が配布された。

 今回ステージで開催された関東地区大会の決勝戦には、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さんことイワーイが駆けつけた。「パズドラZ」については「ペンでできるし、斜めの入力がしやすい。画面が大きい(プレイしやすい)」と、スマートフォン版の「パズル&ドラゴンズ」の入門編で最適を説明。大会に先駆けて上映された中川翔子さんのビデオコメントでも「『パズドラZ』は7連鎖とか決まって、連鎖力が上がる気がする。スマホでは2連鎖しかできないけど……」とコメント。

 とはいえ、準決勝、決勝に駒を進める各選手のレベルはとてつもなく高い。5分の制限時間がルールで設定されているが、早い選手は1分40秒でクリアするという猛者ぶり。イワーイさんも「あっと言う間に終わる」とびっくり。クリアのレベルも「SS」どころか「SSS」を出す選手も現われるほどで、かなりの戦いとなった。

 そんな中優勝を決めたのは、クリアタイム1分19秒32、平均コンボ数6、スコアは25,668を記録したまつじゅん選手。まつじゅん選手は6月29日に幕張メッセで開催される次世代ワールドホビーフェアで開催される全国大会決勝に駒を進める。

【準決勝】

【決勝戦】

優勝したまつじゅん選手
準優勝のデゆっくりポテト選手
惜しくも3位となったユウヤ選手

優勝したまつじゅん選手を中心にフォトセッション

プレゼンターを務めた森下氏
山本大介プロデューサーも試合の解説を行なった
試合を盛り上げたイワーイことハライチの岩井勇気さん

【「パズドラZ」のブース】
「死天龍・アークヴェルザ」が登場するスペシャルダンジョンと、「オロチ」登場ダンジョン絵馬「青大蛇の絵馬」が配布された
午前中は大会が行なわれ、午後は体験会が行なわれた
プレイするとパズルをプレゼント
ブース横にも大きなモンスターが設置されていた

(船津稔)