ニュース

「ブラスサウンドで知る田中公平と伊藤賢治の正体」レポート!

アニメとゲームの巨匠の名曲が、吹奏楽になって登場!

4月20日 開催

会場:東京芸術劇場

 「サクラ大戦」などで知られる田中公平氏と「ロマンシング・サガ」などで知られる伊藤賢治氏の楽曲を吹奏楽に書き起こして演奏するブラスコンサートが東京芸術劇場コンサートホールで4月20日に行なわれた。田中氏の楽曲は、これまでもオーケストラバージョンの譜面が制作され、日本のみならず全世界で演奏されている。なぜ今回管弦楽でなく、吹奏楽のコンサートになったのかという理由は、こちらの記事を参照してほしい。

 東京芸術劇場コンサートホールという音響に優れたステージを舞台に、1部、2部は吹奏楽、3部はバンドサウンドという構成でバラエティ豊かに進行した本公演。吹奏楽は、渡邊一正指揮による、東京佼成ウインドオーケストラが、バンドは川村竜バンドがそれぞれ担当した。さらに、中川翔子さん、きただにひろしさん、富永TOMMY弘明さんといった、お2人にゆかりの深いボーカリストもゲストとして登壇するとアナウンスされていた。

富永TOMMY弘明氏も登場し、一気にテンションアップ

富永TOMMY弘明氏が登場
力強いボーカルが会場に響き渡った

 1部、2部はそれぞれ田中氏、伊藤氏といった作曲家別ではなく、シャッフルして進んでいく。第1部は伊藤氏の楽曲、「ロマンシング サガ -ミンストレルソング-」から「オーバーチュア〜オープニングタイトル(メドレー)」でスタート。吹奏楽は、管弦楽から弦楽器を失くしたものと考えてもらうとわかりやすいだろうか。管楽器、打楽器、弦もコントラバスのみで構成されている。ストリングスの女性的な音色が無い分、男性的で力強い音色が特徴だが、これがゲームサウンドと相性抜群。一気に聴衆をつかんだところで、続くのは「ガンバスター交響詩」。ドラムの強い「ガンバスター」など吹奏楽向きの楽曲がメドレーの一部を構成するものの、それ以外でもメロディアスな「時の河を越えて…」などしっとり系も違和感なく溶け込んでいる。そこから伊藤氏の楽曲が3曲続き、田中氏が再び登場。次の曲は「ジョジョの奇妙な冒険」のOP「ジョジョ〜その血の運命〜」である。ゲストにアナウンスされている通り、富永TOMMY弘明氏が登場。

 そして登場したからにはトークのみで帰るはずがない。クラシカルなステージは初めてでいささか緊張しているとのことだったが、歌いだせばさすがの力強さ。圧倒的な歌唱で会場を飲み込んだ。

 そして次なるゲストがきただにひろし氏。

 田中氏により見出され、世界的な人気コンテンツである「ワンピース」の主題歌を歌う氏は、田中氏とともに世界中のコンサートに出演するいわば常連。どこの国でもきただに氏が「ウィーアー!」を歌えば納得するとは田中氏の言だが、ここではまだ、「ウィーアー!」は歌わない。まずは「ウィーゴー!」から。こちらも大いに盛り上がる曲だが、転調、変拍子などよりテクニカルで、吹奏楽でどうなるのかと思えば、実に見事な「ウィーゴー!」だった。

 「ジョジョ」と「ウィーゴー!」ですっかり満足したものの、コンサートはまだ始まったばかり。続く2曲は声優の杉田智和氏が原作を務めるPlayStation Vita用ゲームソフト「月英学園-kou-」から「天地神人」、そして「サクラ大戦3」から「御旗のもとに」と続き第1部が終了。3部構成の1部が終わったところなのに、すでに心地よい疲労に包まれた充実ぶりだった。

第2部は伊藤氏の「カルドセプト セカンド」から代表曲「パズドラ」を披露

 20分の休憩ののち、第2部がスタート。こちらも伊藤氏の「カルドセプト セカンド」のメドレーからスタートし、「交響組曲「ONE PIECE」」と続く。「カルドセプト セカンド」は、伊藤氏がスクウェアを退社してフリーになって最初に受けた仕事だそうで、思い入れの強い曲だとか。「交響組曲『ONE PIECE』」はすでにオーケストラアレンジされたものをさらに吹奏楽アレンジした曲。海外では演奏されたものの、日本では初お披露目となる。

 さらにここからは伊藤氏の最近の代表曲「パズドラ」3連荘。4月24日より稼働のAC「パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-」のOPとED曲。この曲は伊藤氏が作曲して、田中氏が編曲するという本公演にふさわしい曲である。次は、「パズドラメドレー」。「パズル&ドラゴンズ」をプレイしたことがなくても、知ってるメインテーマを含む全楽曲のメドレー。そして3曲目がニンテンドー3DS専用ソフト「パズドラZ」のメドレー、「バトル-天地鳴動-〜さかさま世界」。「さかさま世界」はCMソングにもなっている通りで、しょこたんこと中川翔子さんの歌だが、楽曲開始時にしょこたんの姿はない。今回はインストゥルメンタルなのかと思ったら、メドレーが「さかさま世界」に差し掛かるところで颯爽と登場。

 かくしてしょこたんタイムのスタートである。曲の合間のMCでは、この場に呼ばれたこと、アニメが好きでよかったことなど感謝の言葉が矢継ぎ早に紡がれ、あまりの早口に田中氏が苦笑する一幕も。

 そして、「天元突破グレンラガン」のOP「空色デイズ」へと続いていく。昨年のアニメロサマーライブでも披露し、しょこたんの代表曲として地位を確立した印象だが、ブラスアレンジでもその真価を如何なく発揮し、高らかに見事に歌い上げる。気が付けば、第2部も残り1曲を残すのみ。最後の曲はそう「ウィーアー!」。しかも今回は、きただに氏だけでなくTOMMY氏も登場し、なかなか聞くことのできないデュエットバージョンとなった。

 どう聞いてもこの曲で終わりというテンションだが、まだまだ2部が終わったところ。

第3部の待ち時間もトークを披露。そして「おまけライブ」も大盛り上がり

 ここでブラスバンドは撤収し、第3部の川村竜バンドのセッティングが始まる。セッティングの間、お客さんを退屈させまいと田中氏と伊藤氏のフリートークが聴けたのだが、「大したことしゃべらないから、今のうちにトイレに行ってきてください」と言われてもとてもトイレに行っている場合ではない。貴重なエピソードの数々が披露されていた。さらにピアノがセッティングされると、今度は田中氏の弾き語りによる「つばさ」まで聴けるという休憩時間とは思えない豪華さ。

田中氏と伊藤氏の貴重なトークが披露された
「つばさ」を披露した田中公平氏

 なお、「つばさ」は田中氏のコンサートの定番曲なのだが、今回はセットリストに入らなかったからここで演奏するとのこと。どこまで行っても気が抜けない嬉しいけれどハードな構成である。さて、セッティング完了とともに、川村竜バントと、田中氏、伊藤氏がスタンバイ。

 先ほどまでの吹奏楽の重厚さから今度はストリングスメインの編成で、こってりの後にあっさりを食べているような趣の変化が楽しい。第3部は「世界一カッコいい下水道」こと、伊藤氏の代表曲「下水道」を皮切りに、「邪聖の旋律」「七英雄バトル」とまたしても3曲連続「サガ」祭り。伊藤氏のこの3曲にはシークレットゲストとしてバイオリニストの土屋玲子さんも参加。シークレットゲストだけあって、バイオリンの旋律に心を奪われるバイオリンメインの構成だった。

 さらに田中氏のシークレットゲスト岩男潤子さんが登場。「ドラゴンフォース2」の主題歌、「あなたをまた戦いに誘うとしても」を高らかに歌い上げると、今度は「創聖のアクエリオン」のOP「創聖のアクエリオン」を一転しっとりと披露。田中氏のピアノと相まってデビュー20周年の貫録が光るステージとなった。岩男さんのあとは再びしょこたんが登場。

 「新世紀エヴァンゲリオン」のOP「残酷な天使のテーゼ」と「サクラ大戦」のOP「ゲキテイ」さらには自身の新曲「オアシス」を披露した。相変わらず息もつかせぬ緩急併せ持つ構成で、あっという間に最後の曲に。ゲスト全員が「ウィーアー!」を再び熱唱。名残惜しいとばかりに田中氏がサビを続けると観客席からも「ウィーアー!」の掛け声とともに振り上げる拳が見える。

 こうして会場全体が一体感に包まれた中で、3時間超のコンサートは幕を閉じた。

セットリスト

【第1部】

1.オーバーチュア〜オープニングタイトル(メドレー)
from「Romancing SaGa -Minstrel Song-」

2.ガンバスター交響詩
from「トップをねらえ!1,2」

3.必殺の一撃〜死闘の果てに
from「サ・ガ2 秘宝伝説」

4.四魔貴族バトル(メドレー)
from「ロマンシング サ・ガ3」

5.バトル♯4
from「サガ フロンティア」

6.ジョジョ〜その血の運命〜
from「ジョジョの奇妙な冒険」

7.ウィーゴー!
from「ワンピース」

8.天地神人
from「月英学園-kou-」

9.御旗のもとに
from「サクラ大戦3」

【第2部】

1.プロローグ
from「カルドセプト セカンド」

2.交響組曲「ONE PIECE」
from「ワンピース」

3.パズドラアーケードOP&END TITLE
from「パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-」

4.パズドラメドレー
from「パズル&ドラゴンズ」

5.バトル-天地鳴動-〜さかさま世界
from「パズドラZ」

6.空色デイズ
from「天元突破グレンラガン」

7.ウィーアー!
from「ワンピース」

【第3部】

1.下水道
from 「ロマンシング サ・ガ」

2.邪聖の旋律
from「Romancing SaGa -Minstrel Song-」

3.七英雄バトル
from「ロマンシング サ・ガ2」

4.あなたをまた戦いに誘うとしても
from「ドラゴンフォースU」

5.創聖のアクエリオン
from「創聖のアクエリオン」

6.残酷な天使のテーゼ
from「新世紀エヴァンゲリオン」

7.ゲキテイ(檄!帝国華撃団)
from(サクラ大戦)

8.オアシス

9.ウィーアー!
from「ワンピース」

(田中尚道)