ニュース

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」ライブレポート2Days

初の単独ライブは感謝の想いで満たされる内容に

4月5日、6日 開催

会場:舞浜アンフィシアター

 バンダイナムコゲームスは、Mobageでサービス提供中の「アイドルマスター シンデレラガールズ」初の単独ライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」を、舞浜アンフィシアターにて開催した。

 「アイドルマスター シンデレラガールズ」は2011年よりサービスが開始された、アイドルが描かれたカードを集めて育成するソーシャルゲーム。現在は3年目になるが、これまでには当日告知で突発的に2周年記念の新宿ライブ&アニメPV公開などが行なわれてきた。そしていよいよ、今回の初単独ライブが開催され、既報の通り、2015年にはテレビアニメ作品も放送される。

 着実に、階段を駆け上がるように世界を広げている「アイドルマスター シンデレラガールズ」。今回はライブ2Daysのうち、4月5日の1日目公演と、4月6日の2日目夜公演を取材させて頂いたので、その模様を両日の違いを交えつつお伝えしていこう。

会場に入るとシンデレラガールズのパネルがお出迎え!

・1日目公演での発表:アイドルマスターシンデレラガールズ、TVアニメ化決定!

・2日目夜公演での発表:「アイドルマスター シンデレラガールズ」ライブで発表された新情報のまとめ!

初の単独ライブはサプライズ、感動、充実の内容に!

開演前の諸注意には、アシスタントの千川ちひろさんが社長風のシルエット姿で登場!

 会場となった舞浜アンフィシアターは、半円形のステージとすり鉢状の客席を備えた劇場で、座席数は2,170席。会場はもちろん超満員で、全国の映画館ではライブビューイングも行なわれた。アンフィシアターはステージが客席から近く、高低差もあまりない。遠目の席であっても一体感を持って楽しめた。

 訪れているプロデューサー諸氏をみると、765プロのアニバーサリーライブが女性ファンもだいぶ増えたことと比べてみると、男性比率が高いと感じる。これもアニメが放送されると、それをきっかけにファンになった人が加わって変わっていくのだろうか?

 いよいよ開演時間! 本家シリーズのライブでは、開演前に高木社長が登場するのが定番だが、「シンデレラガールズ」では、アシスタントの千川ちひろさんがシルエット姿で登場した。ちひろさんから優しく諸注意が伝えられた後には、本作の象徴とも言える時計が映し出され、秒針が進んでいく。シンデレラの魔法をなぞった、ライブの始まりを告げる趣向だ。その音が1曲目の「お願い!シンデレラ」のイントロへと繋がり、出演者15名が登場! 熱唱! 初めての単独ライブスタートに、会場のテンションは一気に高まっていた。

1曲目は「お願い!シンデレラ」で開演! 上の2枚は1日目公演、下は2日目夜公演のもの
イエローの「パッション」、ブルーの「クール」、ピンクの「キュート」で分かれ、順に歌っていくライブ構成になっていた

 今回のライブでは、ゲーム内のカードタイプにならって、「キュート」、「クール」、「パッション」で出演者がわかれ、それぞれのチームがブロックごとに順に歌っていくという構成となっていた。もちろんチームごとに衣装も異なっている。なお、この衣装はイラストレーターの杏仁豆腐氏がデザインしたとのことだ。

 両日とも最初は「パッション」のブロックから。パッションはなんと言ってもアップテンポで元気いっぱいの楽曲とパフォーマンスが魅力。原紗友里さんが歌う「ミツボシ☆☆★」から始まり、1日目の公演では、赤ア千夏さんの「熱血乙女A」、山本希望さんの「DOKIDOKIリズム」、佳村はるかさんの「TOKIMEKIエスカレート」、松嵜麗さんの歌う「ましゅまろ☆キッス」と、それぞれソロで5曲を披露した。

 なお、2日目夜公演では赤ア千夏さんと入れ替わりに黒沢ともよさんが出演しており、「熱血乙女A」と入れ替えで「Romantic Now」が歌われた。両曲とも2番からはバックダンサーに混じってキュートのメンバーが登場し、会場を盛り上げた。

 両日とも、「パッション」ブロックのラストは代表曲「Orange Sapphire」をチーム5人全員で!弾けるようなリズムにコールも盛り上がる曲だけに、会場が振動で揺れる揺れる。最高の盛り上がりとなっていた。

1日目公演「パッション」2〜7曲目
ソロ曲は両日とも、原紗友里さんが歌う「ミツボシ☆☆★」からスタート!
赤ア千夏さんの「熱血乙女A」
山本希望さんの「DOKIDOKIリズム」
佳村はるかさんの「TOKIMEKIエスカレート」
松嵜麗さんの歌う「ましゅまろ☆キッス」
パッション全員で「Orange Sapphire」
2日目夜公演「パッション」2〜7曲目
「ミツボシ☆☆★」
「DOKIDOKIリズム」
「TOKIMEKIエスカレート」
「ましゅまろ☆キッス」
「Romantic Now」
2日目の「Orange Sapphire」はCDのレコーディングメンバーでの初披露!ジャケット再現も行なった

 続いては1日目は「クール」のブロック、2日目夜公演は「キュート」のブロックへ。

 1日目の「クール」は、文字通り、ダンサブルでスタイリッシュな楽曲揃い。かっこいい&楽曲によってはミステリアス、そんな魅力が楽しめるブロックになっている。桜咲千依さんの歌う「小さな恋の密室事件」は、逆再生や隠しメッセージが仕込まれている凝りに凝った一曲で、曲そのものも転調が多く生で歌うのは難しそうに思えていたのだが、しっかり歌い上げて会場を魅了していた。

 ステージをところ狭しと駆けロックスタイルで盛り上げた青木瑠璃子さんの「Twilight Sky」、芯のある声量と歌唱力で魅せる福原綾香さんの「Never say never」、一転して上坂すみれさんはしっとりとしたバラード曲の「You're stars shine on me」で会場を魅了。まさにクールな魅力を発揮していた。1日目公演「クール」ブロックの最後は、チーム4人での「Nation Blue」を歌い、疾走感抜群な気持ち良いグルーヴで会場を包んだ。

1日目公演「クール」8〜12曲目
桜咲千依さんの歌う「小さな恋の密室事件」。歌詞にある、コ・ユ・ビの先の文字を繋げるとメッセージになる仕掛けも語り、その答えに会場は沸きに沸いた
青木瑠璃子さんの「Twilight Sky」
ステージをところ狭しと駆けた青木瑠璃子さん
福原綾香さんの「Never say never」
上坂すみれさんのバラード曲「You're stars shine on me」
「クール」全員で「Nation Blue」

 2日目夜公演では、「キュート」が2番手のブロックに登場。1日目公演のソロから最後に全員という構成を変え、キュート全員で歌う「アタシポンコツアンドロイド」から始まっていった。ちなみにロボット風の振り付けはピタッと静止するところが結構きつく膝がぷるぷるしてしまうのだとか。

 個性派揃いのシンデレラガールズの中でも、キュートの曲はインパクト抜群!五十嵐裕美さんが歌う「あんずのうた」では「メーデー!メーデー!」の大合唱。続く高森奈津美さんが歌う「おねだり Shall We〜?」では、「にゃーにゃー!」コールが響く。そこから、大坪由佳さんの「ショコラ・ティアラ」、津田美波さんの「Naked Romance」、大橋彩香さんの「S(mile)ING!」と、シンデレラガールズならではの“いろんなかわいさの形”を楽しませてくれた。

2日目夜公演「キュート」8〜14曲目
キュート全員で歌う「アタシポンコツアンドロイド」
五十嵐裕美さんが歌う「あんずのうた」では衝撃の休憩まで実現
高森奈津美さんが歌う「おねだり Shall We〜?」
大坪由佳さんの「ショコラ・ティアラ」
津田美波さんの「Naked Romance」
大橋彩香さんの「S(mile)ING!」

 両日ともに、ここから後半。折り返しを告げるかのように出演者15人全員で「輝く世界の魔法」を歌った。

後半の折り返しということで15人全員で「輝く世界の魔法」。左は1日目、右は2日目夜の模様

 いよいよ最終ブロック。1日目公演は「キュート」のブロックとなっていた。前述のようにキュートは個性派揃いで、1日目公演は「あんずのうた」での「メーデーメーデー!」大合唱、「おねだり Shall we〜?」で「にゃーにゃー!」のコール、そして三宅麻理恵さんの「メルヘンデビュー!」で「ミミミン! ミミミン! ウーサミン!」連呼と、夢の国への超特急フルコースになっていた。

 そこから、大坪由佳さんの「ショコラ・ティアラ」、津田美波さんの「Naked Romance」、大橋彩香さんの「S(mile)ING!」と、ストレートなアイドルソングのかわいらしさで魅了した。こうした構成を聴くと、やはりアイマス楽曲はバリエーションが豊かでいろんな表情が見られるところに良さを感じる。最後は、キュート全員での「アタシポンコツアンドロイド」。ササキトモコさんならではの独特のポップなイメージで、かわいらしさがギュッと出る。

1日目公演「キュート」14〜20曲目
五十嵐裕美さんが歌う「あんずのうた」
高森奈津美さんが歌う「おねだり Shall We〜?」
三宅麻理恵さんが歌う「メルヘンデビュー!」
大坪由佳さんが歌う「ショコラ・ティアラ」
津田美波さんが歌う「Naked Romance」
大橋彩香さんが歌う「S(mile)ING!」

 2日目夜公演の最終ブロックは「クール」が担当。出だしからクール全員での「Nation Blue」でダンサブルな疾走感で会場をアップテンポに引き戻し、そこから勢いそのままに青木瑠璃子さんの「Twilight Sky」がロックにステージを駆けていく。福原綾香さんが「Never say never」で芯のある歌声を響かせる。1日目公演との違いでは、洲崎綾さんの「ヴィーナスシンドローム」、内田真礼さんの「華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜」が歌われ、1日目よりもより妖艶で激しい方向へと構成されたあと、最後に早見沙織さんの「こいかぜ」で穏やかさで包み込むようなフィニッシュになっていた。

2日目夜公演「クール」15〜20曲目
クール全員での「Nation Blue」で一気にテンポアップ
青木瑠璃子さんの「Twilight Sky」は両日ともプロデューサー諸氏の企画により、サイリウムの光がステージ側がオレンジ、奥側が青のグラデーションを作り上げていた
福原綾香さんが歌う「Never say never」
洲崎綾さんが歌う「ヴィーナスシンドローム」
内田真礼さんが歌う「華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜」
早見沙織さんの「こいかぜ」
「Nation Blue」もCDレコーディングメンバー勢揃いということでジャケット再現を行なった

 ラスト前に両日とも、サプライズの発表としてテレビアニメ化の決定や、「Jewelries!」シリーズ第2弾の発売、総選挙の中間発表などがあり、これからますます前進していく「シンデレラガールズ」を印象づけた。その印象そのままに、次の曲は全員で歌う「ススメ☆オトメ〜jewel parade〜」。「ススメ☆オトメ もっと先へ〜」の歌詞そのままに、来場したプロデューサー諸氏は新しいステージへどんどん世界を広げていく応援しているアイドルの姿に、嬉しさを感じたのではないだろうか。

発表後に、これからもまだまだ突き進むぞと言わんばかりに、「ススメ☆オトメ〜jewel parade〜」。左は1日目、右は2日目夜の模様

 最後の挨拶では、最終公演の終わりが近づき、緊張がほぐれると同時に寂しさがこみ上げてきたのか、やはり2日目夜公演の模様が印象深い。感謝の気持ちがどんどん溢れるのをこらえつつの挨拶が続いたのだが、最後には涙が溢れて、「シンデレラガールズの一員になって、こんなに幸せになれる日が来るなんて……」、「シンデレラガールズに入っていなかったら、こんなに応援される人生はなかったと思います」などなど。感謝と、不安だった頃の想いと、これからへの嬉しさを本音で語る、ナミダナミダの挨拶となった。

 最後の曲は、全員でもう1度「お願い!シンデレラ(ハピ☆ハピver.)」!最後まで手を振りながらの歌に、プロデューサー諸氏も疲れを吹き飛ばすコールで応え、会場からは出演者、来場者ともに「ありがとう」を伝え合う光景となっていた。

最後は「お願い!シンデレラ(ハピ☆ハピver.)」。上の2枚は1日目公演のもの、下の2枚は2日目夜公演のものだ。最後は魔法が解ける時間を告げる時計の音が響くなか終演となった

 こうして幕を下ろしたシンデレラガールズ初の単独ライブだが、初出演の人も多かったとは思えないほどに充実していて、これからもっと大きく、高いステージに進んでいくであろうことを確信させるものがあった。これからどこまで、どれぐらいの速さで階段を駆け上がっていくのか? とても楽しみだ。

1日目公演の写真
2日目夜公演の写真
【展示物の模様】

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!」5日、6日公演データ&セットリスト

●4月5日公演出演者

キュート:大橋彩香/五十嵐裕美/津田美波/大坪由佳/高森奈津美/三宅麻理恵
クール:福原綾香/青木瑠璃子/上坂すみれ/桜咲千依
パッション:原紗友里/佳村はるか/松嵜麗/山本希望/赤ア千夏
※敬称略

【4月5日 セットリスト】
タイトル 出演(チーム) 作詞者 作曲者
M01 お願い!シンデレラ 全員 marhy NBSI
M02 ミツボシ☆☆★ 原(イントロは全員ステージ) NBSI NBSI
M03 熱血乙女A 赤ア(2番からキュートお手伝い) mft NBSI
M04 DOKIDOKIリズム 山本 NBGI NBGI
M05 TOKIMEKIエスカレート 佳村 marhy NBSI
M06 ましゅまろ☆キッス 松嵜 NBSI NBSI
M07 Orange Sapphire パッション全員 Funta3 Funta7
M08 小さな恋の密室事件 桜咲 NBSI・NBGI NBSI
M09 Twilight Sky 青木 NBSI NBSI
M10 Never say never 福原 NBGI NBGI
M11 You're stars shine on me 上坂 貝田由里子 NBSI
M12 Nation Blue クール全員 遠山明孝 遠山明孝
M13 輝く世界の魔法 全員 yura 小西裕子
M14 あんずのうた 五十嵐 NBGI NBGI
M15 おねだり Shall We〜? 高森(クールがお手伝い) NBSI NBSI
M16 メルヘンデビュー! 三宅(全員がお手伝い) 夕野ヨシミ(IOSYS) ARM(IOSYS)
M17 ショコラ・ティアラ 大坪 古屋真 NBGI
M18 Naked Romance 津田 NBSI NBSI
M19 S(mile)ING! 大橋 NBSI NBSI
M20 アタシポンコツアンドロイド キュート全員 ササキトモコ ササキトモコ
M21 ススメ☆オトメ〜jewel parade〜 全員 森由里子 田中秀和(MONACA)
M22 お願い!シンデレラ(ハピ☆ハピver.) 全員 marhy NBSI

●4月6日 公演出演者

キュート:大橋彩香/五十嵐裕美/津田美波/大坪由佳/高森奈津美
クール:福原綾香/青木瑠璃子/内田真礼/洲崎綾/早見沙織
パッション:原紗友里/佳村はるか/松嵜麗/山本希望/黒沢ともよ
※昼公演、夜公演 共通
※敬称略

【4月6日 セットリスト】
タイトル 出演(チーム) 作詞者 作曲者
M01 お願い!シンデレラ 全員 marhy NBSI
M02 ミツボシ☆☆★ 原(イントロは全員ステージ) NBSI NBSI
M03 DOKIDOKIリズム 山本 NBGI NBGI
M04 TOKIMEKIエスカレート 佳村 marhy NBSI
M05 ましゅまろ☆キッス 松嵜 NBSI NBSI
M06 Romantic Now 黒沢(2番からキュートお手伝い) NBSI NBSI
M07 Orange Sapphire パッション全員 Funta3 Funta7
M08 アタシポンコツアンドロイド キュート全員 ササキトモコ ササキトモコ
M09 あんずのうた 五十嵐(パッションがお手伝い) NBGI NBGI
M10 おねだり Shall We〜? 高森(クールがお手伝い) NBSI NBSI
M11 ショコラ・ティアラ 大坪 古屋真 NBGI
M12 Naked Romance 津田 NBSI NBSI
M13 S(mile)ING! 大橋 NBSI NBSI
M14 輝く世界の魔法 全員 yura 小西裕子
M15 Nation Blue クール全員 遠山明孝 遠山明孝
M16 Twilight Sky 青木 NBSI NBSI
M17 Never say never 福原 NBGI NBGI
M18 ヴィーナスシンドローム 洲崎 古屋真 NBSI
M19 華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜 内田 NBSI NBSI
M20 こいかぜ 早見 貝田由里子 NBGI
M21 ススメ☆オトメ 全員 森由里子 田中秀和(MONACA)
M22 お願い!シンデレラ(ハピ☆ハピVER) 全員 marhy NBSI

(山村智美)