ニュース

「パズドラ バトルトーナメント ―ラズール王国とマドロミドラゴン―」内覧会でスペシャルセッション開催

森下社長、山本プロデューサーが松田社長&門井プロデューサーと対戦!

12月16日 開催

 スクウェア・エニックスは、12月15日にロケテストを終了した「パズドラ バトルトーナメント ―ラズール王国とマドロミドラゴン―」のオペレーター向け内覧会を本日16日に開催した。その中で、ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長、同・山本大介プロデューサーがスペシャルゲストとして登壇。スクウェア・エニックス松田洋祐社長氏も壇上の人となり、ゲームのプレゼンテーションを行なった門井信樹氏と4人で直接対決に臨んだ。

 まず、森下社長と松田社長が以下のように挨拶した。

森下氏:「2011年から開発をして2012年2月にリリースした『パズドラ』だが、3DS『パズドラZ』もリリースさせていただいて好評をいただいております。そしてこの『パズドラ バトルトーナメント』は、スマホ版の世界観を継承し、新たな形でスクウェア・エニックスさんとともに開発させていただいています。ガンホー自体はアーケードゲームの開発を行なっていないので、強力なパートナーと一緒にタッグを組んでやっていくということで、非常にいい作品に仕上がっていると思っております。ぜひ皆様に触っていただいて、いろいろご要望を頂いて、開発サイドのスクエニさんと我々も協力して、より長く遊んでいただけるようなタイトルに仕上げていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」

松田氏:「スクウェア・エニックスは今回、ガンホーさんとこのようなビッグタイトルをアーケードで運営するという機会を頂いて、非常に嬉しく思っております。『ロード オブ ヴァーミリオン』では30代〜の男性ユーザー、『ガンスリンガー ストラトス』では女性をも獲得した20代中心のユーザーと、こうした新しいジャンルとともに新規のお客様を開拓してきました。今回はガンホーさんと組ませていただくことで、もっとカジュアルな、広い層のお客様にゲームを遊んでいただく、ということにチャレンジしていきたいと思っております。弊社のトップクリエイターであります野村哲也もキャラクターデザインで参加していることでもわかるように、本気でゲーム制作しておりますし、イベント等、我々が運営で培ってきましたノウハウを投入して、末永く遊んでいただけるゲームに仕上げていきたいと思っておりますので、皆様にもぜひプレイしていただいて面白さに触れていただき、全国の店舗での運営をお願いしたいと思っております」

 続いて、山本プロデューサーが登壇。挨拶を行なった。「僕が業界に入るきっかけとなったアーケードゲームをずっと作りたいと思っていた夢を、スクエニさんが叶えて頂けることになりまして、僕自身もすごくわくわくしています。今回、『パズドラ』のアーケード版で目標にしているのことがありまして、僕は今35歳なんですけれども(今日が誕生日だそうだ)、学生の頃の15〜20年前は、学校が終わった後、みんなでゲームセンターに通って、わいわい楽しんで帰るという風景がありました。あの楽しかったゲーセンをもう1回やれたらいいな、という思いで今回スクエニさんと作らせていただいております。必ず、昔の元気の良かったゲームセンターを『パズドラ』で復活させたいと思っております。中高生の男の子の8〜9割が『パズドラ』を遊んでいただいていて、その中の仮に10%でもゲームセンターに行っていただければすごく盛り上がるなと思っておりまして。そのためには僕らも全力で、人生を賭けていっしょに面白いものを作っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」とAC版への意気込みを語っていた。

 さて、実際に4人でプレイとなったが、無事4人とも予選をクリア(松田社長は代理を立てての参戦)したところ、マッチングでガンホー同士、スクウェア・エニックス同士の準決勝戦となった。山本プロデューサーは森下社長をそつなく下し、門井プロデューサーは松田社長を逆転で打ち破って、両プロデューサー同士の決勝戦となった。炎属性で固めていた山本Pと、それを読んで水属性を仕込んでいた門井Pだが、最後は山本Pの勝利で終了となった。最後にそれぞれの口から、対戦の感想が述べられ、スペシャルイベントは終了となった。

 「圧倒的な力の違いを見せつけられまして、正直言って負けると悔しいんだなと(笑)対戦ゲームを作っていこうよ、という話をしている中で、対戦がどのように楽しくなっていくか、というところはすごく難しいことで、負けてももう1度チャレンジしたくなる気持ちというのは非常に大切な部分です。自分で遊んでみて、本当にくやしくなるので、これは絶対皆さんが対戦で熱い戦いが繰り広げられると思っております。今回、僕自身がそれを実感できたと思います」(森下氏)

 「最高の気持ちですね(笑)。いいゲームですねやっぱり。この状態で5割程度の完成具合ということなので、これからさらにクオリティアップして、来春には確実に面白いゲームに仕上がっていると思いますので、人気出ちゃうんじゃないかと思います。よろしくお願いいたします」(山本プロデューサー)

 「(1回戦敗退という結果は)足元にもおよびませんで、およびでない状態だったんですが、私みたいな年をとった人間にも、非常に触りやすくわかりやすいので、小さなお子様からご年配の方々にも、幅広く楽しんでいただけるのではないかと思います。非常に楽しいゲームになっていると思いますので、ぜひ遊んでみてください」(松田氏)

 「山本さんに勝とうと水デッキにしたのがいけなかったのかなと。アツく戦えるゲームになったと思いますので、広い年齢層に性別関係なく遊んでいただける、そして悔しいと思ってもらえる対戦ゲームになったと思いますので、春からリリースして、ゲームセンターを盛り上げていきたいと思います。よろしくお願いします」(門井氏)

(佐伯憲司)