ニュース

78体のレイドボスが追加! 「リネージュ2」大型アップデート「Epeisodion」先行体験レポート

既存狩場がリニューアルされLv99プレーヤー向けの高難易度狩場も実装

2013年12月3日実装予定

 エヌシージャパンは、Windows用MMORPG「リネージュ2」において、12月3日に大型アップデート「Epeisodion」を実装する。「Epeisodion」は 「Goddess of Destruction」の閑話休題的なアップデートで、本編から少し離れたものというイメージだ。

 今回のアップデートでは、Lv99の上級プレーヤー向けの追加システムが多く実装される。Lv99のプレーヤーがSP(スキルポイント)を消費することで様々なパラメーターを強化できる「アビリティシステム」の追加や、狩場「ヘルバウンド」がSPを比較的多く入手できる様になるリニューアルが実施される。もちろん上級プレーヤー以外も楽しめる要素が追加されていて、78体(!)のレイドボスが新たに追加されるほか、釣りコンテンツも大幅に変更が加えられる。

 今回はFSダーシス氏にアテンドをお願いし、追加される様々なコンテンツを体験してきたのでレポートをお届けしたい。

更なる強みを目指してキャラクターを強化できる「アビリティシステム」

FSダーシス氏
アビリティシステム

 「アビリティシステム」はLv99以上のキャラクターに「アビリティ」を割り振って更なる強化を目指せるという新しいシステムだ。アビリティにはキャラクターの最大HPを上昇させるものや、防御力を上げるもの、属性攻撃力を上昇させるものなどがある。これにより更なるキャラクターの強化が可能になり、またキャラクターごとの個性がより際立つシステムになっている。

 アビリティは「ガーディアンズ」、「バーサーカーズ」、「マジシャンズ」の3タイプに分かれている。それぞれ名前から推測される通り「ガーディアンズ」にはタンク職向けのアビリティが、「バーサーカーズ」にはアタッカー向けのアビリティが、「マジシャンズ」には魔法職向けのアビリティがそれぞれ用意されている。しかし、タンク職は「バーサーカーズ」のアビリティを取得できないなどといった制限は設けられていないので、打たれ弱いアタッカーが「ガーディアンズ」のアビリティを取得して生存能力を高めるといった使い方も可能だ。

 デモプレイでは実際に「最大HPを可能な限り上昇させる」という割り振りを見せてもらったのだが、3タイプそれぞれに用意されているアビリティを組み合わせると最初のHP値から40%も最大HPが上昇した。FSダーシス氏によると「キャラクターの長所を更に伸ばすのか、弱点を補ってオールマイティな割り振りにするのかなど、これまで以上にキャラクターの個性が出せると思います。色々と試して楽しんで下さい」と話した。

 気になるアビリティの取得方法だが、Lv99のキャラクターが一定ポイントの「SP」と交換する形で入手できる「アビリティポイント」をそれぞれのアビリティに割り振っていくというシステムになっている。今のところ取得できる最大のアビリティポイントは16ポイントなので、「全てのアビリティに割り振った最強のキャラクター」は作成できない。

 またアビリティポイントを入手するに従って、必要なSPが増えていくので、16ポイントのアビリティポイントを入手するだけでもかなりのやりこみプレイを求められそうだ。なお1度アビリティポイントを割り振った後でも「アデナ」を支払えばリセットできる。それなりの額のアデナが必要なので「気軽に試してみよう」とは言えないが、いくつかの方向性にチャレンジしてみるのも面白いだろう。

 アビリティにはレベルが設定されており、同じアビリティに複数のアビリティポイントを割り振ることで効果を上昇させることも可能だ。アビリティはツリー構造になっていて、同じ階層のアビリティに一定以上のポイントを割り振らないと次の階層のアビリティが解除されないので、上位のアビリティを取得しようとすると必然的に特定のアビリティを強化することになる。

【アビリティシステム】
「ガーディアンズ」、「バーサーカーズ」、「マジシャンズ」の3タイプに分かれている。それぞれに異なる方向性のアビリティが用意されている
「アビリティポイント」の取得には膨大な量の「SP」が必要だ

SPを効率的に入手できるリニューアル狩場「ヘルバウンド」

Lv99向けのリニューアル狩場「ヘルバウンド」

 「アビリティシステム」の導入により相対的に「SP」の価値は上がり、全体的に入手できる量が少なくなる。これにあわせて、今回のアップデートでは効率的に「SP」を入手できるリニューアル狩場「ヘルバウンド」が追加される。元々高レベルプレーヤー向けの狩場だったが、リニューアルされLv99のプレーヤー向けの狩場として生まれ変わった。

 この狩場は大きく「避難民の村」、「ベレスの魔法陣」、「熱砂の砕石場」、「蜃気楼の丘」という4つのエリアから構成されている。プレーヤーはまず「水上都市ハイネス」から「避難民の村」にテレポートし、そこから各狩場に移動する。

 「ベレスの魔法陣」はソロプレーヤー向けの狩場だ。時間がない時やパーティーメンバーが集まらない時などに狩りをすると良いだろう。ソロプレーヤー向けの狩場ということで、筆者もFSダーシス氏に用意してもらった、Lv99のキャラクター1人で挑戦してみたのだが、殴ってもHPゲージは1ドット位しか減らないし、モンスターの攻撃を食らうと数発で死んでしまうしという状況で、驚くほど歯が立たなかった。

 思わず「本当にソロで倒せるんですか?」と聞いてしまったのだが、FSダーシス氏曰く「日本のプレーヤーなら戦い方を工夫したり、装備を強化したりして倒すと思いますよ」と話していた。腕に自身のあるプレーヤーはぜひチャレンジしてみて欲しい。

 「熱砂の砕石場」は2〜4人程度の少人数パーティー向けの狩場だ。ヒーラー、バッファー、アタッカー、タンクなどの構成を想定しているという。こちらの狩場でも狩りにチャレンジしてみたのだが、ソロプレーヤー向けの狩場より敵が強いのは当然で、こちらもまったく歯が立たなかった。FSダーシス氏と共闘してある程度のダメージを与えられるようになったが、それでも1体倒すまでには数分かかりそうな位で、それ以上に被ダメージが大きすぎて即死級の攻撃も多く、こちらもかなり歯ごたえのある狩場に仕上がっていた。ちなみにフルパーティーでこの狩場に挑戦すると、パーティーが全滅するほどのダメージを与えてくるNPCが出現するという。「楽にSPは稼がせないぞ」という開発者からのメッセージが伝わってくる仕様だ。

 「蜃気楼の丘」はフルパーティー向けの狩場だ。3つの狩場の中ではもっともSP入手効率が良いエリアで、もちろん敵も強力になっている。こちらも挑戦してみたのだが、雑魚モンスターの攻撃1撃で盾職にも関わらず即死してしまった。FSダーシス氏によると「属性防具などを揃えると被ダメージはある程度抑えられるので、その辺りを意識すればマシな戦い方ができると思います」とのことだった。とは言え、ほぼ最強装備で挑んでも即死ダメージを与えてくる雑魚モンスターが多数出現する。心して挑んでほしい。

 なお今回のリニューアルにあわせて「ベレス」、「ダリオン」のレイドボスもリニューアルされるという。

【ヘルバウンド】
ソロプレーヤー向けのエリアもあるが、出現するモンスターは手強い。準備万端にして挑戦したい

各領地にレイドボスが数種類、合計で78体のレイドボスが新たに追加

 今回のアップデートでは各領地に数種類のレイドボスが追加される。レベルは88〜98くらいに設定されているので、覚醒後のキャラクターのほとんどが楽しめる。

 出現ポイントは全体的に近くに設定されているので、FSダーシス氏は「順番にレイドボスを倒していくというツアー形式の楽しみ方ができると思います。この追加でよりパーティープレイが活性化すれば」と述べた。

 今回追加されるレイドボスは弱点や戦い方がそれぞれ異なるという。「何度も挑戦して攻略方法を見つけて下さい」とFSダーシス氏は語った。

 なおレイドボスの追加にあわせて「レイドポイント」というシステムもリニューアルされる。これはレイドボスを倒すと貢献度によって入手できるポイントだ。レイドポイントを集めることで、「ボスアクセサリー」の精錬に使う素材や、アクセサリー等と交換することができる。ドロップ運が悪くても積み重ねていけば良いアイテムを入手できる、というわけだ。

【追加されたレイドボス】
「エキドナの彫刻像エキシウノン」というレイドボス。攻撃すると大量の手下モンスターを召喚する
「悪魔になったガブリア」というレイドボス。2体の手下を率いている
「闇の死神アフジャック」というレイドボス。単体だが非常に攻撃力が高い

釣りコンテンツが大幅リニューアル。魚の形をした武器が入手可能に

釣り用のエリア「幻想の島」
「キングオブフィッシャー選抜大会」という釣り大会

 釣りシステムにも大幅な変更が入る。まず「幻想の島」に釣り用のエリアが追加される。低確率で釣り上げられる「ゴールドマーメイド」から一定の確率で入手できるチケットを使うことで、バフをかけてもらい入場できるエリアだ。このバフにより、大きな魚が釣りやすくなるなど釣果に効果があるのだという。

 そして一定期間ごとに「キングオブフィッシャー選抜大会」と呼ばれる釣り大会が行なわれる。上位に入賞できれば褒賞が得られる。

 もう1つの大きな変更点として、魚を分解した時に入手できる素材の使い道が増えることが挙げられる。「魚の骨」や「フィッシュジェム」を集め、NPCに話しかけることで、武器や防具の見た目を変更できる「形状加工石」と呼ばれるアイテムと交換することができる。これは武器の性能はそのまま、見た目だけを変更できるアイテムだ。変更した装備はどれもインパクト抜群なので、釣り大会に挑戦しつつ、こちらのアイテムも集めてみて欲しい。

 この様に今回も様々な要素が盛り沢山の大型アップデートだが、11月30日に東京・銀座で行なわれるネットカフェイベント「トイボックスツアー2013 東京会場」では更なる情報発表が予定されているという。発表される新情報は弊誌でもお伝えする予定だが、お近くの読者はぜひ足を運んでみて欲しい。

【形状加工石で見た目を変更した装備】

(八橋亜機)