ニュース

ゲームフリーク、3DS「ソリティ馬」公式大会「ゲーフリカップ」開催決定

アップデートでよりサクサクと育成が可能に

10月4日〜27日 開催

 ゲームフリークは、ニンテンドー3DS用ソリティア競馬ゲーム「ソリティ馬」(そりてぃば)の公式大会「ゲーフリカップ」を10月4日から27日まで開催する。

 「ソリティ馬」はニンテンドーeショップで配信中のタイトルで、価格は500円。プレーヤーはジョッキーとして競馬に出場し、G1レースを勝ち抜いていく。ただし、レースの合間に「ソリティア」が差し挟まれ、「ソリティア」を上手くプレイすることで馬の気合いを高め、よりレースを有利に進めていく。

 「ゲーフリカップ」は、育てたおウマさんのQRコード画像を使ってエントリーしてレースが行なわれる。レースは「フラミンゴ競馬場 2000m」で開催され、エントリーできる頭数は1頭のみ。エントリー方法は、ツイッターでソリティバくんのアカウントをフォローすると、リフォローされるので、DMを使ってQRコードを送るか、Eメールアドレス( solitiba_gf_cup@gamefreak.co.jp )あてにQRコードを送ることでエントリー完了となる。

 ちなみに賞品については結果発表と同時に公開される。また、結果発表は準備完了後にできるだけはやく公開するとしている。

 「ゲーフリカップ」の開催に先駆けて、アップデートが行なわれた。アップデート内容は以下の通り。ニンテンドーeショップにアクセスして更新することができる。

【アップデート内容】

1.牧場で近親交配カップルを作ってしまった時に警告を出すようになった。
 これまではメモを取るなどの対処が必要だったが、その必要がなくなった。

2.最終コーナーの「本気度」表示までの演出をLRボタンで早送りできる。
 これまではレース道中だけが早送りに対応していたが、特に長く感じるという声の多かった最終コーナー演出も対応。

3.レース道中の早送りをLボタンだけではなくRボタンでも行なえるように変更。
 左利きのプレーヤーのために仕様変更。

4.古馬モードで、1度見たオーナーとの会話シーンをLRボタンでスキップ可能に。
 1度最後まで見た会話劇は、その後もループして同じ話が繰り返されるが、そうなったオーナーとの会話はLかRボタンを押すことでスキップ可能に。

5.ウマの進行ラインとして急なカーブを描いても、なるべくラインをなぞって進行する。
 うまくカーブを描けばカードを取りやすくなるかも。

(船津稔)