ニュース

「FFXIV: 新生エオルゼア」、「巴術士」、「召喚士」、「学者」体験レポート

新クラス巴術士の特徴、そこから派生する2つのジョブの特徴と魅力に迫る!

8月27日発売予定

価格:
3,300円(PS3通常版)
10,290円(PS3コレクターズエディション)
オープンプライス(Windows PC版)
利用料金:

1,344円(エントリー、30日)
1,554円(スタンダード、30日)
4,347円(スタンダード、90日)

 スクウェア・エニックスが8月27日に発売を予定しているプレイステーション 3/Windows用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」。新たなスタートを迎える本作の大きな目玉となるのが新クラス「巴術士」である。ペットを使役しつつ、敵にデバフ高価を与えて戦うクラスとなるという。

 巴術士はさらに「召喚士」、「学者」という2つのジョブに“派生”する。この要素もこれまでなかったものだ。巴術士、召喚士、学者はどのようなペットを使役し、どういったアクションを持ち、どう戦うことができるのか? 今回実装に先がけてこれらの新要素を触ることができたのでそのレポートをお届けしたい。

 8月8日の「FFXIVプロデューサーレターLIVE」では巴術士はフェーズ4からプレイすることができることが発表され、番組内でプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏によるデモプレイも行なわれた。巴術士はフェーズ4から召喚士、学者は、データそのものは入っているが、使用できるのは正式サービスに先駆けて実施されるアーリーアクセスからになる。

かわいらしいカーバンクルと共に戦う新クラス「巴術士」

カーバンクル・トパーズ
カーバンクル・エメラルド

 巴術士は「カーバンクル・トパーズ」と、「カーバンクル・エメラルド」という2種類のペットを呼び出すことができる。「カーバンクル・トパーズ」は敵の攻撃を受け止めるタンク型ペットで、明るい黄色の体色が美しい。カーバンクル・エメラルドは水色の体色を持つ魔法攻撃が得意なペットとなる。

 2種類のペットはデザインは変わらないが体色の違いでずいぶん印象が異なる。黒い大きな目と長いしっぽを持っていて、四肢の先は黒く、お腹には白い毛が生えていてとてもかわいらしい。カーバンクルはリムサ・ロミンサの巴術士ギルドにいるので、見たことがあるプレーヤーも多いと思うが、巴術士になることで、彼らを連れ歩けるようになるのは楽しい。ペットとして人気が出そうなデザインだ。

 巴術士は持続ダメージを与える「バイオ」、敵を病気にする「ミアズマ」、ステータスを低下させる「ウイルス」、敵を暗闇状態にする「ルインラ」といった。徐々にダメージを与えたり、敵のステータスを低下させるアクションを複数持っており、“デバッファー”として活躍できる。ペットに敵を引きつけて、アクションを当てて敵を倒すというのがソロプレイでの戦い方だ。また、「エーテルフロー」というアクションで自身にエーテルフローという効果を3つまで“スタック”することができる。このエーテルフローを消費して使えるアクションも多い。エーテルフローの管理も巴術士のプレイの面白さだという。

 今回戦った場所は敵が弱めだったため余裕を持ってアクションを試すことができた。カーバンクルの攻撃は強力でガンガン敵を削っていく。ここにさらにアクションを重ねてダメージを増やしていくのが楽しかった。「シャドウフレア」という設置型のアクションは範囲内の地面に黒いエネルギーを発生させ、範囲内の敵に持続ダメージを与える。発動前に出現するサークルも格好良く、“大技”を使っている気分になれる。

 さらに「ベイン」というアクションを使えば、様々なデバフ効果がかかっている敵の状態を、周囲に“伝染”させることができる。パーティプレイで多くの敵を相手にしているとき、盾役の周りの敵にバイオやミアズマをかけた上で、ベインを使って伝染させればかなり爽快な気分になれそうだ。ただし巴術士に一気にモンスターが来てしまう可能性もある。盾役ときちんと連携をとった戦い方が必要だろう。

 ペットは基本的にオートで行動し、プレーヤーを攻撃してくる者に立ち向かうが、命令を出すことで戦闘しない様にしたり、逆に積極的に攻撃を挑むようにもできる。また1つの場所に待機させたり、任意の場所にペットだけ移動させることも可能だ。

 ソロプレイの場合は、カーバンクル・トパーズに盾役になってもらう戦いが基本になる。カーバンクル・トパーズは「かたまり」というアクションを持っていて、自分の防御力を高めることができる。巴術士は自分の体力をペットに分け与えて回復させるアクションも持っている。盾役のペットを回復させつつ敵を削っていくという戦い方になりそうだ。

 カーバンクル・エメラルドは攻撃アクションの他に「エメラルドの輝き」というアクションで巴術士の継続ダメージの効果時間を増加させることができるのが魅力だ。カーバンクル・エメラルドはパーティプレイの時、アタッカーとしても活躍してくれるだろう。

【巴術士】
カーバンクルは巴術士を守るように行動する。ソロプレイではカーバンクルに敵を引きつけさせて持続ダメージを与えていく
カーバンクルはかわいらしいデザインだ

(勝田哲也)