ニュース

【E3 2013】プレーヤーの顔が主人公になるアクションRPG「BLOODMASQUE」

筆者体験でトンデモゲームが完成? プロデューサー市村龍太郎氏が登場

6月11日〜13日開催(現地時間)

会場:Los Angeles Convention Center

「BLOODMASQUE」プロデューサーの市村龍太郎氏

 スクウェア・エニックスは、iOS用ヴァンパイアハンティング アクションRPG「BLOODMASQUE(ブラッドマスク)」をE3 2013にて発表した。

 「BLOODMASQUE」は、自分の写真を取り込み、主人公の顔に貼り付けてヴァンパイアハンターとして吸血鬼と戦っていくアクションRPGで、「Infinity Blade」から強く影響を受けているという。配信は夏を予定。料金は未定だが、有料ダウンロードとアイテム課金制を併用する予定。

 今回はこの「BLOODMASQUE」について、プロデューサーを務めた市村龍太郎氏に話を聞きながら、本作を体験できた。

シンプルながら駆け引きが楽しい。ヴァンパイアに挑むストイックアクション

タップで攻撃、横スライドで回避。「Infinity Blade」とは違って親指だけでもできるようになっている

 「BLOODMASQUE」で基本となるのは、タップによる攻撃とスワイプによる回避によってヴァンパイアを倒していくアクションシーン。ヴァンパイアは登場時は仮を偲ぶ人間の姿をしており、これを倒すと本来の姿を現わして主人公の前に立ちはだかる。

 操作はタップ連打で攻撃を出していき、左右にスライドさせるとステップして敵の攻撃を回避できる。回避は遅くても早くても失敗となるので、タイミングよく避けるのが重要。さらにジャストタイミングで回避を決めるとカウンターアタックが発生し、無防備の敵に連続攻撃を叩き込むことができる。

 また戦闘中に血液ゲージが溜まると、主人公の中に宿るヴァンパイアの力が発動し、必殺技としてさらなる連続攻撃で大ダメージを与えられる。相手の体力をすべて削りきれば、最後にタイミングよく心臓に杭を突き刺すというイベントが発生する。

 本作ではこの杭を突き刺す場面が重要で、タイミングが良いほど得られる経験値が高くなる。また装備品はヴァンパイアが落とすほかゲーム内通貨で購入できる。

シリアスなストーリーが進行する、のだが……

顔を取り込むことでユニークさが急上昇。グラフィックスの綺麗さにも注目

ヴァンパイアに「愚か者」と言われた。本当にそう思う
グラフィックスはiPadスペック限界まで使ったというほど綺麗。ちなみにこの空間は歩き回れる

 さて以上が基本的な内容だが、顔の取り込み機能という要素が加わることで、ゲームの印象がガラリと変わる、というのが本作の最も大きな特徴となっている。今回は実際に筆者の顔を取り込み、主人公として戦わせてみた。

 画面に表示されたマークに合わせて写真を撮影すると、顔の凹凸を自動的に判断して顔部分のポリゴンが自動生成される。そこから輪郭や肌の色などを調節して違和感のないようにしてから、今度は髪型と髪の色を決めていく。

 驚いたのは、その顔の再現度の高さだ。顔の部分がそのままベタっと貼り付けられるのはわかるのだが、画面に表示されたものは目元の窪みから鼻の形まで上手い具合に調整され、「うわ、自分がいる」と思わせるくらい自然なできあがりになっている。

 せっかくなので髪型はパンチパーマ、色は赤っぽいものにしてもらうと、ヴァンパイアハンターでもなんでもない、ただのチンピラができあがった。しかしそんな見た目はなんのその、素知らぬ顔でゲームは進行していく。

 19世紀のパリ、中世らしい騎士の服装、しかし顔はチンピラ。違和感バリバリの映像のため、自分の顔が映るたびに噴き出さざるを得ないという、とんでもないゲームができあがっていた。なお顔のデータは通常の顔、苦悶の顔、喜ぶ顔と3種類まで保存可能で、場面に合わせて表情が変化する。

 また他人のデータも2人までNPCとして連れて行け、特に勝利シーンでは、3人とも喜ぶ顔を登録しておけば全員が笑顔のドヤ顔シーンが見られるようになっている。誰かの表情を見て楽しむというのも、実に楽しいタイトルだ。

 本作は世界同時展開を予定しているため、世界中の人の顔を違和感なく取り込めるよういなっているという。ちなみに海外メディアの様子や反応を聞いたところ、ぴったり世界観にハマって様になる人もいれば、「自分がゲームに登場するのが夢だったんだ! 夢が叶ったよ!」と大いに喜んだ人もいたそうだ。

 もう1つのウリとしては、映像の綺麗さにある。ミッションは街中を歩き回りながらNPCに話しかけることで突入することになるのだが、ここでの建物や空間の表現が非常に綺麗で、Appleが「これはすごい」と驚いたくらいだという。市村氏も「現行iPadではこれ以上は無理」というほど、端末の性能を引き出している。音楽についても、ハリウッドのスタッフを起用して生オーケストラで収録したそうだ。

 市村氏は、「日本人は、自分の写真を載せるというのは恥ずかしいかもしれないが、アルバムから写真を引っ張ってこれるので、例えばペットの顔でも構いません。著作権の範囲内でやっていただければなんでもアリです」と話した。

 また「本作は完璧なるゲームですので、もしもしゲーとは言わせません。表情の作りなどを楽しみつつ、重厚で壮大な要素もあるスクエニサポートのアプリを遊んでいただけたらと思います。上手くいくと、今後も面白いゲームを出していけるので1度ダウンロードをお願いします」と語った。

写真はおでこを出して撮影したほうがいいとのこと。しかし自分で見ても本当に良くできている

(安田俊亮)