ニュース

バンダイナムコ、「ジャパン アミューズメント エキスポ2013」出展タイトルを公開

「マリオカート アーケードグランプリDX」などを出展

2月6日 公開

【ジャパン アミューズメント エキスポ 2013】

2月15日、16日 10時〜17時開催(一般日は16日)

会場:幕張メッセ4〜6ホール

入場料:1,000円(16日当日入場券)

(小学生以下、60歳以上は入場無料)

 バンダイナムコゲームスは、2月15日〜16日(15日は招待日)に幕張メッセで行なわれる「ジャパンアミューズメントエキスポ 2013」(JAEPO)の出展情報をまとめた特設サイトを公開した。

「マリオカート アーケードグランプリDX(デラックス)」(夏稼動予定)

 「マリオカートアーケードグランプリ」の最新作。「グランプリモード」、「みんなで対戦モード」に加え、「ふたりで協力モード」、「分身バトルモード」を新たに追加。さまざまなスタイルに合わせて楽しめるようになった。また、“飛ぶ”“潜る”といった新シチュエーションを導入するなど、走る楽しさ、遊びの幅を広げている。なお、ショー出展バージョンでは、「分身バトルモード」は実装されていない。

「空を飛ぶ」、「水に潜る」といった新シチュエーションも導入された

・「ふたりで協力モード」

合体カート

 2人でチームを組んでコンピューターのチームと対戦、2人の順位ポイントの合計で勝敗が決まるモード。

 アイテム「合体カート」を入手して使用すると、2人のカートが合体して1台の大きなカートに変身。1人は「運転」担当、もう1人は「攻撃」担当となり、カートについた大砲を駆使してアイテムを撃ちまくり、ライバルチームのカートを邪魔できる。「友情シールド」もあり、チーム2人が一定距離接近して走ることでそれぞれのカートが「シールド」をまとい、ライバルチームからのアイテム攻撃を防ぐことができる。

・「分身バトルモード」

 ネットワーク上に登録された全国のプレーヤー個々の「運転の腕前やクセ」、「アイテムの使用傾向」などの特徴をコピーした「分身」と対戦するモード。全国のあらゆるプレーヤーの「分身」と対戦できる。また、順位に応じて獲得したポイントをためることで自分の腕前の証となる「レベル」を上げていける。

・コースのリニューアルや追加など

 リニューアルされた新コースは全部で10コース。今作から新たに登場する「どんちゃん」の参戦にあわせ、オリジナルコースとして「太鼓の達人」の世界をテーマとしたコースが登場する。また、新カートはカラーバリエーションも含めて50種類以上、レースで使用できるアイテムは新アイテムを追加して100種類以上が登場。さらに、今作からネットワークに対応。定期的なオンラインアップデートでコース、カート、アイテムを随時追加するほか、新ゲームモードが投入される予定。

【「太鼓の達人」の世界をテーマとしたコース】

 前作で好評だった、プレーヤーの顔を取り込んでレース中に表示する「顔写真撮影」機能や、レースを盛り上げる「実況中継」機能も実装。「顔写真撮影」機能には顔写真を変形させる「ヘン顔フレーム」を搭載。また、実況のマイクパフォーマンスは声優の松本梨香さんが担当する。「バナパスポートカード」にも対応。その日の遊び方に合わせていつでも続きから遊ぶことができたり、各種アイテムなどを保存できる。アイテムやカートは、レース中に手に入る「マリオコイン」を集めることで獲得でき、コレクションを増やして楽しめるようになった。

・イベントも開催!

 新モード「ふたりで協力モード」を中心に、お笑い芸人の「我が家」をゲストに迎え、実際にプレイしながら今作の魅力を伝える発表記念イベント「スペシャルエキシビジョン」も行なわれる。一般日の開催スケジュールは16日の11時30分、14時の2回。

そのほか

「太鼓の達人」(2013年3月版)

 また、3月稼動の「太鼓の達人」(2013年3月版)の出展に合わせて、ファッション雑誌「Popteen」モデルの舟山久美子さん、椎名ひかりさんと、プロジェクトチームによるワンポイントレッスン「エトウ塾長直伝!太鼓塾」も16日の13時、15時30分の2回行なわれる。本作の面白さや上達ポイントとともに、最新作の魅力が紹介される。

 このほかビデオゲーム機では、「友情装着! ブットバースト」(3月稼動予定)、メダルゲーム機では「海物語 ラッキーマリンシアター デラックス」(3月稼動予定)、「釣りスピリッツ」(稼働中)、キッズ向け「新幹線はどーこだ?」(稼働中)などが出展される。

「友情装着! ブットバースト」
「釣りスピリッツ」
「新幹線はどーこだ?」
「海物語 ラッキーマリンシアター デラックス」

(佐伯憲司)