最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

SCEJ、プレイステーションの販売戦略発表会「Press Conference」を開催

初期型から50%も小型化した新型プレイステーション 3などを発表!(速報版)


9月19日 発表

会場:品川インターシティホール



冒頭、小型化された新しいPS3を発表したアンドリュー・ハウス氏

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は19日、品川インターシティホールにおいてプレイステーションプラットフォームの販売戦略発表会「SCEJ Press Conference」を開催した。

 冒頭にSCEJのプレジデントである河野弘氏から呼び込まれるかたちで登場したアンドリュー・ハウス氏は新型プレイステーション 3を紹介。「初期型の50%、現行機種の25%も小型化した」という薄く小さくなったPS3をお披露目した。すでに弊誌でも報道しているとおり、チャコール・ブラックが320GBから500GBへ、160GBが250GBへと容量アップし10月4日発売。クラシック・ホワイトは250GBのみで、発売は11月22日。価格は500GBが29,980円、250GBが24,980円となっている。

 つづいてPlayStation Mobileに話題は移り、10月3日から世界9カ国でスタートすると説明。さらにシャープ、富士通が参入する事が明らかとなった。このほかにも、PlayStation PlusがVitaからも利用できるようになったことなどもアピール。PS3とVitaの連携を強めていくと語った。

 そしてラストは、「少し未来の話」とし、クラウドゲームについて触れた。SCEは先日クラウドゲームシステムの開発を行なっていることで知られる「GAIKAI」を買収したことに触れ、アンドリュー氏は「新しいクラウドゲームで、遊びを変えるゲームを提案していく。1日も早くみなさまに提供できるよう急ピッチで開発を進めている」と語り、新たなサービスの開発を進めていることを明らかにした。最後には新しいキャッチコピーとも言える「All day PlayStation, Everyday PlayStation.」と言う言葉で締めくくった。


新型PS3は10月4日に500GBとチャコール・ブラックの250GBが発売される。クラシック・ホワイトの250GBは11月22日 欧州では12GBのフラッシュメモリのPS3が発売されるというのが面白いところ 最後に買収したGAIKAIの人員や技術を活用し、新しいクラウドゲームを開発するとした

 ここで再度、河野氏が登壇。新型PS3とPS3版「みんなのGOLF 6」をセットにした「みんなのGOLF 6 スターターパック」を25,980円で発売することを明らかにした。1,000円アップで「みんなのGOLF 6」がパックされることを考えれば、お得なパックと言えるだろう。

 河野氏はPS3について、「バイオハザード 6」、「龍が如く 5」などの話題作を矢継ぎ早に紹介。「これらはごく一部です。PS3はまさに大きな盛り上がりを迎えているといえるでしょう。リッチで魅力的なコンテンツが揃っている。新しいタイトルも登場する。年末に向けて期待して欲しい」と自信たっぷりに充実した収穫期を迎えていると語った。

 さらにPSPについても「9年経ってまだ存在感がある」とし、新たに価格を13,800円に改定すると発表。バリューパックも14,800円となる。ハードを後押しする要素としては、バンダイナムコの名場面を体験することで新たなる感動を得られる「ONE PEACE ROMANCE DAWN 冒険の夜明け」、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーIII」など強力なタイトルが紹介された。

 そして最も大きな時間を割いて紹介されたのが、PlayStation Vita。すでにパッケージ版で65タイトル、ダウンロードコンテンツを含めれば全91タイトルが発売されており、「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」がスマッシュヒット、「初音ミク -Project DIVA- f」は最大級のヒットを記録していると紹介。また、フリー to プレイの先鞭として「SAMURAI & DRAGONS」が成功している点に触れ、「3Gと相性もよく、新たな可能性を引き出した」と河野氏は語った。

 さらに、ゲームアーカイブスで初代プレイステーションのタイトルを楽しめる点についても「クラッシュバンディクー」のデモプレイを自ら行ない、懐かしいタイトルが目白押しで600を超えるアーカイブが揃い、8月のサービス開始から18万ダウンロードを記録していると河野氏は続けた。

 ここで、PS Vitaの新色が発表された。「カラーの要望は多かった」ということで、発売されるのは、「コズミック・レッド」と「サファイア・ブルー」の2色。11月15日に投入する。価格は3Gモデルが29,980円、Wi-Fiモデルが24,980円。


「みんなのGOLF 6 スターターパック」を25,980円で発売する PS Vitaの新色「コズミック・レッド」と「サファイア・ブルー」を発表
PSPも価格を改定
これまでにない新しいチャレンジのタイトルとしてユービーアイの「ロックスミス」をデモで紹介 河野氏は自ら「クラッシュバンディクー」のデモをして見せた

 ここからはPS Vita用の怒濤の新作タイトルの発表となった。1つ目は「ソウル・サクリファイス」。稲船敬二氏が登壇し、「今冬と言っていたが、もっともっといいものにしたいので、発売日を2013年春とします」と発売を延期すると発表。冬には体験版の配信も予定されており、「ただ遅れているだけでなく、もっともっと遊んでもらって意見を取り込みたい」と、よりよいものにするためである点を強調。東京ゲームショウ2012では、4人で楽しめるマルチプレイ版も出展され、全部で20台もの試遊台を用意するという。稲船氏は「実際に触ってもらえることで、僕達が表わしたかったものがわかると思う。犠牲と代償。真のファンタジーを感じて欲しい」と語った。河野氏も発売延期について「大事に育てたい」とし、さらなる質的な向上を目指すとした。

 さらには、マーベラスAQLのはしもとよしふみ氏が登壇し、3タイトルを発表。2013年初頭の発売を目指す「ヴァルハラナイツ3」。価格は6,980円。2013年2月28日発売予定の「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-」は6,980円。こちらは従来のニンテンドー3DS版とは違い、新シリーズとしての位置付けとなるという。そして「朧村正」は2013年3月28日に4,980円で発売される予定となっている。はしもと氏は「さらに長けたネットワークの面白さを突き詰めていきたい」とし、さらにPS Vita用タイトルを開発中であることを示唆した。

 次に登壇したのはコーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏。全く新しいフランチャイズとして「討鬼伝(TOUKIDEN)」を発表。無双とは全く違った新しい位置付けの作品とし、敵を斬りぬいていく事がテーマになっているようだ。PSPとPS Vitaクロスプラットフォームとなる。発売は2013年を予定。鯉沼氏はラストに「PS Vita用ソフトを数多く取りそろえていきたい。順次発表していく」と、開発を進めているPS Vita用タイトルがあることを明かした。

 ここで登場したのはバンダイナムコゲームスの稲垣浩文氏。発表されたのは全く新しいタイトルとなる「ガンダムブレイカー」で2013年発売。プラットフォームはPS VitaとPS3。モチーフはガンプラで、戦場の舞台はジオラマ。破壊をテーマにしたという。ガンプラであるため、(プラモデルの)スケール感なども感じられる、これまでのガンダムゲームにはない楽しみ方ができる作品となりそうだ。

 そしてラストを飾ったのがバンダイナムコゲームスの富澤祐介氏。発表されたのは、現在開発中の「ゴッドイーター2」で、PSPとPS Vitaでクロスプレイ可能。アドホック通信によるプレイも可能で2013年同時発売と言うことが明らかとなった。詳細については、東京ゲームショウ2012で明らかとなる。

 河野氏は最後に、「カラーラインナップの発売と年末に向けてラインナップが充実してくる。目指すは究極のエンタテイメントプラットフォーム。中期的、長期的に盛り上げていきたい」と語り締めくくった。各タイトルのプレゼンテーションなどについての詳報は、追ってお届けする。


稲船敬二氏が登壇し「ソウル・サクリファイス」を紹介 マーベラスAQLのはしもとよしふみ氏は3タイトルを発表 コーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏は、全くの新作「討鬼伝(TOUKIDEN)を公開
バンダイナムコゲームスの稲垣浩文氏はガンプラをテーマとした「ガンダムブレイカー」を発表 バンダイナムコゲームスの富澤祐介氏は「ゴッドイーター2」をプレゼン

(2012年 9月 19日)

[Reported by 船津稔]