最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

日本ファルコム、PS Vita「イース セルセタの樹海」

新キャラクターと新たなるフィールドを紹介


9月27日 発売予定

価格:7,140円(通常版)
   8,925円(イース生誕25周年記念パック)

CEROレーティング:B(12歳以上対象)


 日本ファルコム株式会社は、PlayStation Vita用アクションRPG「イース セルセタの樹海」の最新情報を公開した。発売日は9月27日を予定しており、価格は通常版が7,140円、「イース生誕25周年記念パック」が8,925円。

 今回は、「イース セルセタの樹海」の物語の鍵を握る少女・リーザをはじめ、主人公・アドルの前に立ちはだかる強敵ガディス、アドルに樹海の探索を依頼することになる女性総督・グリゼルダをそれぞれ紹介する。

 また、舞台設定として大樹の上の集落「コモド」も紹介する。


【新キャラクター】
リーザ(16歳)
CV:白鳥由里

ハイランドで暮らしている少女。普段は心優しいが、大切なものを守るためには毅然と立ち向かう意志の強さも持ち合わせている
ガディス(28歳)
CV:玄田哲章

冒険の途中でアドル達が出会う、“獣使い”を名乗る大男。凄まじい怪力の持ち主で、とにかく言動と行動が常軌を逸して粗野な人物
グリゼルダ(29歳)
ロムン帝国から赴任してきた、若き女性総督。新任ながらセルセタ周辺の交通や諸制度の整備を精力的に推し進めている。キャスナンの坑道に出現した魔物を退けたアドルの腕を見込み、「セルセタの樹海」の探索と地図の作成を依頼する
【新フィールド「樹上集落『コモド』」】
辺境都市キャスナンから樹海を北上した地域にある大樹の上の集落。樹海における採集や狩猟によって生計を立てており、厳しい自然に囲まれながらも平和に暮らしてきた。ここ最近住人たちが姿を消す事件が起きていて、神隠しと騒がれている

(C)2012 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

(2012年 7月 5日)

[Reported by 船津稔]