最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

ゼニマックス、Xbox 360「The Elder Scrolls V Skyrim: Dawnguard」を7月下旬にリリース

日本語吹き替え付きトレーラーを公開


7月下旬

価格:1600MSP

CEROレーティング:Z(18歳以上のみ対象)



 ゼニマックス・アジア株式会社は、Xbox 360用RPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」において、初のダウンロードコンテンツ(DLC)となる「Dawnguard」を7月下旬に発売することを明らかにした。ローカライズは、音声、字幕共のフルローカライズで、価格は1,600MSPを予定。CEROレーティングはZ(18歳以上のみ対象)。なお、プレイステーション 3版とWindows版については未定としている。

新たに追加されるエリアのひとつ「SoulCairn」
新種族バンパイアロード

 2011年に数々のGame of The Yearを受賞し、1,000万本以上のセールスを記録したモンスタータイトル「The Elder Scrolls V: Skyrim」に日本にも待望のDLCが登場する。

 「The Elder Scrolls」ではお馴染みの存在である吸血鬼をモチーフにした物語が描かれる。プレーヤーはSkyrim地方の遙か北方の地で、吸血鬼の王、ハルコン卿が動き出し、星霜の書を使って誰も想像しなかった、“太陽を無くす”ことを企んでいることを知る。プレーヤーはそれを阻止するバンパイアハンター「ドーンガード」の一員として彼の企みを阻止するか、それとも吸血鬼の一員となり、太陽を無くす手助けを行なうのか。プレーヤーの選択がSkyrimの空を変えるという。

 「Dawnguard」では、新しいクエスト、エリア、種族、Perk、武器、防具などが追加される。とりわけクエストは、他のRPGの1本分に相当するといわれる長大なものとなる見込みで、リリースが待ち遠しい限りだ。

 なお、気になるPS3版とWindows版については、Xbox 360版を先行リリースする契約を結んでいる関係で、リリース時期の発表は、Xbox 360版の発売後になる見込み。いち早くプレイしたい人はXbox 360版を選ぶしかなさそうだ。

【「The Elder Scrolls V Skyrim: Dawnguard」日本語吹き替えトレーラー】

【「The Elder Scrolls V Skyrim: Dawnguard」スクリーンショット】

2012 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. The Elder Scrolls, Skyrim, Dawnguard, Bethesda, Bethesda Game Studios, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are trademarks or registered trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.
Amazonで購入

(2012年 6月 28日)

[Reported by 中村聖司]