最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

広東省従化市、「広東動漫城」オープニングセレモニーを開催

SCE Asia全面協力の多目的施設、将来は中国のデジタルコンテンツ産業の拠点に


6月21日開催(現地時間)

会場:広東動漫城(広東省従化市)



 広東省従化市は現地時間の6月21日、中国広東省と従化市が共同で推進するデジタルコンテンツの一大拠点「広東動漫城」の正式オープンを記念したオープニングセレモニーを開催した。同施設は既報のようにSCE Asiaが全面協力しており、セレモニー後にはSCE Asiaの関連施設が御披露目されたほか、SCE Asiaの担当者が講師を務めた教育プログラムのパイロットテスト版も公開された。


■ 広東省従化市を国際的なデジタルコンテンツ産業の拠点に

広東動漫城。手前がオープニングセレモニーが行なわれた特設テントで、奥にあるのがSCE Asiaが支援している動漫ビル
SCE Asiaの3つの支援内容を記したプレートの除幕式。広東省と従化市はSCE Asiaの参加を呼び水に、より多くの海外企業の誘致を呼びかけていく方針

 「広東動漫城」は、中国南部の広東省文化産業促進会と、広東省の省都広州の北部にある従化市人民政府が主導して進められている産官一体の一大プロジェクト。広州市の玄関口となる白雲国際空港からさらに北東に行った盆地一帯に、広東省が重点事業として掲げるデジタルコンテンツ関連の施設を集中させ、ここを拠点に世界に発信できるような世界レベルのデジタルコンテンツ産業を育成していく計画となっている。具体的にはゲームとアニメーション、漫画が対象となるようだ。

 その内容は、200,000uを超える広大な敷地に、ゲームやアニメに関連したオフィスビルや、教育&トレーニングセンター、研究開発センター、ゲーム(開発)センター、アニメーションセンター、アートセンター、コンベンションセンター、ホテルなどを設置し、デジタルコンテンツ産業の育成支援を行なっていく。広東省文化庁の担当者の言葉を借りれば、「中国、世界の文化産業の“空母”にしていきたい」ということだ。

 現在は、フェイズ1と称して主要施設の建設が急ピッチで進められており、至る所で建設工事の足場が拵えられていた。現在は計画全体の2〜3割ほどが完成しているといった印象で、まだ半分以上のエリアは未開拓の原野が広がっていて、広東動漫城の全体像は全体図を示した模型でしか知ることができない。フェイズ1は2013年に完成する見込みで、フェイズ2ではデジタルコンテンツ産業の関係者やアーティスト向けの大規模な分譲マンションや戸建ての住宅街など住宅施設も整えていくという。

 広東動漫城では今後、中国国内外から様々な業種の企業を誘致し、北京や上海を上回る規模でデジタルコンテンツの生産拠点としていく考えだ。現在は海外企業だけで45社の参加が予定されており、企業誘致の目玉に位置づけられているのがSCE Asiaとなる。

 広東省や従化市は、SCE Asiaの参加を足がかりに、世界のゲームメーカーやアニメーションスタジオに参加を呼びかけていく方針で、SCE AsiaはSCE Asia独自の人材育成プログラムや研究開発用の機材等を提供する代わりに、広東省に対して中国でのプレイステーションプラットフォームの販売実現に向けて協力を要請していく。

【広東動漫城全体図の模型】
ショウルームに展示されていた広東動漫城全体図の模型。現時点では、右下の写真の右半分エリアが完成しているのみで、ほとんどのエリアはこれから開発が行なわれることになる

【広東動漫城】
オープニングセレモニー前に会場を視察することができたが、SCE Asiaの関連施設が入っている動漫ビル以外は、ほとんど建設途上で、フェイズ2以降の建設が予定されている用地はまだ手つかずのままだった。すべて完成するにはかなり時間が掛かりそうだ


■ 動漫ビルには「プレイステーション体験センター」や「人材育成センター」もオープン

オープニングセレモニーの様子
セレモニーでは参画企業による数多くの除幕式、調印式が行なわれた
関係者で操舵輪を回して空母「広東動漫城」の出航を祝った

 オープニングセレモニーでは、広東省や従化市、そして広東動漫城を運営する会社、参画企業、メディア関係者、そして今後入居を検討している企業関係者など500名以上が集まり、鳴り物入りで盛大に行なわれた。

 セレモニーは屋外の特設テントの中で行なわれた。当日は来場者の熱気を反映するかのように、南方特有の湿気をたっぷり含んだ猛暑で、さらにセレモニーの途中でマイクの声が聞こえなくなるほどのたたきつけるような豪雨となったが、担当者のひとりが「雨が広東動漫城の開幕を歓迎している」とコメントした程度で、セレモニーは滞りなく進められた。

 女性グループによる太鼓パフォーマンスに始まり、各関係者の挨拶、各施設の除幕式、関係者の記念撮影と進み、セレモニー終了後は、来賓を先頭に、セレモニー会場の特設テントの奥にある動漫ビルの視察が行なわれた。

 このビルの1Fには、SCE Asiaの協力で作られた「プレイステーション体験センター」がある。ここでは、中国の法律の規制により正規品が販売されていないプレイステーション 3の試遊台が設置されており、来場した人が自由にプレイすることができる。3D立体視コーナー、ドライビングゲームコーナー、スポーツゲームコーナー、鉄道ゲームコーナー、麻雀ゲームコーナーといった具合に複数のコーナーに分かれており、各個室はそれぞれのテーマに即したデザインの壁紙や設備が整えられていた。

 今回試遊可能だったタイトルは、「みんなのゴルフ5」、「KILLZONE3」、「グランツーリスモ5」、「ウィニングイレブン2012」、「真・三國無双6」、「台湾高鉄」、「東方雀神」など。プレイできるコンテンツは定期的に入れ替えていくという。

 「プレイステーション体験センター」の入場は無料で、原則誰でも自由に入ることができる。ターゲットは広東動漫城の入居者に加えて、中国全土から広東動漫城を訪れる視察者も含まれる。中国ではPS3やPS Vitaのようなゲームプラットフォームは馴染みの薄い存在であるため、まずは認知してもらうところから始めるという中長期を見据えた戦略的な判断となる。1階にはそのほかにも広東動漫城のこれまでの軌跡を紹介した特設のパビリオンも用意されていた。

 2階にはSCE Asiaに次いで積極的に協力しているロシアのデジタルコンテンツ関連のパビリオンが設置されていた。アートミュージアムのようなスタイルで、ロシアで描かれたポップアートやイラスト、CGが展示されており、その奥には10台以上のPCが設置され、ロシア産のブラウザゲームを楽しむことができた。2階には、エマージングマーケットが作成したデジタルコンテンツを展示するスペースも用意されていた。

 3階は200名ほどが入れる大型のカンファレンスルームや複数の会議室が設けられ、今回のイベントでも、入居を検討している企業に対する説明会や、メディア向けの合同インタビューが行なわれた。

 そして5階がSCE Asiaが協力している「人材育成センター」がある。今回はセレモニー後の関係者の視察用に、SCE Asiaの担当者2人がワークショップを行なったほか、別室ではアニメーション関連のセミナーも行なわれた。参加者はいずれも近隣の学校に所属する学生達で、ゲームプラットフォームと言えば、PCとモバイルしか知らないユーザーに、ゲーム作りの基礎や、3Dゲーム開発の基礎がレクチャーされた。

 この人材育成センターは、今後、何度かのパイロットテストを経て、9月より正式開講する予定で、カリキュラムや講師は広東動漫城とSCE Asiaの間で話し合いながら検討していくという。なお、この当日行なわれた授業の模様については別稿にて詳しくお伝えしたい。

【動漫ビル】
オープニングセレモニーの後は、動漫ビルの内部が公開された。今回公開されたのは1階から5階までで、そのほかはオフィスとして使用される予定だという

【プレイステーション体験コーナー】
初公開された「プレイステーション体験コーナー」。中国ではまだ発売されていないプレイステーション 3やPSPの最新タイトルをプレイすることができる。当日は授業を聞きに来た学生たちも混じってテーマパークのような雰囲気だった

【人材育成センター】
動漫ビルの5階にある人材育成センター。今回は近隣の学生を対象に2日間限定のワークショップが開かれた。SCE Asiaからは大和田健人氏と高橋律視氏の2人がゲームデザインとゲームプログラミングについてそれぞれ講義を行なった

(2012年 6月 22日)

[Reported by 中村聖司]