最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

相模屋食料、「ザクとうふ」を3月28日より発売!

数量限定で「ヒート・ホーク・スプーン」を同梱


3月28日 発売

価格:オープン(実売価格:200円程度)



「ザクとうふ」本体

 相模屋食料株式会社は、「機動戦士ガンダム」に登場するジオン公国軍の代表的モビルスーツ「ザク」とコラボレーションした「ザクとうふ」を3月28日より関東地区を中心とした全国のスーパーマーケット、ショッピングモール、コンビニエンスストアなどで順次販売を開始する。価格はオープンで実売200円程度。

 3月27日、ベルサール秋葉原にて発表会が行なわれ、同社代表取締役社長 鳥越淳司氏があいさつと商品説明に登壇した。自身が「『ガンダム』のファンで、いつか関わらせてもらえるといいなと思っていた」というこの「ザクとうふ」は、「おとうふを面白くする」、「おとうふマーケットを広げていく」という目的を持って開発された。「間違いなく豆腐売り場に能動的に行かないお客様に足を運んでいただきたい」という30、40代の男性をターゲットに、ビールのおつまみの代表といえる冷奴と枝豆の魅力を兼ね備えた、枝豆風味の豆腐となっている。

 包装に関しても新規に開発し、細部までこだわった専用のパック(モノアイも印刷されている)、裏面フィルムにはジオン公国軍のマークがプリントされている。さらに、数量限定で「ヒート・ホーク・スプーン」も同梱される。このスプーンは、「ヒート・ホーク」部分で豆腐を切ってもらい、スプーンで食べてもらいたいというこだわりから生まれたものだ。「機動戦士ガンダム」第1話をモチーフにした映像資料も公開され(公式特設サイトで公開中)、気合が入った企画と感じる。

「(ガンダムに)いつか関わってみたかった」という同社代表取締役社長・鳥越淳司氏が商品説明を行なった
ナレーションはもちろん永井一郎氏を起用した映像資料。シュールだ……

 また、この商品の発売を記念して、ザクの頭部(ザクヘッド)が同社の第三工場敷地内に設置されるという。

 さて、発表会には、シャア・アズナブルの声優としてあまりにも有名な池田秀一さんと、タレントの南明奈さんが登壇。おふたりとも実際に「ザクとうふ」を試食した。「(放映当時の)30年前には豆腐になるなんて考えられなかったこと。日本酒と一緒にいただきたい。若い人たちにも是非食べていただきたい」と池田さんが言えば、「『ガンダム』は女性でもかっこいいと思える作品。『ザクとうふ』は塩味も利いていて、長いつきあいになりそう」と南さんが感想を述べていた。


池田秀一さんがゲストに登場し、「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを……」の名セリフを披露。「いつか赤い豆腐も……」とリクエストも 南明奈さんも登壇し、トークショーを行なった

 同社では、「『ガンダム』といえばガンプラ、ガンプラにはジオラマ」ということで、「ザクとうふ」を使ったジオラマレシピも開発。「ザクの宇宙ヤッコ」、「ザクの森林サラダ」、「ザクの沼地デザート」と会場に3品のジオラマレシピを公開していた。

 実際に試食してみると、たしかに枝豆風味の淡いグリーンが印象的で、風味も枝豆を想像させるものになっており、豆腐にしては塩味がほんのり感じられる一品となっていた。1度召し上がってみてはいかがだろうか?


ザクの頭部型包装パックと同梱される「ヒート・ホーク・スプーン」 パッケージにもザクの姿が
多数の「ザクとうふ」が会場に並べられた
ジオラマレシピ「ザクの沼地デザート」 ジオラマレシピ「ザクの宇宙ヤッコ」
ジオラマレシピ「ザクの森林サラダ」 ザクヘッドとともにコンパニオンが「ザクとうふ」をアピール

(C) 創通・サンライズ

(2012年 3月 27日)

[Reported by 佐伯憲司]