最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

セガ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 20周年記念展 バースデーパーティー」を開催
「ソニック ジェネレーションズ」体験版配信も決定!


6月18日 開催

会場:東京ジョイポリス(東京都港区)


ソニック・ザ・ヘッジホッグ 20周年記念ロゴ

 6月18日、株式会社セガは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 20周年記念展 バースデーパーティー」を東京ジョイポリスにて開催。抽選で選ばれた100名に加え、通路にはみ出すほど多くのファンが会場を訪れた。

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 20周年記念展」は、6月11日〜7月10日まで東京ジョイポリスで開催されているソニック生誕20周年を記念したイベントで、ソニック歴代ソフト公開、原画展示、今冬発売の「ソニック ジェネレーションズ」先行体験会、スタンプラリーなどが実施されている。

 このイベント期間中に1日限定で開催されたバースデーパーティーでは、ソニック誕生からの20年を振り返るトークショー、ソニック20周年記念作品「ソニック ジェネレーションズ」紹介、豪華賞品が当たる抽選会などが行なわれた。

5Fの特設コーナーには、ソニックの原画・パッケージ・グッズが展示されている。また、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 3」、「ソニックアドベンチャー」などをプレイすることも可能。「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 20周年記念展」は7月10日まで開催されている




■ 体験版配信やサントラ発売決定も発表!ファンにはたまらないソニック一色のステージ!

左から大島氏、中氏、飯塚氏。写真の通り、和やかな雰囲気でトークショーは行なわれた。この3人がそろって登場することは珍しい。20周年ならではのキャスティングだ
途中から、上川氏(左)、瀬上氏(左から2番目)が加わり5名に

 トークショーで最初に登壇したのは、シリーズのプロデューサーを務める飯塚 隆氏、ソニックの生みの親で株式会社プロペ代表取締役社長の中 裕司氏、初代ソニックのキャラクターデザインを担当した株式会社アーゼスト取締役副社長の大島直人氏の3人。20周年を迎えた今の気持ちや初期シリーズ開発時のエピソードを聞くことができた。途中からデザイナーの上川祐司氏、サウンドディレクターの瀬上 純氏も加わり、「ソニックアドベンチャー」での開発秘話などを披露した。

 トークショーの後に行なわれた、ソニック20周年記念作品「ソニック ジェネレーションズ」紹介コーナーでは、飯塚氏に加え、3DS「ソニック ジェネレーションズ 青の冒険」のディレクター片野 徹氏、PS3/Xbox 360「ソニック ジェネレーションズ 白の時空」のディレクター宮本裕司氏が登場。3DS版、PS3版の実機デモを行なった。

 ここで簡単に「ソニック ジェネレーションズ」について紹介しておきたい。「ソニック ジェネレーションズ 青の冒険」、「ソニック ジェネレーションズ 白の時空」は、2D視点のシンプルな横スクロールアクション「クラシックスタイル」と、ダイナミックな高速3Dアクション「モダンスタイル」の2つのスタイルが用意され、HD化された歴代の人気ステージをプレイできる20周年記念タイトル。“青の冒険”と“白の時空”はサブタイトルが分けられているだけあって、最初のステージである「グリーンヒル」以外は全て異なるステージで構成されている。今冬発売予定、価格未定。飯塚氏曰く、「もう少しで発売日は明らかにできる」そうだ。

 片野氏の3DS版“青の冒険”デモでは、シリーズ1作目「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の「グリーンヒル」を、「クラシックスタイル」と「モダンスタイル」でプレイ。初期のシリーズのような2D横スクロールアクション「クラシックスタイル」では、シンプルな昔ながらのアクションで、操作するソニックも頭身の低い初期モデルに。2D視点と3D視点が切り替わる「モダンスタイル」では、スライディングやブーストなど、近年のシリーズで導入された様々なアクションを駆使したプレイを見ることができた。ステージのギミック、リングの配置など、メガドライブ版が再現されており、当時のプレーヤーであれば懐かしさを感じられるだろう。

3DS「ソニック ジェネレーションズ 青の冒険」。左が「クラシックスタイル」、右が「モダンスタイル」

 宮元氏のPS3版“白の時空”デモでは、会場で行なわれている先行体験会でもプレイできない「ソニックアドベンチャー2」の「シティエスケープ」を披露するということで、会場からは大きな拍手が。再現するようにステージが作られているため、雰囲気は当時のままだが、街や車などが細部まで鮮明に描かれており、トラックが襲ってくるシーンもより迫力のあるものになっていた。

PS3/Xbox 360「ソニック ジェネレーションズ 白の時空」。左が「クラシックスタイル」、右が「モダンスタイル」

 デモの後には、配信日などの詳細は未定ながら「ソニック ジェネレーションズ」体験版配信決定も発表。また。iPhone/iTouch用アプリ「Sonic20thAnniversary」がソニックのバースデーである6月23日から期間限定で無料配信される。ゲームをプレイすることでソニックの最新情報や壁紙がゲットできるアプリだそうだ。

「ソニック ジェネレーションズ」体験版、iPhone/iTouch用アプリ「Sonic20thAnniversary」の配信が決定!

 次にサイン色紙やソニックグッズの入ったプレゼントがもらえる抽選会が行なわれ、その後ソニックに縁のある人物からのビデオメッセージ放映に。会場を最もわかせたのがDREAMS COME TRUEの中村正人氏。中村氏は、1991年「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、1992年「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」のサウンドトラックを手がけ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」のエンディングテーマとしてDREAMS COME TRUEの「SWEET SWEET SWEET」を提供しているソニックに縁のある人物だ。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック」を手がけるDREAMS COME TRUEの中村正人氏

 これにあわせて、中村氏が制作する「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1&2 サウンドトラック」の発売も発表。今夏発売で、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、「2」のメガドライブ版音源全曲、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」中村氏デモテープ音源復刻版、「2」中村氏オリジナルデモテープ音源、BONUS TRACK他が収録予定となっている。

 フィナーレのコーナーでは開発者全員とソニックがステージに。来場者全員でバースデーソングを歌い、「ソニック ジェネレーションズ」のゲーム内で使われる「Happy Birthday Sonic!!」の音声収録も行なわれた。日本だけでなく、世界各国で収録するそうだ。

 最後に飯塚氏は「本日はお集まりいただきありがとうございます。20年間やってきましたが、これからも皆さんのご期待にそえるようなソニックを作り続け、ゆくゆくはもっと多くの方に楽しんでいただけるような大きなキャラクターにしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とイベントを締めくくった。


ソニックが登場し、会場の盛り上がりは最高潮に! 来場者が一丸となって収録された「Happy Birthday Sonic!!」 特注で作られたソニックのバースデーケーキ

(C)SEGA

(2011年 6月 18日)

[Reported by 木原卓]