最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

フロムソフト、PS3/Xbox 360「アーマード・コア V」
操作方法が一新され自由度が増したアクションなどの情報を公開


10月 発売予定

価格:7,800円


 株式会社フロム・ソフトウェアは、10月発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用メカカスタマイズアクション「アーマード・コア V」の新情報を公開した。価格は7,800円。

 公開された新情報は、機体アセンブルやパーツカテゴリ、さらに武器の攻撃属性や新アクションについて。いずれも、従来の「アーマード・コア」シリーズにはなかった要素が盛り込まれパワーアップしている。


■ 機体アセンブルとパーツカテゴリ

 「アーマード・コア」シリーズの根幹とも言える機体アセンブル。今作では、11のパーツカテゴリに分かれており、500以上もの機体パーツが登場する。これらのパーツを駆使し、戦略やデザインなどプレーヤーの好みに合わせて、自由に自機を組み上げることができる。

機体アセンブル画面。横のラインがパーツカテゴリ、縦のラインが各パーツとなる

【HEAD】 【CORE】
FCSやスキャンモードなど情報処理機能に関わり、ロックオン性能や解析距離などに影響する コクピットであると同時に、機体を構成する各パーツを接続する。まさにACの核となるパーツ
【ARMS】 【LEGS】
各種武装を積載、操作するマニュピレーター。手持ちの武器を左右に1つずつ装備できる。また、肩部分に武器を搭載可能なユニット(ショルダーユニット)が装着されている。ショルダーユニットは、パーツによって「無し」、「片方のみ」、「両肩」のバリエーションがある 移動と積載に関する性能を決めるパーツ。脚部ごとに移動の特性が大きく異なる。二脚タイプ(軽、中、重量)、逆関節タイプ、四脚タイプ、タンクタイプの4つのタイプが存在する
【BOOSTER】 【GENERATOR】
加速を推進する装置。移動速度が速くなる 機体へのエネルギー供給に関するパーツ。容量が多ければ多いほど、重量も重くなる
【FCS】 【RECON UNIT】
Fire Control System(FCS、火器管制装置)。ロックオンの距離やロックオン速度に影響する 周辺の情報取得・索敵を行なう小型の偵察機。スキャンモードと組み合わせることで、さらに多様な情報を読み取ることができる。探知範囲の広いもの、搭載数の多いもの、マップに設置するもの、自機を追従するものなど様々なタイプが存在する

【ARM UNIT L/R】
銃や砲など手に装備させる武器。従来シリーズから、武器タイプの大幅な見直しが図られており、性能や名称の変化したタイプに加え、新しいタイプの武器の数々が登場する
【SHOULDER UNIT】
アームの肩にある格納部に格納、装着する武器。ミサイルやロケットランチャーなどの標準的なタイプをはじめ、自動攻撃や補助の性能を持つパーツも登場する
【HANGER UNIT L/R】
アームユニットを両肩の外側に1つずつ吊り下げる形(ハンガーユニット)で搭載可能。ミッション中に任意のタイミングで武器を持ち替えることにより、最大4種類のアームユニットを使い分けることができる


■ 武器の攻撃属性が3種類に変化

 本作では武器パーツの見直しも図っており、従来シリーズとは異なる性能/名称に変化したものや、まったく新しいタイプの武器が多数登場する。

 従来の武器の攻撃属性「実弾」と「エネルギー」が変更され、物理的な衝撃を利用した武器で実弾を使用する「KE」(Kinetic Energy)、化学反応によって生じるエネルギーを利用した武器で化学弾を使用する「CE」(Chemical Energy)、光学弾による熱エネルギーを利用した武器「TE」(Thermal Energy)の3種類となった。

【オートキャノン】 【レールキャノン】
複数の砲身を備えた機関砲。大量の弾丸を速射し一瞬で対象を粉砕する。キャノン系の武器は使用時に構えモーションが発生し画面が主観視点に切り替わる。通常、構えモーション中は移動できないが、積載量の多いタンクタイプは構えモーションが発生しないため移動しながら使える 電磁誘導により飛翔体を加速して打ち出す電磁加速砲。キャノン系のため、通常は使用時に構えモーションが発生する。射出時にエネルギーを充填することで、威力や射程が変化する「チャージショット(溜め撃ち)」が可能
【バトルライフル】
従来の「バズーカ」が「バトルライフル」に名称を変更。CE弾を使用するため、距離による威力減衰が少ないのが特徴。中距離戦闘向き
【レーザーライフル】
エネルギーを消費して使用するレーザータイプのライフル。TE属性。TE属性の武器は、いずれもチャージショット(写真右)を撃てる。状況によって使い分けたいところ
【ミサイル】 【ロケット】
ショルダーユニット(肩武器)。自動追尾型、直進型、垂直型など様々な動きをするミサイルが存在する ロケットは、ミサイルと同じくショルダーユニット(肩武器)となる。ロックオンできないため、扱いは難しいが、着弾時の爆発でその周囲を攻撃できたり、同時に何発も発射できるなどの特徴を持つ


■ 爽快かつ奥深いプレイを実現する数々の新アクション

 今作では操作方法を一新。それに合わせた多数の新アクションにより、「アーマード・コア」シリーズの持つ、爽快かつ、思いのままに機体を操る操作感覚が新たな形で実現されている。

 各アクションは、単発ではなく組み合わせて使用することで、さらにその特徴を発揮する。練習すれば、各アクションを連携させた自由で幅の広い動き方、戦い方ができるようになる。

【グライドブースト(グライド)〜ブーストチャージ(チャージ攻撃)】
着地している時のみ発動できる機能。急加速、高スピードを実現する。従来シリーズに登場したオーバード・ブーストに近いアクションだが、今作では前後左右への加速が可能 グライドブーストで後方へ急加速
ブーストチャージ。これまでのシリーズにはなかった、脚部パーツによる高威力の直接攻撃(キック、体当たり)。機体が重く、スピードが速いときほど威力が増す

【ハイブースト〜ジャンプ〜ブーストドライブ(ドライブ)〜ジャンプ】
ハイブーストは急加速アクション。移動距離が短いため、緩急のあるスピーディな動きが可能になる。従来シリーズのクイックブーストに近い動きができる ハイブースト後にジャンプしている場面
ジャンプした状態から壁や地形を蹴って、さらに跳躍・加速する三角飛びの様なアクション。連続して何度でも使用できる。高度を稼げるだけでなく、一瞬で進行方向を変えられるためトリッキーな動きが可能 ブーストドライブでさらに跳躍し、敵の頭上から攻撃を仕掛ける
【ドリフト】
機体が着地し、滑っている時に可能なアクション。一気に機体を回転させ向きを変えることができる。原理は車のドリフトと同じ

【構え射撃(主観視点射撃)】
キャノン系の武器を使用する時は、その場で銃を構えて画面が主観視点に切り替わる。構えることで移動できなくなるが、正確な射撃が可能になる。タンクタイプの脚部の場合は構えの必要がないが、脚部によっては装甲を展開し防御力を高めることができる
【ハンガーシフト(武器シフト)】 【パージ】
従来のシリーズでは、アームユニットを持ち変える場合は武器をパージする(切り離す)しかなかった。ところが今作では、肩に武器を装着(ハンガーユニット)可能となり、アームユニットと常に切り替えられるため多様な攻撃手段を1度に利用できる 武器を切り離す。必要の無くなった武器をパージすることで、機体重量が減りスピードが増す

(C)2011 NBGI (C)1997-2011 FromSoftware, Inc. All rights reserved.

(2011年5月16日)

[Reported by 中野信二 ]