最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

バンダイナムコ、PSP「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-」
物語の鍵を握る“マテリアルズ”と新ヒロイン姉妹を紹介


発売日:未定

価格:未定


 株式会社バンダイナムコゲームスは、PSP用魔法対戦アクション「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-」の新情報を公開した。

 「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-」は、TVアニメ「魔法少女 リリカルなのは」シリーズを題材にした魔法対戦アクションゲーム。今回は前作にも登場した「王」のマテリアル、「力」のマテリアル、「理」のマテリアルを司る3人の“マテリアルズ”と、オリジナルヒロインである「アミティエ・フローリアン」と「キリエ・フローリアン」の情報を中心に、本作に登場するキャラクターたちの魅力に迫る。

【登場キャラクター】

【マテリアルズ】
【星光の殲滅者(シュテル・ザ・デストラクター)】
「理」を司るマテリアル。相変わらず反応が薄めであっさりめ、表情から感情が読み取りづらいというか、感情のアップダウン自体があまりない。3人の中では、しっかりものの保護者役。オリジナルの踏襲を越え、自身の力をより生かす新技をひっさげて、戦場に駆けつける!
ブラストファイヤーを3発連続で放つ「ディザスターヒート」が相手に炸裂!
星光(シュテル)のデバイスは、「ヒートヘッド」、「ブラストヘッド」、「ディザスターヘッド」にモード変化する。状況に合わせてモード変化を行なうことでバトルを有利に展開できる

【雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)】
「力」を司るマテリアル。明るくノリよく元気よく、パワーは凄いが頭脳は残念、そんな愛され系な性格を持つ。星光(シュテル)・闇王(ディアーチェ)の2人の事は基本的に大好きで、甘えん坊将軍の末っ子ポジション。パワーと派手さを増した新技を豪快に振り回し、夜空を自らの遊び場に!
雷刃(レヴィ)は、フェイト同様にフォームチェンジが可能。「スプライトフォーム」と呼ばれる雷刃(レヴィ)のフォームチェンジは、防御力を犠牲にすることで移動スピードと技の性能が大幅にアップする。フェイトVS雷刃(レヴィのフォームチェンジ対決は本作ならではの楽しみの1つ
「雷光輪・追の太刀」は、スプライトフォーム中に発動すると「雷光輪・追の太刀『極光』」に変化し、十字の斬撃が放たれる。遠距離攻撃の要として使っていける

【闇統べる王<(ロード・ディアーチェ)】
「王」を司るマテリアル。総括役に相応しく、2人をまとめるリーダーとして威風堂々復活。配下となる2人のマテリアル達の事は扱いが面倒臭いと思いつつも、庇護すべき対象としてそれなりに大事にしている。闇の王に相応しい破壊力満点の新技を手に入れて、闇と暗黒を武器に空を駆ける!
相手の頭上から巨大な魔法の弾が降り注ぐ「インフェルノ」の魔法で相手を追い込む闇王(ディアーチェ)。インフェルノによって放たれる弾は大きく、回避するのが難しい
「王の威光」は相手の攻撃を無効化し、カウンターでバインドを仕掛けることができる攻防一体の技。闇王(ディアーチェ)と呼ばれるだけに強力な攻撃を多く持っているようだ


【新ヒロイン姉妹】
【運命の守護者 アミティエ・フローリアン】
魔導力運用技術「フォーミュラ・エルトリア」を使用。主に銃器の扱いに長け、戦闘行動も無難にこなす。武器の名称は「ヴァリアントザッパー」で、銃(ザッパー)、片手剣(フェンサー)、両手剣(ヘヴィエッジ)を切り替えながら戦う
両手の銃から放たれたエネルギーが縺れ合い、強力な威力を発揮する強力な技。相手との距離が離れたら積極的に狙っていくといいだろう
アミティエは「ヴァリアントザッパー」と呼ばれる武器を使い華麗に戦うことができる。戦況に合わせてスタイルを変えることができるという強みを活かして戦っていこう

【時の操手 キリエ・フローリアン】
アミティエの妹で、アミティエと同じく、フォーミュラ・エルトリアと銃器類を使用。武器の名称はアミティエ同様「ヴァリアントザッパー」で、銃(ザッパー)、片手剣(フェンサー)、両手剣(ヘヴィエッジ)を切り替えながら戦う
キリエが使う武器は姉と同じく「ヴァリアントザッパー」。戦闘スタイルも姉と同じで、銃、片手剣、両手剣の3つのモードを切り替えて華麗に戦うことができる
バインドからへヴィエッジへと繋ぎ、最後はザッパーで追い討ちを仕掛けるという連携が炸裂! 舞うように戦うスタイルこそがキリエの魅力の1つかもしれない


※画面は開発中のものです。

(2011年 1月 14日)

[Reported by 志賀康紀]