最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

国際テニス大会「楽天オープン 2009」のEAブースに錦織圭選手登場!
5人の来場者とWii 「EA SPORTS グランドスラム テニス」で対戦

10月6日開催




笑顔を浮かべ楽しげに対戦する錦織選手。ここぞと言うときには真剣な表情でボールを撃ち込んでいた
抽選で選ばれた5人のプレーヤー。試合前に錦織選手に「ファンです、がんばってください」と声をかける人も

 エレクトロニック・アーツ株式会社(EA)は、10月5日から10月11日まで、有明コロシアム 有明テニスの森公園コートにおいて開催されているテニスの国際大会「楽天ジャパンオープンテニスチャンピオンシップ2009」に、Wii向けのテニスゲーム「EA SPORTS グランドスラム テニス」を出展している。

 ブースは会場に併設されている“おまつり広場”に設置されている。10月6日には「楽天ジャパンオープンテニスチャンピオンシップ2009」の来場者から抽選で選ばれた5人の来場者が、「EA SPORTS グランドスラム テニス」のイメージキャラクターを務めるプロテニスプレーヤー錦織圭選手と「EA SPORTS グランドスラム テニス」の対戦プレイを行なうというイベントが開催された。

 錦織圭選手は1989年12月生まれのプロテニスプレーヤー。2007年よりプロに転向、2008年にはUSオープンでベスト16まで勝ち上がり、ウインブルドン、北京オリンピックに出場を果たした。2008年度のATPワールドツアー最優秀新人賞を受賞し、2009年は全豪オープンに出場したが、5月に右ひじの疲労骨折が判明、手術を受け、現在リハビリ中の身である。このため残念ながら今回の「楽天ジャパンオープンテニスチャンピオンシップ2009」は出場を見送っている。

 「EA SPORTS グランドスラム テニス」は7月2日に発売されているテニスゲーム。Wiiリモコンをラケットに見立て、スイングすることでボールを打つことができる。Wiiモーションプラスに対応しており、装着することでよりリアルな感触でラリーが楽しめる。シャラポアやフェデラーといった現役トップレベルの選手だけでなく、マッケンローなど伝説のテニスプレーヤーも登場している。オンラインモードにも対応しており、世界のプレーヤーと対戦もできる。簡単な操作で名テニスプレーヤー気分に浸れるゲームだ。

 錦織選手は日本選手の中で唯一本作に収録されているプレーヤーだ。「プレイナウ」モードで彼を操り、世界の名選手と対戦することができる。また、オリジナルキャラクターで世界のツアーに挑戦する「グランドスラム」モードでは、錦織選手は強力な敵としてプレーヤーの前に立ちはだかる。ゲームの中の錦織選手は優れたスタミナを持っていて、彼を相手に試合に勝利することで身体が強化されるスキルを習得できる。

 EAのブースのあるおまつり広場は楽天をはじめ、ブリジストンや、ヨネックスなど様々なメーカーが広場を囲むようにテントブースを出展している。中央の広場には大きなモニターが設置されており、試合を観戦することができる。10月6日は平日な上、雨天だったためお祭り広場の来場者は少なめだったが、EAのブースだけは、「錦織選手が来る!」という情報に、多くの人が集まり、黒山の人だかりができていた。

 今回のイベントの抽選はEAブースで朝から来場者に抽選券を配り、イベントの前にその中から5人を選ぶ、という形で行なわれた。100人以上の人が抽選券を受け取り、抽選時にはたくさんの人が集まっていた。選ばれたプレーヤーは5人。番号を読み上げられると歓声を上げて喜ぶ人もいた。

 錦織選手が会場入りすると、観客から黄色い歓声が上がり、メディアのカメラマンだけでなく、一般来場者からも盛んにフラッシュが浴びせられた。その盛り上がりに興味を惹かれ、そのまま人だかりに加わり観戦する人も多かった。錦織選手の欠場を残念に思っていたファンからは、「錦織くんを見れるとは思ってなかったらトクした!」と、興奮した口調で同行者と話しながら、携帯電話を頭上に掲げ一生懸命写真を撮る人もいた。

 「EA SPORTS グランドスラム テニス」はいくつか操作方法を選べるが、今回はWiiリモコンのみのキャラクターが自動的にボールを追う、最も簡単なモードでのプレイとなった。錦織選手は怪我のため、コントローラーを左手に持ち、右手を添えるように構えて5人のプレーヤーと対戦した。錦織選手は時に笑顔を見せ、時に真剣な表情でリモコンをふっていた。

 錦織選手はWiiリモコンだけのモードはあまりプレイしていなかったためか、対戦者に「前出て打つのってどうやるの?」と操作方法を聞く場面もあったが、途中からは上着を脱いで“本気モード”になり、ほぼ初プレイにして5人中3人に勝利した。試合後錦織選手に感想を聞くと「すごく楽しかったです。最後に対戦した小さな子が特に強かった」とのこと。

 ゲームファンへのメッセージとして錦織選手は「『EA SPORTS グランドスラム テニス』は今までにないリアルな感触でプレイできるテニスゲームだと思っています。このゲームを通じて、1人でも多くの人がテニスを好きになってくれればいいなと思います」と語った。ちなみに錦織選手はソニー所属のプロ選手らしく、プライベートではプレイステーション 3で遊ぶことが多いという。なお、手術後の経過は順調で、来月くらいからはラケットを持った練習が再開できるとのことだ。錦織選手の今後の世界での活躍にも期待したい。

 「楽天ジャパンオープンテニスチャンピオンシップ2009」は10月11日までの開催となる。男子、女子それぞれシングルス32名、ダブルス16組が参加しトップを競う。世界のトップフレーヤーの戦いを生で見るチャンスである。筆者は取材後少しだけ観戦させてもらったのだが、選手の超人的な反応速度、身体能力はまさに驚異的だった。

 また面白かったのが会場の雰囲気だ。テニスの試合中は観客の移動が厳禁で、席に着けなかった場合は入口で止められる。結果、会場の人々の注意は試合に集中し、会場全体がビリビリとした緊張感に包まれていた。この試合の雰囲気は他のスポーツにはないものだ。試合会場へは入場料がかかるが、EAブースのあるお祭り広場は無料で入ることができる。ブースはもちろん、会場の独特の空気も感じてみてはいかがだろうか。


会場は時折雨が降るあいにくの天気だったが、ブースには錦織選手のファンも集まり大きく盛り上がった。抽選で選ばれたプレーヤーの表情は真剣そのもので、錦織選手も上着を脱いで力を入れて対戦を楽しんでいた
「EA SPORTS グランドスラム テニス」に登場する錦織選手。どんなボールも拾うねばり強さを持っている。得点したときのポーズは他の選手に比べると控えめだ

(c) 2009 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS, and the EA SPORTS logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved. Grand Slam is a registered Trademark jointly owned by Australian Open, US Open, French Open and Wimbledon. Roland-Garros French Open is registered trademark of the French Tennis Federation. Used by permission. The USTA and the US Open Ball and Flame design are registered trademarks of the United States Tennis Association. The Tennis Australia logo and the Australian Open logo are registered trademarks of Tennis Australia Ltd and must not be reproduced or otherwise used, in whole or in part, without the prior written consent of Tennis Australia Ltd. Approved by the All England Lawn Tennis and Croquet Club, Wimbledon. Reebok, RBK and the Vector Logo are registered trademarks of Reebok and are used under license by Electronic Arts Inc. All sponsored products and company names, brand names and logos are the property of their respective owners. All other trademarks are the property of their respective owners.


(2009年 10月 6日)

[Reported by 勝田哲也]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.