最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

エイベックスとバンダイナムコ、「GIRL NEXT DOOR×『テイルズ オブ バーサス』
スペシャルイベント」開催
小西克幸さん、鈴木千尋さん、大舘隆司プロデューサーも登場


8月9日 開催

会場:THE GRAND HALL(東京都品川区)


 エイベックスグループと株式会社バンダイナムコゲームスは、8月6日に発売されたPSP用アクションゲーム「テイルズ オブ バーサス」(TO-VS)の発売と、「GIRL NEXT DOOR」が手がける「TO-VS」のテーマソング「Be your wings」も収録されている、8月5日に発売されたトリプルA面シングル「Be your wings/FRIENDSHIP/Wait for you」の発売を記念したイベントを品川区「THE GRAND HALL」にて開催した。参加できたのは、携帯向けレコード会社直営の楽曲配信サイト「レコチョク」にて、対象楽曲を購入し、キャンペーンに応募した中から当選した約400名のファン。

 イベントは、まず「GIRL NEXT DOOR」のミニライブ、そしてバンダイナムコゲームスの大舘隆司プロデューサー、ロイド・アーヴィング役の小西克幸さん、ルーク・フォン・ファブレ役の鈴木千尋さんというゲストを交えてのトーク、クイズ大会、来場者へサイン入りグッズがプレゼントされる抽選会、さらに、イベント後の物販ブースでは「GIRL NEXT DOOR」のメンバーがグッズ購入者に直接ステッカーをプレゼントしてくれるうれしいハプニングも用意されていた。

 「GIRL NEXT DOOR」のミニライブでは、6枚目のシングルの中から、「Be your wings」と「FRIENDSHIP」の2曲が披露され、その後、2曲のプロモーションビデオをスクリーンで来場者ともども視聴しながら、メンバーそれぞれがPV撮影時のエピソードなどを披露した。「GIRL NEXT DOOR」のメンバーに、楽曲を依頼された際のエピソードに関して質問が及ぶと、キーボードの鈴木大輔さんは「もともと『テイルズ オブ』を遊んでいたので、世界観は理解していた。『TO-VS』について詳細をうかがったあとで、すぐに曲を作ることができた」と作曲はスムーズだったようだ。ヴォーカルの千紗さんは作詞に関して、「自分の経験を元に詩を作った」という。

 続いて大舘プロデューサーが登壇。「TO-VS」のプロモーション映像を上映しつつ、本作の紹介を行なった。今回、「Be your wings/FRIENDSHIP/Wait for you」の初回特典として、「TO-VS」にて、プレミアム武器が獲得できるスペシャルバトルをダウンロードできるコードがCD盤、CD+DVD盤、UMD盤それぞれに付属しており、CD盤は井上裕治さん考案の斧「フォーチュンアクス」、CD+DVD盤は同じく井上さん考案の片手剣「ダンシングエッジ」、UMD盤は鈴木大輔さん考案の弓「エンカウントアロー」となっている。さらに、「GIRL NEXT DOOR」のオフィシャルモバイルサイトでは、さらにもう1種のスペシャルバトルと千紗さん考案のマイクをモチーフにした槍「ランス オブ パッション」がゲットできる。

まずは「Be your wings」と「FRIENDSHIP」の2曲をライブで披露。合間に先日行なわれた「テイルズ オブ フェスティバル」の感想を「ファンの皆さんが温かかった(千紗さん)」と述べていた メンバーが考案したアイデアをモチーフに作られたオリジナルの武器。「エンカウントアロー」は上級者向け(大舘プロデューサー)という。メンバーには「ダンシングエッジ」が使いやすくて好評だったとか


■ クイズ大会は「GIRL NEXT DOOR」チームの圧勝

 そして、ロイド・アーヴィング役の小西克幸さん、ルーク・フォン・ファブレ役の鈴木千尋さんの2人をゲストに招いて繰り広げられたのは、大舘プロデューサー、小西さん、鈴木さんの「テイルズ オブ」チームと、「GIRL NEXT DOOR」の3人が2チームに分かれ、お互いについてのクイズを3問ずつ出題しあうというもの。ここで大活躍したのが、先ほど「テイルズ オブ」を遊んでいたというエピソードを披露した「GIRL NEXT DOOR」の鈴木大輔さん。「テイルズ オブ」に関するクイズをパーフェクト、しかも即答し、「テイルズ オブ」チームを見事撃破した。


クイズ大会は「GIRL NEXT DOOR」というより鈴木大輔さんの圧勝で終わりました ルークとアッシュを演じた鈴木千尋さんは「2人のかけあいを1回で録音する」だとか、小西克幸さんは「テイルズ オブ シンフォニア−ラタトスクの騎士-」でロイドが若干大人びたことで、「『TO-VS』の収録時にちょっと不安があった」といったエピソードを披露してくれた

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)1994-2009 NBGI

(2009年 8月 10日)

[Reported by 佐伯憲司]