最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

コンパイルハート、PS3「アガレスト戦記ZERO」

前作の数千年前の世界を舞台にした新作RPG


6月25日 発売予定

価格:7,140円(通常版)
   9,240円(限定版)



イメージイラスト

 株式会社コンパイルハートは、プレイステーション 3用RPG「アガレスト戦記ZERO」を、6月25日に発売する。価格は通常版が7,140円、特典を同梱した限定版は9,240円。

 「アガレスト戦記ZERO」は、2007年9月に発売された「アガレスト戦記」の続編となる新作RPG。前作「アガレスト戦記」から数千年前の世界を舞台にした作品で、新システムを搭載するなど、さまざまな面で前作より進化を遂げている。また、追加ダウンロードコンテンツも用意し、やり込み要素も前作よりもパワーアップしているという。

 基本的なゲームシステムは前作を踏襲しており、マップ中のバトルポイントを移動すると発生する。バトルポイントはイベントポイントの間に配置されており、1度は戦闘を行なう必要があるものの、1度クリアすれば次からは任意にバトルを行なえる。

 新システムの1つ「フリーインテンション」は街中でイベントが発生する街パート。街中にある各ポイントを規定回数内は自由に移動できるシステムで、ヒロインイベント発生など、特定の条件を満たすことで規定回数を消費する。また、ショップや鍛冶場などに移動すると、ゲームを有利に進めるための特典が受けられることもある。

街中を移動する「フリーインテンション」システム。ヒロインとの関係を進展させるか、アイテムや隠しポイントを選ぶかはプレーヤー次第

 もう1つの新システム「フィールリンク」は、「フリーインテンション」で発生するヒロインイベントに関するシステム。ヒロインイベントの中には選択肢があり、どれを選ぶかによって各ヒロインの好感度が変化する。ヒロインキャラクターの好感度が高くなると、イベントでのCGが変化したり、街で出会ったときに普段と異なる服で出てきてくれることもあるという。

ヒロインたちとの会話シーン。好感度によって衣装が異なることも……
イベントCG「お風呂でバナナ?」。この他にも刺激的なサービスイベントが登場する

【ストーリー】
ワールドマップ

 光と闇、2つの勢力に分かれた神々の戦いは、物語の舞台となる世界『アガレスト』を2つに分断するほどの傷を残し、自らが創造した種や自然の多くを失う結果となった。

 自らの力を行使したことで世界が崩壊することを危惧した神々は分断されたアガレストのそれぞれを、自らが創造した種に統治させることで和解し、自らの力を極力世界に介入させないように配慮した。

 一旦は平和を取り戻したかに見えたアガレストだったが力を蓄えた闇の勢力は光の勢力側への進行を開始する。

 神々によって2分された光と闇の勢力の境界『刻まれし傷の山脈』。物語はそこから始まることとなる。

 ジークハイトは任務の途中、闇の勢力に囲まれた1人の少女と出会う。少女を助けるため重傷負った彼を、少女は自らの『力』によって救った。しかしそれが原因で、彼女の『力』は彼に引き継がれてしまうこととなる。

 少女との出会いによって手にした『力』は、光と闇の戦局を左右するほどの『力』。ジークハイトはその運命を受け入れ、戦いに身を投じることとなる。


【登場キャラクター】
ジークハイト
CV:立花慎之介
光側の最前線で隊長を務める優秀な兵士。真面目で、少々融通の利かないところもあるが、それらを含めて部下に慕われている。まだまだ若いが、それだけに将来を有望視され、他の隊の兵からも一目置かれている。
ミーメル
CV:水原薫
“解放の力”を持つ少女。自分を助けるために目の前で重傷を負ったジークハイトを、自らの命を削って救う。それがきっかけとなり、ジークハイトと共に旅をする事になる。
アリス
CV:藤田咲
主人公の旅に付き合うハイ・エルフの女性。父の推挙により、ジークハイトの旅に加わることになる。それ以前は、主に後方で救護活動に従事しており、傷付いた兵士達を癒し、励ましている。
フリーデリンデ
CV:小清水亜美
第一世代ヒロインの1人。副隊長。ジークハイトの右腕と言うべき存在。隊長であるジークハイトに好意を抱いているのだが、配下の兵士の手前、その気持ちを抑えており、なかなか気付いてもらえない。
ルーティエ
CV:後藤邑子
第一世代ヒロインの1人。幼い頃より各地を転々としていたため、他人との接し方が解からず、極度の人見知りで、上がり症でもある。母が占術師をしており、ルーティエ自身にも先読みの力がある。
紗弥音
CV:佐久間紅美
第一世代ヒロインの1人。常に微笑みをたたえている大人の女性。炊事・洗濯・掃除等の家事全般と武芸を一緒に並べて「淑女の嗜み」としている。しっかりしているように見えて、実は極度の方向音痴。

【スクリーンショット】
バトルはスクエア(マス目)で区切られたフィールドを使ったターンバトル。早いターンでクリアすることでボーナスが獲得できる
ド派手な必殺技演出も健在。複数のキャラクターでの連携攻撃も可能

(C) 2009 COMPILE HEART / RED

200947日)

[Reported by 滝沢 修 ]



Q&A、ゲームの攻略などに関する質問はお受けしておりません
また、弊誌に掲載された写真、文章の転載、使用に関しましては一切お断わりいたします

ウォッチ編集部内GAME Watch担当game-watch@impress.co.jp

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.