ニュース

Cerevo、「 サイコパス」の「ドミネーター」を完全再現したスマートトイを発売

音声ギミック、電動でエリミネーターへ変形!  スマホ連動で犯罪係数も計測?

3月上旬発売予定



価格:
79,800円(税別)
89,000円(税別:SPECIAL EDTION)

 Cerevoはアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場するアイテム「ドミネーター」を再現したスマートトイ「ドミネーター」を3月に発売する。価格は79,800円(税別)。さらに上位モデル「ドミネーター SPECIAL EDTION」を89,000円(税別)で発売する。今回発売に先がけ、商品をアピールする発表会が開催された。

Cerevo代表取締役岩佐琢磨氏
電動でエリミネーターへと変形。発光や音声ギミックも劇中そのままだ
銃のカメラとアプリで、犯罪係数を測定。スマホとはBluetoothで連動
凝ったギミックと見た目を両立させるため、開発はかなり困難だったという

 Cerevoは、「いまだ電気が通っていないものを、スマホ/ネットで改革する」というコンセプトの元、スノーボードと連携した「SNOE-1」、ロボットの機能を組み込んだプロジェクター「Tipron」などユニークな商品を次々と発表している。「ドミネーター」は、2015年の7月に制作を発表、日本はもちろん海外からも様々な反響があったという。今回はCerevo代表取締役岩佐琢磨氏が登壇し、製品の特徴と開発のエピソードを語った。

 「ドミネーター」は 2012年10月から放映されたアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」で重要な役割を担うアイテムだ。西暦2112年の日本で、人間の“犯罪係数”が測定可能な近未来を舞台としている。ドミネーターは劇中の監視官と執行官が持つ大型の拳銃型の武器。

 犯罪係数を計測する機能を持ち、通常は一定数を超えた人に麻痺攻撃を行なう「パラライザー」として機能するが、犯罪係数が高い対象には殺傷能力の高い「エリミネーター」へと変形する。音声機能があり、起動時や変形時は銃そのものが音声を発し、対象や使用者に情報を伝える。

 今回商品化された「ドミネーター」は、Cerevoの技術によりスマホに連動し劇中の様々な機能を再現している。銃のグリップ部分には感圧センサーがあり、原作の指紋認証による使用者制限のギミックを再現しており、グリップを握ると銃の各所のLEDが発光し、パラライザーモードが作動する。この状態でトリガーを半分引くと、銃の各部が回転、変形し、エリミネーターモードへ変わる。

 銃の音声には劇中と同様に日のり子さんの声が収録されている。デザインは細部まで凝っており、変形システムや発光なども劇中を再現しており、まさに「本物のドミネーター」を手にしている感覚にどっぷりと浸れる商品となっている。

 「ドミネーター」の銃口近くにはカメラがついており、アプリとの連動で写した人の“犯罪係数”を測定できる。もちろんジョークだが、劇中同様写した人によって表示される犯罪係数が変わる。アプリの設定で、数値に応じたドミネーターの“リアクション”も楽しめる上、犯罪係数測定画面をキャプチャーし、SNSなどで使用することも可能だ。

 ドミネーター単体でもモードの切り替えが楽しめるが、アプリを連動させることで様々な状態を再現できる。アプリで設定してからグリップを握ることで「使用許可の下りていない人が銃を持った状態」も再現できる。音声は100種類以上収録されており、銃と連動して楽しむだけでなく、アプリ単体で聞くことも可能だ。

 そして1万円高い「ドミネーター SPECIAL EDTION」では、グリップ部分に実銃のような天然のローズウッドの削り出しオイル磨き上げ素材を使用。公安局マークにアルミと合成ルビーを使用している。こだわりのファンには注目のアイテムとなっている。

 岩佐氏は「ドミネーター」の開発において、“耐久性”が最大の課題だったと語った。複雑で繊細な変形ギミックを電動で再現し、かつ何度変形させても安定していなくてはならない。また、LEDの発光を統一感を持たせるのも苦労したという。日本電産のカスタム専用モーターにより安定した動作を実現、さらに部品の精度も高め、結果として5,000回の耐久試験をパスできる商品を実現できたとのことだ。

 「ドミネーター」そして「ドミネーター SPECIAL EDTION」は2月18日よりCerevo Store他で予約を開始。3月上旬より順次発送予定。2月7日に幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル 2016冬」で先行予約販売を行なう。また、専用プロテクターケース、専用バッテリーも今後販売予定だ。

【「ドミネーター」変形!】

【ドミネーター発表会】
箱も凝ったものとなっている。専用ケースも発売予定
こちらは通常のパラライザーモード
随所にあらん限りのこだわりが込められている。アプリの設定でアニメのキャラクターがドミネーターを握った状態も再現でき、「なりきり玩具」として遊ぶことも
こちらはさらにこだわったファンのための「ドミネーター SPECIAL EDTION」。試作品では木目の方向が違うが、製品では木目は縦にそろい、チェッカーカットが入る
会場では試作品を見ることができた

(勝田哲也)