ニュース

あれがジオンのザクか! 「ROBOT魂 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.」

マゼラ・トップ砲、ミサイルポッドなど装備が充実

5月発売予定



価格:5,940円(税込)

 バンダイはアクションフィギュア「ROBOT魂 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.」を5月に発売する。価格は5,940円(税込)。

アニメ「機動戦士ガンダム」でのザクを思わせるデザイン

 「MS-06 ザクII」は「機動戦士ガンダム」に登場したMS(モビルスーツ)で、多くの人に衝撃を与えた存在と言える。1つ目に肩にトゲと、ロボットアニメの“悪役ロボ”の意匠を取り入れながら“量産兵器”として描かれ、従来の1話限りの悪役ロボと異なり、多彩な武器を活用し様々な場面で活躍し、強い印象を与えた。量産型ザクは、スーパーロボットとして描かれたガンダム以上に、これまでのロボットアニメとは異なるミリタリー的な“リアルっぽさ”を視聴者に感じさせた存在と言えるだろう。

 「ROBOT魂 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.」は大きめのモノアイや、パネルラインを少なめにするなどアニメ「機動戦士ガンダム」の雰囲気を強めたデザインとなっている。一方で可動には最新技術が盛り込まれ、プロポーションも現代的になっており、独特の“カッコ良さ”を発揮している。

 先行して販売される「ROBOT魂 MS-06S シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.」では同梱されなかった脚部ミサイルポッドやマゼラ・トップ砲などオプションが同梱されており、アニメでの様々な武装を再現できる。スカート状に見える腰部アーマーも分割可動し、膝立ちのポーズをとらせることもできる。劇場版で印象的な頭部の“隊長用アンテナ”もきちんと付属している。

【ROBOT魂 MS-06 量産型ザク ver. A.N.I.M.E.】
多彩な付属品が魅力だ

(勝田哲也)