ニュース

【特別企画】「スターオーシャン」を知らない人が知っておきたい幾つかのこと

「スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness」の最新スクリーンショットも公開

発売未定

価格:未定

 4月の頭にティザーサイトが公開され、様々な憶測を呼んだものの、多くの人の期待に添う形で「スターオーシャン」シリーズの最新作「スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness」が制作中であることが明らかになった。

 多くのファンのいる「スターオーシャン」シリーズだが、ナンバリングタイトルは前作から実に6年近く発売されていない(インターナショナル版を除く)。現代と繋がる歴史の軸にある非常に濃厚な世界観とストーリーを収めた作品だけに今一度ここにまとめておきたいと思う。

 そして、多くの人が次世代のRPGとして期待している「スターオーシャン5」。そのスクリーンショットをはじめ、世界観、バトルシステムの一部など期待感を煽る美麗なスクリーンショットと共に明らかになりつつある。その一部をここに一挙にご紹介したいと思う。

 まずはこれまでの壮大な世界を振り返っておこう。

【「スターオーシャン シリーズ」トレーラー】

プレイする前に知っておきたい幾つかのこと!

その1:宇宙歴

 西暦2087年に太陽系の3号星である地球で制定された年号であり、銀河連邦の標準年号にもなっている。トリラス・バークタイン博士が亜空間ワープシステムを開発し、高速を超える速度での恒星間移動が可能になった年を基準にして制定されている。

 人類初の超高速恒星間移動が行なわれたこの年からちょうど4年後の3月7日に、当時の地球政府はこの記念すべき年である西暦2087年を宇宙歴元年と制定した。

その2:銀河連邦

 地球を中心に据えた巨大な連邦組織。

 総計して大小数百種類に及ぶ知的種族がこの銀河連邦に所属している。現在の深宇宙探査(片道2年間程度)ではセクターθを中心に4,000光年〜6,000光年となっており、セクターθ以外ではセクターα、β、η、τの一部まで探査を行なっている。

その3:未開惑星保護条約

 未だ文明の発達していない惑星を保護するために作られた条約。

 高レベルの文明の接触は、その星の歴史そのものに大きく干渉してしまう可能性が高いためであり、銀河連邦に所属している人物および勢力は、たとえ誰であろうと、明確なる生命の危機に瀕した場合を除いては、この条約を守ることが義務付けられている。

その4:紋章術

 宇宙歴346年に惑星ロークで発見された技術で、紋章と呼ばれる特定の韻と印、そして精神力の3つを流し込むことによって、特別な現象を引き起こす技術のこと。術ごとに異なる特定の紋章が描かれた場が必要となるため、紋章術士の中には、体そのものに紋章をきざみこんでいる者が多い。

その5:フェイズガン

 銀河連邦において基本的に使用されている個人用の銃器。

 目標となった物質に向かって強力なエネルギーを放出することによって、分子結合を破壊する効果を持つ武器。ビームの焦点を絞ることで威力の調節を行なうことが可能。人間型生物が気絶するだけの威力を持つ麻痺モードから、車程度の大きさの物質を完全に蒸発させる気化モードまでの調節が、可能となっている。

その6:惑星ストリーム

 古代から存在していたと思われる謎の惑星。遙かな古代に何らかの文明が存在した形跡を残しており、その遺跡の1つに時を司る遺跡“タイムゲート”と呼ばれるものが存在する。

 この遺跡を利用することにより、時間の壁を越えることができたため、惑星を中心とした半径5光年以内の宙域への進入が一切禁止されており、周辺宙域は絶えず無数の銀河連邦戦闘専用艦により監視されている。

その7:STAR OCEAN First Depature

 宇宙歴346年。惑星ロークに謎の石化病が流行し、ラティックス・フォーレンスは薬を取りにメトークス山へ向かう。そこでロークを調査していた地球連邦の軍人ロニキス・J・ケニーと知り合い、石化病を直すには300年前にいたとされる伝説の魔王アスモデウスの血が必要だということを知る。

 ラティたちはロニキスの提案によってタイムゲートを通り、300年前のロークに向かうのだった。

その8:STAR OCEAN Second Evolution

 宇宙歴366年。銀河連邦の英雄ロニキス・J・ケリーの息子、クロード・C・ケニーは、未開惑星の調査中にワープホールに飲み込まれてしまう。たどり着いたのは惑星エクスペルという未開惑星。

 クロードは目を覚ました森の中でレナという少女と出会い、「ソーサリーグローブ」という隕石によって、魔物が凶暴化する事件が起きていることを知る。そして、彼のことを世界の危機に現われるという「光の勇者」と信じるレナと共に、「ソーサリーグローブ」が落ちたというエル大陸を目指して旅立つのであった。

その9:STAR OCEAN Till the End of Time

 宇宙歴772年。紋章遺伝子学の権威ロキシ・ラインゴットの息子、フェイト・ラインゴットは保護惑星ハイダでの休日を楽しんでいた。

 だがハイダは突然、惑星国家バンデーンによる襲撃を受ける。フェイトが乗った脱出ポッドはヴァンガード3号星という未開惑星に落ち、そこで彼を探しに来たという男、クリフ・フィッターと出会う。そして彼が所属する反銀河連邦組織「クォーク」のリーダー、マリア・トレイターからフェイトは信じがたい話を聞く。自身が紋章遺伝子改造を受けた実験対だと言うことを……。

その10:STAR OCEAN THE LAST HOPE

西暦2064年。第3次世界大戦が勃発。停戦までのわずか2週間のあいだに大量破壊兵器が大地を焼き尽くした。地上では生活できないほど環境は悪化し、人口は大幅に減少する。戦後に発足した拡大国連は、その目を宇宙に向ける。USTA(国際科学技術局)が設立され、地球外環境への移住が計画された。

 西暦2087年。ワープドライブの実験成功により、人類の夢は現実に近づく。そして宇宙歴10年。SRF隊員エッジ・マーベリックは人類の命運を託された宇宙開拓部隊の一員として星の海へと旅立つのであった。

【宇宙歴年表】

西暦1957年 ソビエト連邦の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功
西暦1961年 ソビエト連邦のガガーリン、人類初の宇宙飛行に成功
西暦1969年 アメリカ合衆国のアポロ11号、人類初の月面着陸に成功
西暦2064年 第三次世界大戦。地球のほとんどが2週間で放射能汚染、休戦状態に。

西暦2087/元年 トリラス・バークタイン博士による「ワープドライブ実験」が成功。後にこの年が宇宙歴元年と制定される。

宇宙歴10年 SRF(第1次宇宙開拓隊)宇宙への第1歩を踏み出す。
宇宙歴12年 未開惑星保護条約の成立。
宇宙歴207年 地球にて「量子転送機」の発明。
宇宙歴346年 惑星ロークで石化病が発生。ロニキスとイリア両氏により「紋章術」が発表される。
宇宙歴360年 地球連邦、銀河連邦に改称。
宇宙歴366年 十賢者がエタニティスペースから脱出し、惑星エクスペルに不時着。
宇宙歴368年 惑星エディフィスでムー大陸人の遺産であるマザーコンピューターを発見。人間の文明を管理していたマザーコンピューターを破壊する。
宇宙歴371年 惑星エクスペルにて、ノイマン博士による「マナクリーナー」が開発される。
宇宙歴537年 地球にて、クルップ博士により「重力ワープ」が開発される。
宇宙歴652年 銀河連邦、クラウストロ人と接触。
宇宙歴704年 銀河連邦、クリエイションエネルギーの実用化に成功。
宇宙歴710年 銀河連邦、アールディオン帝国と接触、戦争勃発。
宇宙歴732年 戦闘艦ディグレムによる、クリエイションエネルギーの暴走事故が発生。惑星1つが消滅。
宇宙歴752年 惑星ストリームにて、ロキシ・ライングット博士らが、タイムゲートを調査。
宇宙歴772年 惑星国家バンデーンが惑星ハイダを襲撃し、銀河連邦と交戦状態になる。

(船津稔)