ニュース

3DS「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ」

「暗黒騎士」、「竜騎士」、「魔獣使い」、「風水士」が登場!

12月18日 発売予定

価格:
5,800円 [税別](パッケージ版)
4,500円 [税別](ダウンロード版)
CEROレーティング:B(12歳以上対象)

天野喜孝氏が描いたキービジュアルには、まだ紹介されていない召喚獣の姿も!

 スクウェア・エニックスは、12月18日に発売を予定しているニンテンドー3DS用アクションRPG「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ(FINALFANTASY EXPLORERS)」の新情報を公開した。

 「ファイナルファンタジー(以後、FF)」シリーズの新しい形として開発が進められている「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ」は、「FF」シリーズの特徴である王道ファンタジー、ジョブシステム、召喚獣などの要素を継承しつつ、マルチプレイの醍醐味を追及したアクションRPG。

 今回は新たに公開された4つのメインジョブをはじめ、参戦が決定した2体の召喚獣と「FF」シリーズキャラクター、ゲームシステなどの情報をお届けする。

メインジョブ紹介

 これまでの情報で明らかになっている登場ジョブは、『ナイト』、『モンク』、『白魔道士』、『黒魔道士』、『狩人』、『パラディン』、『忍者』、『時魔道士』の8ジョブ。今回は新たに『暗黒騎士』、『竜騎士』、『魔獣使い』、『風水士』の4ジョブが公開された。

【暗黒騎士】
暗黒騎士のメイン武器は巨大な鎌。攻撃の振りは遅いが、破壊力はトップクラスの威力を誇る。一撃の重さを武器に前衛で戦うアタッカーとして活躍する。武器は鎌だけでなく斧の扱いにも長けている
暗黒騎士ならでは攻撃の1つ、体力を消費してダメージを与える「暗黒」は、ユニークアビリティとして登場する
共通のアビリティである鎌・斧は、攻撃モーションは大きいが、ダメージ量、ダメージ範囲に優れているという
防御を捨てて攻撃を特化させる「バーサーク」。防御力は低下するが攻撃力は上昇し、アビリティも強くなる
【竜騎士】
竜騎士のメイン武器は槍。直線的な攻撃が多いので、ターゲットをロックオンしながら戦う必要がある。ロックオンの使い方と、竜騎士の特徴にもなっているジャンプ攻撃を仕掛けるタイミングの見極めがポイントになるジョブだ
上空から敵をめがけて猛スピードで下降して破壊力抜群の一撃を叩き込む「ジャンプ」。竜騎士の代名詞であり、シリーズではお馴染みの攻撃
バックステップすると同時に光弾を前方に放つ「スプラッシュ」
光の槍を投げつける投擲技「ブリューナク」。ターゲットをロックオンすることで命中率が上がる。敵との距離がある場合には積極的に狙っていくいいだろう
本作の竜騎士は、機動力に長けているので中距離からの攻撃を得意とする
【魔獣使い】
魔獣使いのメイン武器は斧。暗黒騎士の鎌同様に、トップクラスの破壊力を誇るが攻撃モーションが遅い武器
斧の形をしたエネルギーを放つ「トマホーク」。飛行タイプのモンスターに有効な攻撃として重宝する
地面をこすりあげるようにして斧を振り上げ、小規模なサークル状の渦を発生させる「カラミティ」
HPが少ないときに役立つのが「パワーブラッド」。攻撃がヒットすると敵からHPを吸収することができる
【風水士】
アビリティ「ルーンストライク」は、攻撃がヒットすると魔力が上昇する。発動までに少し溜め時間が必要になるが、ボスを始めとする強敵との戦いには欠かすことができない。メイン武器「風水鈴」は風水士専用の武器
地雷を設置するアビリティ「ファイアマイン」。敵が設置場所に侵入すると爆発が起こり、ダメージと火傷効果を付加させる。敵の動きを先読みしよう
支援型アビリティ「レディース」。敵に状態異常効果を付加させやくなる
「落とし穴」は風水士ならではユニークなアビリティ。設置したトラップに敵が触れると発動し、ストップ状態になる。トラップは時間と共に消滅してしまう
仲間を支援するだけでなく、風水の力を使ったアビリティを多く持つ

召喚獣「バハムート」

空を統べる竜王

 「FF」シリーズにおいて唯一、初代「FFI」から登場している召喚獣である竜王「バハムート」。本作では、全シリーズの中でも最も動き回るバハムートを見ることができるだろう。

 属性ごとにブレスを吐き、上空から滑空して突進してくる攻撃や地響き、尻尾薙ぎ払いという荒々しい攻撃が目立つ。油断すると一瞬で全滅してしまう。

 地上戦・空中戦を使い分けてくるので遠距離攻撃ができるジョブを入れて、空中戦でもダメージを与えることができるかが攻略の鍵になるという。

【バハムート登場シーン】
雪に覆われた白銀の山「ジャメニル山」の頂上――。空を統べる竜王はその時を待ち望んでいる。エクスプローラーたちがテリトリー内に侵入してくるその時を――。「FF」シリーズでも最強と謳われる竜王「バハムート」。その咆哮は人々を震え上がらせ、登りついたエクスプローラーたちに容赦なく襲いかかるだろう
【バハムート戦】
様々な種類の攻撃パターンを持つ召喚獣。上空からの滑空・属性ブレスなど、空中・地上のどちらでもその強さを遺憾なく発揮する。足元に潜り込んでも歩行ダメージを受けるので、位置取りとジョブの選択が明暗を分けるだろう
登場する召喚獣の中でも最強クラスの強さを誇るバハムート。まともに食らった致命傷は避けられない「メガフレア」は本作でも健在。行動パターンを見極めて、着実にダメージを与えていこう。わずかな油断も死に繋がる最強の敵だ

召喚獣「ドリュアス」

猛毒の妖花

 花の姿をしたシリーズ初登場となる召喚獣「ドリュアス」。

 ドリュアスの攻撃は、とにかく状態異常のオンパレード。毒・暗闇・麻痺に代表される状態異常を引き起こす厄介な攻撃を怒涛の勢いで仕掛けてくる。状態異常の代名詞「モルボル」を使ってくるという厄介な能力も持っている。

 ドリュアス本体はいるものの、攻撃してくるのは自在に操る2本の触手。この触手を止めないと、エクスプローラーたちに勝機はない……。白魔法必須の新ボスモンスターだ。

【ドリュアス登場シーン】
胞子が漂う怪しい森の奥にいる新召喚獣「ドリュアス」。毒を撒き散らし、地中から這い出てくる。このエリアをテリトリーとしているドリュアスだが、エクスプローラーたちはこの召喚獣をどのように攻略するのだろうか
【ドリュアス戦】
触手攻撃は、遠隔魔法なので場所を特定して早く倒さないと魔法を連発してくる。一定攻撃時間ののち、地中に潜ってしまうので場所を特定しづらいのがドリュアス戦の特徴だ。地中から「アースクエイク」を引き起こすことも
ドリュアスの真の恐ろしさは、状態異常攻撃と言っても過言ではない。遠隔攻撃の触手だけでも厄介なのに、ドリュアスの力によって植えられた毒の花を放置していると、モルボルが誕生してしまうという最悪の仕組みになっている

「FF」シリーズキャラクターが登場!

 詳細は不明だが、「トランス」と呼ばれるシステムを使うことで、「FF」シリーズで活躍してきた英雄たちの姿に変身することができる。現段階で登場が明らかになっているのは、「ティナ」、「クラウド」、「スコール」、「ライトニング」の4人。

【ティナ】
生まれながらにして、魔導の力を持った少女。幼き頃より、その力を悪しき帝国により利用されてきた。仲間の救出により、洗脳から解き放たれた彼女は、迫りくる世界の終焉に立ち向かっていく。登場作品は「ファイナルファンタジーVI」
【クラウド】
巨大な剣「バスターソード」を武器に戦うソルジャー。世界の危機を救った若き戦士。登場作品は「ファイナルファンタジーVII」
【スコール】
原作では、特殊部隊SeeDに所属する学園の生徒であった。謎の少女リノアとの出会いから、彼は世界を股にかけた戦いへとくりだしていく。登場作品は「ファイナルファンタジーVIII」
【ライトニング】
聖府軍の元軍人。妹を救出すべく向かった先で人類を敵に回す宿命を背負わされる。運命にあがらい、己と葛藤しながら使命に立ち向かっていった。登場作品は「ファイナルファンタジーXIII」

モンスター研究所

 モンスターを倒すと希に丸い魂のようなものをドロップすることがある。これは「魂石」と呼ばれるもので、この魂石を拠点リベルタスにある「モンスター研究所」に持っていくことで、仲間モンスターを生成することができる。生成したモンスターは、パーティーメンバーにすることができ、モンスターを育てることができるという。

魂石を手に入れるには、数多くのモンスターを倒すしかない
モンスター研究所
仲間になるモンスターにも攻撃タイプや防御タイプがあるので、バランスを考えてパーティーを編成しよう。生成したモンスターに魂石を素材にして合成を行なうことで、モンスターのレベルを上げることができる

召喚獣の力を借りて戦う「クリスタルドライブ」

 発動条件はまだ明らかにはなってないが、公開されたラムウとシヴァの力を借りた「クリスタルドライブ」の画像を見ると、広範囲にダメージを与えることができるようだ。

雷を司る召喚獣「ラムウ」の力を借りて放つ「裁きの雷」
冷気を司る召喚獣「シヴァ」の力を借りることで「ダイヤモンドダスト」が放てる

ワールドマップ:アモステラ

 エクスプローラーたちが冒険するアモステラの全域が公開された。これまでの情報で公開した場所も見えるが未開の大地も多い。アモステラの移動方法も気になるところだ。

【ワールドマップ】

フィールド:ジャメニル山

 竜王「バハムート」の住処である「ジャメニル山」。

山の一部が雪で覆われている寒さの厳しい地域のようだ。道中に現れるモンスターも強力なものが多いという

フィールド:アルハ湿原

 「アルハ湿原」の奥深くで、新召喚獣「ドリュアス」がエクスプローラーたちの到着を待ち構えている。

見渡す限りの毒沼が広がる「アルハ湿原」。歩くだけでもHPが削られていくという悪条件に加え、モンスターの数も多い危険地帯だ。この毒沼地帯で戦うには、とある魔法が有効になるというが……
毒沼地帯の「アルハ湿原」に出現するモンスターは、毒の影響を受けることなくこの地を徘徊している
セブンネットで購入
Amazonで購入

(志賀康紀)