ニュース

カプコンブース、3DS「モンスターハンター4G」三昧! 新規ムービーも公開!!

「バイオ ハザード リベレーションズ 2」もプレイ可能に

9月18日〜21日 開催(一般公開日 20日〜21日)

会場:幕張メッセ1〜9ホール

入場料:
前売り 1,000円
当日 1,200円
小学生以下無料

コンコース側から覗いたところ。かなり大きな部分を「モンスターハンター4G」の試遊コーナーが占めている
東京マルイとのコラボとしてシューティングレンジが用意されている

 東京ゲームショウ2014におけるカプコンブースはかなり大きなブースだが、その半分が3DS「モンスターハンター4G」に割かれている。

 いくらあっても足らないと思われる「モンスターハンター4G」の試遊台だが、それでもかなりの台数が用意されている。全員が座ってじっくりプレイできるようゆったりした構成になっている。シングルとマルチプレイに別れているが、なんと言っても今回の注目はセルレギオス討伐ミッションをプレイできると言うことだろう。カプコン開発陣としては「(目玉モンスターの討伐はネタばらしにもなるので)発売後の楽しみに取っておきたい」という発言も聞かれたが、今回の東京ゲームショウでは出し惜しみなしとなっている。

 ブースの通路側にはセルレギオスの大きな造作がお出迎え。それだけで雰囲気を盛り上げてくれる。その横には特別なデザインのNewニンテンドー3DS LLのコラボ「モンスターハンター4G スペシャルパック」の実機が展示されており、触ることはできないが、高級感溢れるそのデザインは堪能できるだろう。また、Newニンテンドー3DS用のきせかえプレート「モンスターハンター4Gデザイン」も並べられている。こちらは一転可愛らしい。

 ブースの裏では8月に渋谷で開催された「モンスターハンター展」で展示されていたバイクやギターといったコラボ商品の展示も行なわれている。また、アイルーのうちわをコンパニオンさんが配っていてくれることもある。開場をうろうろしてると熱く感じることもあると思うので、ぜひ1枚もらっておくといいだろう。結構可愛らしいデザインだ。

 このほかでは「バイオ ハザード リベレーションズ 2」も人気を集めていた。9月頭の発表会で電撃的に公開され、今回はいきなり試遊台が出展されており実機プレイが可能となっている。ショッキングな映像も含まれるため、残念ながら外からは内部を除くことはできないが、開場即裏口に達するほどの行列で、こちらも底知れぬ人気を感じさせる。

 ちなみに裏には東京マルイとのコラボで、シューティングレンジも設置されている。試してみたい方はLet's シューティング!。

 通路に面した方面では「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」のシアターも行列が長い。毎回「逆転裁判」のムービーは凝った内容のものが用意され、ファンの間でも楽しみにしている人が多い。すでに登場キャラクターの一部は公開されているが、ファンとしてはどういった動きや雰囲気を持つのか確認しておきたいところだろう。

 そしてパートナー企業としてマーベラスの2タイトルが出展されている。出展されているのは3DS用「禁忌のマグナ」とPS Vita/PSP「幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)」の2タイトルだ。プレイするとノベルティグッズがプレゼントされる。

 なお、各タイトルの詳報については追ってお伝えするので、お楽しみに。

【「モンスターハンター4G」プロモーション映像4】

「モンスターハンター4G」のコーナー側から見たカプコンブース
セルレギオスの前で写真を撮影することができる。また素材で作れる防具の等身大フィギュアも置かれている。ちなみにサンバアイルーが居るときもある
試遊台は比較的ゆったりしていて、試遊に集中できる
Newニンテンドー3DS LLのコラボ「モンスターハンター4G スペシャルパック」の実機を展示。高級感溢れるかっこいいデザイン
こちらはNewニンテンドー3DS用のきせかえプレート「モンスターハンター4Gデザイン」
「モンスターハンター4G」のコラボ商品も出展されている
コンパニオンさんがアイルーがデザインされたうちわを配っているときもある
「バイオ ハザード リベレーションズ 2」のコーナーもズラリ行列ができていた。完全に隔離されていて、ちょっと不気味
タイラントのフィギュアも迫力充分だ
「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」のシアター
パートナー企業のマーベラスさんの出展タイトルをプレイすることもできる

(船津稔)