ニュース

【E3 2014】完成度高すぎ試遊版「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」をプレイ!

オススメ新キャラクターは「むらびと」と「Wii Fit トレーナー」

6月10日〜6月12日開催(現地時間)



会場:Los Angeles Convention Center

この人だかり、すべて「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」を遊ぶためのもの
基本はそのまま、キャラクターの豊富さや動きのかわいさをアップグレードさせている

 任天堂ブースの今年の目玉は、何と言っても「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」だ。Wii U版と3DS版をあわせるとブース規模のおよそ半分を占める大きさで、連動型フィギュア製品の「amiibo」も含めてまさに「スマブラ」祭りといった様相だ。

 特にWii U版は来場者からも注目度が高く、どの時間になっても試遊には長蛇の列ができていた。試遊を待つ間もギャラリーとなって試合の行方に一喜一憂するなど待機時間も実に楽しそうだったが、そんな世界中から大人気の「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」をなんとかプレイできた。

 「Super Smash Bros. Invitational」のレポート記事でもお伝えしたように、「スマブラ」経験者であれば本作にはすんなり入れるほどシステムや操作の肝はそのまま引き継がれている。その他の部分ではキャラクターごとの動きの表現がより細かくなっており、キャラクターのかわいさや凛々しさ、可憐さといった部分は以前にも増して楽しめる部分だろう。

 今回の試遊で気が利いていると思ったのは、コントローラーにはWii U GamePadを使わず、アダプターを使用したニンテンドーゲームキューブのコントローラーが4つ用意されていること。裏を返せばWii U GamePadやWiiリモコンでのプレイは推奨しないのかといった感じだが、確かに独特のボタン配置やアナログスティックを弾く感じが少し懐かしく、操作もしやすかった。まだアダプターの発売はアナウンスされていないが、アダプターの登場は古くからの「スマブラ」ファンであるほど嬉しいニュースと言える。

 試遊できた範囲では、筆者オススメの新キャラクターは「むらびと」と「Wii Fit トレーナー」だ。「むらびと」は、「どうぶつの森」シリーズそのままの木を植える、水をやる、穴を掘るといったおなじみの行動から、ハニワに乗って突進攻撃する、ボーリングの球を落とすといったアグレッシブな攻撃まで揃った万能タイプになっていた。

 「Super Smash Bros. Invitational」の中継を見ていた方は気付いたかもしれないが、「むらびと」の最後の切り札は「たぬきち」一家が家を建てるというもの。この様子がかなり「どうぶつの森」らしくてかわいいので、同作のファンにはぜひとも見ていただきたい。

 もう1人、「Wii Fit トレーナー」は、「Wii Fit」や「Wii Fit U」で見られるトレーニング、ヨガのポーズを繰り出しながら攻撃してくるちょっとクセのあるタイプ。普段の姿からは想像できない身体の能力の高さが本作では発揮されているが、その反面ポーズはかっちりとしていたり、本来は落ち着くための呼吸法まで攻撃に使ってくるので、そのギャップが面白くて味わい深い。もともと個性のないキャラクターだけに、その個性のなさが「スマブラ」内では逆に目立つ、まさに異質のキャラクターだ。

 Wii U版の発売は今年の冬ということで約半年の時間があるが、このデモだけで1週間は軽く吹き飛ぶくらいに遊べる内容になっていたと思う。それほど完成度は高かったので、製品版はさらなる期待をもって待っておきたい。

今回発表されたamiibo。コレクションとしてもよくできている
デモだけでも軽く1週間は食事を忘れるくらい遊べそうな完成度だった。ファン心には「これでいいから欲しい」と思ってしまう
【スクリーンショット】

(安田俊亮)