ニュース

カプコン、3DS「モンスターハンター4」改造データに対する警告を公開

通信プレイやすれちがい通信でも注意を

10月8日 発表

 カプコンは、10月8日付けで「『モンスターハンター4』改造データに関するご注意」の題名で同社サポートページにリリースを掲載した。

 それによれば、ゲーム内のセーブデータについて、任天堂が許諾していない装置やソフトを用い、ゲームデータを不正に改ざんする行為が確認されており、「モンハン4」にて通常のプレイではありえない武器や防具、ギルドクエストなどを作成・使用することで、ゲームが正常に遊べなくなる、場合によってはゲームそのものが遊べなくなる可能性があるとし、「絶対に使用しないでください」と警告を発している。

 また、仮に他のプレーヤーとの通信プレイやすれちがい通信で、意図せず改ざんの可能性があるオトモアイルーやギルドクエストを受け取ってしまった場合は、使用せず直ちに削除するよう要請している。

 同社では、ゲームデータ改ざん等の行為によって引き起こされた、一切の不具合不都合について、対応はできかねるとしている。

 なお、「モンスターハンターフェスタ」等のイベントで、参加者に改ざんデータの存在が発覚した場合、全てのイベントへ参加できないことになる。

(佐伯憲司)