ニュース

「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」横浜公演開催

初々しい「ミリオンライブ!」ゲストと共に元気いっぱいのステージを披露!!

開催日:
8月4日
会場:
パシフィコ横浜・国立大ホール

 今年で8周年を迎えた「アイドルマスター」のライブツアー。今年は、「名古屋」、「大阪」、「横浜」、「福岡」、「幕張」と、全国5都市を巡る真夏のライブツアーとなっている。その折り返しとなる横浜公演がパシフィコ横浜・国立大ホールで行なわれた。ゲストに「アイドルマスター ミリオンライブ!」より3人を迎え、ますます広がる「アイマス」ワールドの魅力を元気いっぱいに表現したライブとなった。その模様をお伝えしよう。

夏をコンセプトにアップテンポ曲を中心に構成!元気いっぱい完全燃焼のライブに

サイリウムの海に埋め尽くされた超満員の会場

 真夏の8周年ツアーも折り返しを迎えた横浜公演。お馴染み社長の挨拶からスタートし、挨拶はそこそこにライブスタート! 中村さんの「Are You Ready!?」のかけ声に会場からは怒号にも近い大歓声が響き渡る。そして8人全員での1曲目「神SUMMER!!」へ! 真夏のツアーならではの1曲目に、待ちに待ったと言わんばかりに会場のボルテージは最高潮に達した。

 前回のライブに引き続き、今回もバンド生演奏を加えたライブスタイルとなっていた。ドラム、ベース、ギターの構成で、迫力のある生音で会場を包んでいた。パシフィコ横浜のホールは音の密封感が高く、重低音ががっちり曇りなく伝わってくる。全編を通して、音圧高めのパワフルサウンドなライブとなっていた。

真夏のライブツアーも折り返し。夏らしい元気な曲を中心に全24曲を歌い上げた
横浜公演のリーダーは長谷川さんと浅倉さん。メインMCを務めた

 今回のツアーは各地ごとにリーダーを決めたリーダー制で、この日のリーダーは長谷川さんと浅倉さん。長谷川さんは恒例のお約束、新衣装での1回転でも「リーダーっぽくかっこいいくるり」を披露。朝倉さんは「超絶かわいいリーダーポーズ」に“遅刻しそうだけどくじけないリーダー”という一芝居をこめて凝った1回転を見せてくれた。

 2曲目は、「アイドルマスター シャイニーフェスタ」より、今井さん沼倉さんでの「Valut That Borderline!」。バンド生演奏の迫力ある音を前面に、パワフルな歌声を聴かせてくれた。3曲目からは、中村さんで「太陽のジェラシー」、長谷川さん原さんでの「I'm so free!」、仁後さん若林さんでの「愛LIKEハンバーガー」、浅倉さんの「MOONY」と、夏をテーマにした元気いっぱいのナンバーを続けた。

 ちなみに「愛LIKEハンバーガー」は若林さんいわく“愛LIKEハンバーガー改”と名付けているというとのことで、2月10日のライブで歌ったものとはちょっと異なるオリジナルバージョンだった。

 印象的だったのは、重低音のバンドサウンドに負けない芯の通った歌声で炸裂させる、真夏のツアーらしい元気いっぱいのパフォーマンス。会場の“一体感のあるコール”もいつも以上にパワフルだった印象だ。

 1パート目を終えたところでゲストコーナーへ。今回のツアーでは毎回場所ごとにゲスト出演者が参加しているが、今回の横浜では、「ミリオンライブ!」より伊藤美来さん(七尾百合子役)、田所あずささん(最上静香役)、山崎はるかさん(春日未来役)がゲストで登場した。

 3人へ765プロの面々から質問のコーナー。本を読むのが大好きな七尾役の伊藤さんには今井さんから「1番幸せに思うのは?」という質問が出たが、「食べている時」だという。だが、今井さんからは「そんな答えをしちゃダメ!ベッド脇のクマに『ただいま!』って言ってる時とか……」と、今井さんの妄想によるアイドルの心得(?)的な独特の世界観が展開され……(笑)。

 牛が好きだという田所さんには「牛を好きになったきっかけは?」という質問が。地元にあるお店で家着用の牛柄を見つけ、そこから好きになっていったのだとか。元々モノクロが好きで、それをちょっと崩した牛柄にたどり着いたそうだ。

 山崎さんには「水を飲まないって本当?」という質問が中村さんから。実際、山崎さんは「水は飲めない」とのこと。しかも、「あの味のない飲み物をなんで喉を通すんですか!?」とも主張し、周囲を驚かせた。なお、普段飲むのはレモンティーか牛乳だそうで、この日もレモンティーで水分補給していたそうだ。これに水好きの原さんが水の良さを猛アピールするという展開になった。

 3人から765プロのみなさんへ逆に質問も。その内容は「プロデューサーさんやみなさんともっともっと仲良くなるにはどうしたらいいですか?」というもので、出演者同士でもっと仲良くなるには「ハグすればいいと思うよ!」と言う答えが出て、猛烈なハグ大会になった。

 そして、ファンのみなさんことプロデューサーさんと仲良くなるには「素敵な歌声で一緒に盛り上がればいいよ!!」という長谷川先輩からのアドバイスが。そして続いての曲、3人での「Thank you!」へ!! 元気いっぱいの歌声とパフォーマンス、そして「横浜いくよー!!」という伊藤さんのかけ声に、会場は全力のコールで応える。続けて、山崎さんの「すてきなキセキ」、田所さんの「Precious Grain」、伊藤さんが「透明なプロローグ」をソロで歌い上げた。3人ともたっぷりの声量と抜群の歌唱力。ダンスや曲間の呼びかけもうまく、がっちりと会場を魅了していた。

3人ともものすごく緊張していたということだが、目一杯、本番を楽しめたそうだ。伊藤さんの眼には感動の涙も浮かんでいた
「ミリオンライブ!」ゲストの3人もボードにサインとメッセージを書いた

 また、今回のツアーに出演したメンバーがステージ左右のボードにサインを入れるというイベントもステージ上で行なわれた。

講演直後に撮影したボード。このようにサインとメッセージが入れられている

 ここからはプロデューサーリクエスト曲のコーナー。リクエストの結果、浅倉さんと長谷川さんの両リーダーが歌ったのは「inferno」。迫力満点なバンドサウンドと真夏のツアーである今回にぴったりの楽曲だ。続けて、浅倉さんの歌う「何度も言えるよ」、沼倉さんの「Brand New Day!」、仁後さんの「キラメキラリ」、中村さんの「乙女よ大志を抱け!!」、長谷川さんの「マリオネットの心」と、パワフル&ポップな曲を中心にソロで繋げていく。ノンストップで炸裂するアップテンポ曲の連続に、会場のボルテージは限界突破! なかでもやはり「キラメキラリ」の破壊力は抜群で、このあたりから会場全体がコール&ジャンプで揺れ始めた。

 ライブも中盤にさしかかったところで、いよいよ坂上Pが登場! 割れんばかりの「ヘンタイ!!」コールに、「何度も言うけど、悪口はあかんぞ!?」と笑顔で応える坂上P。ここで新情報として、劇場版アニメ「アイドルマスター 〜輝きの向こう側へ!〜」の公開時期が、2014年初春に決定したことが発表された。また、テレビアニメ「アイドルマスター」の再放送もTOKYO MXとBS11で行なわれるということだ。

 最後に坂上Pは、「これからも、ゲーム、アニメ、ライブと活動を続けていきます。来る10周年に向けてね。幕張ライブでも何かお話ができたらいいな……」と新たな予感を匂わせて期待を高めて挨拶を締めくくった。

現在制作中の劇場版アニメ「アイドルマスター〜輝きの向こう側へ!〜」の公開予定が2014年初春と発表された。また、TVアニメ「アイドルマスター」も再放送される

 今後の展開への期待も高まって会場のエネルギーがフルになったところで、次の曲は若林さんの「いっぱいいっぱい」! 最初のサビから限界突破で割れんばかりの「いっぱいいっぱい!!」コールが響くなか、若林さんはステージ上を全力疾走!! ラストのサビでは「あなた達の声をもっと聴かせて!!」と檄を飛ばし、それに全力のコールが応える。今回も最高のライブパフォーマンスを見せた。

 まだまだパワフルな構成は続く。ここからは、シリアスな曲調のアップテンポ曲だ。今井さんの「arcadia」、原さんの「風花」、長谷川さんで「ショッキングな彼」を歌い上げた。会場の熱気がステージパフォーマンスをさらに高め、ダンスも歌声もさらに強く鋭くはじけていく。今回のライブは突き抜けるような凄みを見せていた。

 このパートのラストは、1度落ち着きを取り戻すかのように、浅倉さんが歌うしっとりとした「first step」。突き抜けた熱気がまだ残る会場を、浅倉さんの優しく伸びやかな歌声が包み癒やし、曲が終わるや、大きな拍手と大歓声が沸き上がった。

 最後は、765プロ8人で「カーテンコール」。アップテンポ曲の連続で構成していたライブだけに、時間があっという間に感じられたのだろう。元気いっぱいの歌声に、「まだ終わらないで」と言わんばかりの精一杯のコールが響いていた。

 もちろんこれで終わりではなく、恒例のアンコールが会場を包み込む。再度登場した765プロの8人で歌うのは「READY!!」! もはや欠かせない定番だけに、この日最高の盛り上がりを見せる。コール&ジャンプが会場を揺るがした。

 最後に、ゲスト出演の山崎さん、田所さん、伊藤さんら3人を加え、11人全員でご挨拶。ゲストの3人は初めての「アイマス」ライブのステージに立ったことの嬉しさと感動を語り、田所さんは感極まって涙し、1度メイクを直しにステージを退場するという場面も。その時は中村さんがしっかり場をつなぐフォロートークで、さすが頼れる先輩(?)の一面を見せていた。

 そして、この日のラストへ。歌うのは「THE IDOLM@STER」! 会場と一体となって、完全燃焼。新しい仲間を迎え、ますます広がる「アイマス」ワールド。そのパワーを元気いっぱいに開放したライブとなっていた。

若林さんはマイクを使わず生声で「今日はありがとうございました−!」と挨拶。伊藤さんは、黄色いサイリウムを用意してきていた人の多さに感動。田所さんは感極まって涙が……。1度メイク直しにステージを退場するという場面もあったが、中村さんがしっかりとトークでフォローした

 この日はライブ終了後に来場者だけのサプライズが待っていた。劇場版「アイドルマスター〜輝きの向こう側へ!〜」のガヤ収録(観客の声収録)が行なわれたのだ。アニメ版プロデューサーの赤羽根健治さんが登場し、音声さんがステージ中央にマイクをセット。「各キャラクターを名前で呼ぶ声」、「ファンの人それぞれが思う愛称で呼ぶ声(真なら「まっこまっこり〜ん」が多かった)」、「それぞれ好きなアイドルに声援を送っている声」、「アンコールの声」、「手拍子」、「うおおおお!!」という声が収録された。劇場版にどのように使われるのか、来場者には最高のプレゼントとなっただろう。

 ガヤ収録も終わったところで坂上Pが再度登場。最後に収録のお礼を言いつつ、締めへ。恒例の一本締めで幕を降ろした。終了後には、これまた恒例の「アイマス最高!」の声が会場を包む。夏らしい元気いっぱいのライブに、完全燃焼の1日となった。

【8月12日追記】記事初出時、出演者の記述に誤りがございましたので、訂正させていただきました。

公演終了……と思いきや、アニメ版プロデューサーが登場!劇場版アニメ「アイドルマスター〜輝きの向こう側へ!〜」のガヤ収録に協力してもらいたいというサプライズが待っていた。ステージに赤羽根氏が登場し、各種の音声を収録した

「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!@YOKOHAMA0804」公演データ&セットリスト

【開催日】 2013年8月4日
【場所】 パシフィコ横浜・国立大ホール

【出演】
中村繪里子(天海春香役) / 長谷川明子(星井美希役)
今井麻美(如月千早役) / 仁後真耶子(高槻やよい役)
浅倉杏美(萩原雪歩役) / 原由実(四条貴音役)
沼倉愛美(我那覇響役) / 若林直美(秋月律子役)

【ゲスト出演】

「アイドルマスター ミリオンライブ!」より
伊藤美来(七尾百合子役) / 田所あずさ(最上静香役) / 山崎はるか(春日未来役)

【セットリスト】

M1 神SUMMER!!(765プロ8人)

MC (765プロ8人)

M2 Valut That Borderline!(今井・浅倉)
M3 太陽のジェラシー(中村)
M4 I'm so free!(長谷川・原)
M5 愛LIKEハンバーガー(仁後・若林)
M6 MOONY(浅倉)

MC (765プロ8人)
MC「ミリオンライブ!」ゲスト登場

M7 Thank you!(山崎・田所・伊藤)
M8 すてきなキセキ(山崎)
M9 Precious Grain(田所)
M10 透明なプロローグ(伊藤)

MC (浅倉・長谷川・山崎・田所・伊藤)

M11 inferno(浅倉・長谷川)
M12 何度も言えるよ(浅倉)
M13 Brand New Day!(沼倉)
M14 キラメキラリ(仁後)
M15 乙女よ大志を抱け!!(中村)
M16 マリオネットの心(長谷川)

MC (長谷川)〜坂上P

M17 いっぱいいっぱい(若林)
M18 arcadia(今井)
M19 風花(原)
M20 ショッキングな彼(長谷川)
M21 first step(浅倉)

MC (浅倉〜765プロ8人)

M22 カーテンコール(765プロ8人)

アンコール

M23 READY!(765プロ8人)

MC(765プロ+ゲストの11人全員)

M24 THE IDOLM@STER(765プロ+ゲストの11人全員)

※以上敬称略

● 会場の展示物や物販の模様

会場の展示物や物販の様子。フロアには3DS「クマトモ」のクマも応援に来ていた。タスキには「ガミP公認アイマス応援隊」という手書きの文字が(クマトモが自分で書いたというテイストを守っているのだろう)。クマトモも訪れたアイマスファン(特に女性)に大人気だった

(山村智美)