ニュース

Xbox 360、ゴールド会員向けの無料ダウンロードキャンペーンをスタート

6月は「Joyride Turbo」、7月からは月2本ペースでXbox 360タイトルを無料提供

7月1日〜12月31日実施予定

日本の6月のタイトルは「Joyride Turbo」

 日本マイクロソフトは、米MicrosoftがE3 2013で発表したXbox LIVEゴールドメンバーシップ向けの優遇プログラムを日本でも実施することを明らかにした。実施期間は北米と同じ7月1日より12月31日までで、対象者は無料体験者を除くXbox LIVEゴールドメンバーシップユーザー全員。18歳以上限定のCERO Z指定タイトルの配信予定はなく、全ユーザーが参加できるプログラムとなっている。

 「Games with Gold 〜ゴールドで無料ゲーム」と名付けられた今回のキャンペーンは、次世代ゲームコンソールXbox Oneの発表に合わせて、これまでXbox 360を支えてくれたXbox 360ファンへの感謝の気持ちとして実施するもので、Xbox Oneの発売以降も、Xbox 360に引き続き力を入れていくことを示すニュアンスも込められている。

 E3の発表では、無料提供タイトルとして「Halo 3」や「Assassin's Creed II」、「Fable III」などのラインナップを挙げていた。また、地域ごとに提供タイトルは異なる場合があると説明されていたが、6月はE3を記念としたボーナスタイトルとして、北米では「Fable III」、日本では「Joyride Turbo」が選ばれている。

 「Fable III」は日本ではCERO Z指定のため外れてしまったものと見られるが、「Joyride Turbo」は「Kinect Joyride」のレースを手軽にゲームパッドでプレイできるようにしたXbox LIVEアーケードタイトルとなっている。Xbox LIVEゴールドメンバーなら無料でダウンロードできるので、未購入の方はこの機会に手に入れておきたいところだ。

 7月からは毎月2日と17日にXbox 360ダッシュボード上でタイトルが発表される予定としており、具体的なタイトルは当日になるまでわからない。Xbox 360ユーザーのさらなる活性化を促す策としてかなりの効果が期待できそうなキャンペーンだ。

【スクリーンショット】

(中村聖司)