ニュース

【E3 2013】見る人全員が笑うPS4タイトル「Octodad: Dadliest Catch」

操作性が悪すぎるタコ父さんの活躍! 爆笑、失笑、苦笑をもたらすヌルヌルアクション

6月11日〜13日開催(現地時間)

会場:Los Angeles Convention Center

 Sony Computer Entertainment Americaが発表した次世代機、プレイステーション 4。SCEAのブースではPS4のタイトルが様々に並んでいた。

 来場者はどんなゲームがあるのかと真剣な眼差しを送る中で、目の前を通り過ぎる誰もがゲラゲラ笑ってしまうタイトルがあった。それが「Octodad: Dadliest Catch」だ。というのもこのタイトル、うねうねとしたタコ父さんを操っていくアクションゲームなのだが、その操作性の悪さ、そしてタコ父さんを制御する物理エンジンの動きによって、Octodadは伸びたり縮んだり、あらぬ方向に体が捻れたりと、とにかく不可思議な動きをして笑いを誘う。

 インディーズ系タイトルの中でも一際印象深いこのタイトルを今回は取り上げたい。

【Octodad: Dadliest Catch - E3 Trailer | E3 2013】

歩行だけでストレス満載! 画期的なほどに操作できない手強いキャラクター

本人はそれなりに一生懸命なはずのOctodad
何が起きてものほほんとした表情

 「Octodad: Dadliest Catch」は、タコが背広を着ているという奇妙なキャラクター、Octodadを操って目的を達成していくアクションゲーム。今回の体験版では、どうやらOctodadの結婚式が開催されるようで、タキシードに着替え、花嫁の待つ式場まで行って結婚式を挙げるまでが目的となっていた。

 上記でも少し説明したが、「Octodad: Dadliest Catch」が特別目立っていたのは、その異様なまでの操作性の悪さにある。通常であればキャラクターの移動は左アナログスティックを倒したくなるところだが、今作では歩行操作が複雑で、L2を押し込む間は左アナログスティックで左足を移動でき、R2を押し込む間は右アナログスティックで右足を移動できる。

 つまりは左足のステップと右足のステップを繰り返して進んでいくのだが、歩くだけの作業なのに手順が多すぎるほか、Octodadは首すら座っていないフニャフニャの骨抜きっぷりなので、どうしても大雑把な制御しかできない。ちゃんと歩くことそのものが不可能に近いため、予想外の動きで思ってもいない場所へOctodadが動いてしまうというわけだ。

 ステージには机や椅子などのオブジェクトもあるが、Octodadの制御不可能の動きによって前に進むにはこれらをなぎ倒さざるを得ない。ただ歩いているだけなのに、Octodadにかかるととんでもない大ごとになってしまうのが、ひたすら滑稽な風景だ。通り過ぎた後には破壊風景が広がっているというわけで、なんとも迷惑なタコ父さんだ。

「どうしてこうなった」という言葉がこれほど似合うキャラクターもなかなか珍しい

思った場所に届かない右手も操作。伝説級のポテンシャルを感受

ニヤニヤしているようだがそんな場合ではない
台座は倒さざるを得ない運命にある

 本作のジャンルは、3人称視点のパズルアクションという名前が付けられている。パズルとは、指示されたアイテムをステージの中から探して目的の場所へ当てはめるというもので、これが非常に難易度が高い。もちろん、操作性の悪さによってだ(笑)。

 Octodadは歩行モードのほか、右手を操るモードがあり、右手モードに切り替えた時には右アナログスティックで手が伸ばせる範囲で周りにあるオブジェクトを掴んで持つことができる。何かを持ったまま移動できるようになっているので、例えば、ある鍵を掴んだまま右手を鍵穴まで持っていくと、ちゃんと鍵が開いて先の道へ進めるようになる。

 操作の中でもこの右手の扱いが最も厄介で、右手を伸ばしても目標のアイテムまで届かなかったりするので、ただでさえ上手く操作できないOctodadの位置を微調整するという作業が待ち構えている。

 しかし慣れてくると不思議なもので、左足を動かす作業、右足を動かす作業のコツがわかってくると段々とタコ父さんが言うことを聞いてくれるようになる。相変わらず多少は大雑把にならざるを得ないが、その調子でなんとかタキシードを着て、結婚式場までたどり着けた。

 さて、会場は厳かな場所である。花嫁のもとに向かっていくのだが、参列者もいるので粗相はあってはならないはずだ。しかしそこはOctodad、バージンロードに置かれた台座をガンガン倒して進んでいく。すると、参列者から一斉に視線を浴びせられる。視線は点線で表現され、いくつもの数がOctodadに集中している。ものすごい注目されている。

 ちなみにこの式場では、物を破壊したり参列者に体が当たると、ペナルティを受けて対応するゲージが下がるようになっていた。どうやら他人に迷惑をかけすぎると、ゲームオーバーになるシステムのようだ。

 その後花嫁のもとに行けたOctodadは、指輪を箱の中から探し出すという試練も乗り越えつつ、無事式を挙げることに成功した。

 実際のところ、どれだけ操作に苦労していてものほほんとした表情を一切変えないOctodadがかなり腹立たしいが、その分Octodadへの苦労ぶりはとても印象深いものがある。

 この後どんなストーリーが紡がれるのかは予測不可能だが、インパクトがありすぎるタコ父さんの珍道中は何気に気になるものがある。発売は2013年の終わりから2014年の初め。早ければPS4のローンチタイトルも狙えるということで、PS4初期における伝説をぜひとも作ってもらいたい。

バスケゲームに興じるOctodadはまだいいとして、なぜ冷蔵庫の中にいる……

(安田俊亮)