ニュース

海洋堂、「海洋堂フィギュアワールド」を5月GWに開催

フィギュア誕生30周年を記念した海洋堂独自のフィギュア企画展

5月2日〜5月7日開催予定

会場:東急百貨店 渋谷駅・東急東横店 西館8F催事場

入場料:無料

「海洋堂フィギュアワールド」イメージポスター
「カプセルQミュージアム」発表会で挨拶を行なう宮脇修一社長

 海洋堂は、ゴールデンウィーク期間中の5月2日から5月7日にかけて、東急百貨店 渋谷駅・東急東横店 西館8F催事場にて企画展「海洋堂フィギュアワールド」を開催する。入場は無料で、開催時間は10時から21時まで。最終日は17時閉場。

 「海洋堂フィギュアワールド」は、海洋堂のフィギュアメーカー30周年を記念して開かれるもので、フィギュア草創期のガレージキットの時代から、2013年1月より発売を開始したカプセルトイ「カプセルQミュージアム」まで、2,000点にも及ぶフィギュアを展示する。

 エントランスには、“センム”の愛称で知られる宮脇修一社長のプラモデルで囲まれた執務室を再現し、宮脇氏が映像で海洋堂の歴史や企画展のポイントを紹介する。

 会場は、ガレージキット、おまけフィギュア、カプセルミュージアム、テーマフィギュア、アクションフィギュア、カプセルQなど、カテゴリ別に複数のゾーンに分け、当時の貴重なフィギュアを展示する。

 そのほかにも「海洋堂造形師列伝」として、BOME氏や松村しのぶ氏といった海洋堂所属の造形師にフォーマスを当てた展示も行なわれる。物販ゾーンでは、会場に展示されたフィギュアの一部を購入することができる。中でも「カプセルQミュージアム」は、会場限定で、これまでに発売された全種類のカプセルマシーンを用意するという。

(中村聖司)