ニュース

開催間近! 「超会議2」の「超ゲームエリア」の開催概要の一部が明らかに!!

4月27日〜28日 開催

会場:幕張メッセ 1〜8ホール、イベントホール

入場料:1日券 1,500円(前売)、2,000円(当日)

通し券 2,500円(前売)
優先入場券 1,500円(1日券)、2,500円(通し券)先行販売のみ

 ドワンゴおよびニワンゴは、4月27日と28日の2日間にわたってイベント「ニコニコ超会議2」を開催する。会場は、幕張メッセ1ホールから8ホールとイベントホールを使用。入場料は1日券が前売り1,500円、当日2,000円、2日通し券が前売り2,500円。先行販売のみとして、優先入場券の1日券が1,500円、通し券が2,500円となっている。

 「ニコニコ超会議」は、“ニコニコ動画のほぼ全てを地上で再現する”をコンセプトに開催されるイベントで、第1回目は会場来場者数92,384人、ネット来場者数3,470,766人を記録した。イベントの内容は多岐にわたるが、ゲーム関連イベントも多数用意されている。

 「超ゲームエリア」では、大きく「超ゲーム大会エリア」、「超ゲーム実況エリア」、「超アナログゲームエリア」、「超アミューズメント」、「超すれちがい」といった企画が予定されている。

超ゲーム大会エリア

 ゲーム大会やゲスト陣によるトークイベント、実況プレイなどが楽しめるエリア。イベントは次の通り。

・ニコニコ超選手権2013 決勝戦
 「ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2」と連動するウェブサイト「ポケモングローバルリンク」による選手権の予選を勝ち抜いた上位4名を招待して決勝戦が行なわれる。

・ニコニコゲームマスター3
 世界中で人気のサンドボックス型ものづくりゲーム「Minecraft」を使ったゲーム大会。開発元のMojang(スウェーデン)より特別審査員が参加する。

・Xbox 360オンライン対戦フェスティバル
 Xbox 360の「Halo 4」と「Gears of War: Judgment」で、「M.S.S Project」をはじめとするニコニコ動画で人気のゲーム実況ユーザーたちが対決。

・「ドラクエX」スペシャルステージ
 「ドラゴンクエストX」の齊藤陽介プロデューサーによるトークとゲームプレイを行なうスペシャルステージ。次回大型アップデートの情報も公開。ゲストは川上量生氏。

このほかにも、格闘ゲーム大会の開催がほぼ決定。

超ゲーム実況エリア

 ニコニコ動画の人気ゲーム実況プレイユーザーによるゲーム実況プレイが間近で見られるエリア。「『進撃の巨人』オンラインゲーム&TVアニメステージ」には、アンガールズの田中卓志さんも出演。

・60分ぶっ通しゲーム実況
 「M.S.S Project」や「セピア」、「コジマ店員」、「P-P」、「レトルト」といったニコニコ動画で活躍するユーザーが登場し、様々なゲームの実況プレイを行なう。

 「スペランカー」のゴールタイムを競う「みんなでスペランカー」や、スポーツゲームで対決する「スポーツコネクション」、400以上の投稿から頂点の自作ゲームを選出する「ニコニコ自作ゲームフェス授賞式」など開催予定。

 また、「『進撃の巨人』のオンラインゲーム&TVアニメステージ」では、ゲストとしてアンガールズの田中卓志さん、声優の石川由依さん、三上枝織さんらが登場し、トークやゲームプレイを行なう。

・みんなでゲーム実況
 「風来のシレン4シリーズ」、「Call of Duty:Black Ops II」を使ったゲーム実況プレイが行なわれる。

 「風来のシレン4シリーズ」では救助モードを使用したRTAイベントが開催され、一般来場者もニンテンドーDSもしくはPSPのソフトとハードを持参すれば参加することが可能。

 「Call of Duty:Black Ops II」では、来場者とゲストでローカル対戦を行なうことができる。

・超・嘘つき村の人狼
 最大300人という大人数による世界最大規模の人狼イベントを開催。

超アナログゲームエリア

 来場者とゲスト、あるいは来場者同士でアナログゲームを楽しむことができるエリア。現在のところ、「ポーカー」、「ワンナイト人狼」、「麻雀」を予定しており、麻雀には梶本琢程や鈴木達也などプロ雀士が、ポーカーには全日本ポーカー選手権のチャンピオンのマサシロウが登場する。また、人狼を5分で遊べるようにした「ワンナイト人狼」コーナーでは、詳しいユーザーが遊び方をレクチャーする。

超アミューズメント

 ネットワーク対応ダーツマシン「DARTSLIVE2」、ニコニコ版プリクラ「ニコプリ」を設置。「ニコプリ」では超ゲームエリアだけのオリジナルフレームを多数用意。また、「超リアルマインクラフト」では「Minecraft」のブロックをリアルに再現し、自由に組み立てて遊ぶことが可能となっている。

超すれちがい

 携帯ゲーム機の通信機能を使うためのエリア。推奨タイトルは「ポケットモンスターブラック2」、「ポケットモンスターホワイト2」、「ドラゴンクエストVII」、「ドラゴンクエストX」。「ドラゴンクエスト」では、キャラクターデータや石版の配信も行なわれる。

(船津稔)