最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

相模屋食料、今度は「鍋用!ズゴックとうふ」!

「ザクとうふ デザート仕様」も期間限定で発売


10月3日より 順次発売(鍋用!ズゴックとうふ)
10月3日〜11月30日 発売(ザクとうふ デザート仕様)

価格:オープン



タレントの磯山さやかさん、鳥越社長、池田秀一さんが発表会に登壇した

 相模屋食料株式会社は、「機動戦士ガンダム」とのコラボレーション商品第2弾として「鍋用!ズゴックとうふ」と、140万丁(機)を発売した「ザクとうふ」の新味「ザクとうふ デザート仕様」を10月3日より関東のスーパーマーケットおよびショッピングモールなどで順次発売する。価格はいずれもオープン。実勢価格は約200円前後となる予定。

 「次の戦場は、鍋だ!」ということで登場する「鍋用!ズゴックとうふ」は、「ザクとうふ」が“枝豆”をイメージした味付けだったのに対し、「ズゴック」をイメージした“ほんのり昆布風味”。鍋料理に使っても煮崩れしにくく仕上げてあり、1人鍋でも楽しめるサイズにまとめられている。容器は水面から様子を伺うズゴックをイメージし、角度を25.9(ズゴック)度前傾させたものを採用。

 また、「ザクとうふ」で数量限定アイテムとして付属した「ヒート・ホーク・スプーン」に続き、「ズゴック・クロー・フォーク」を数量限定アイテムとして付属する。「ズゴック・クロー・フォーク」はズゴックの「アーム・クロー」をイメージしたパーツにより、自立するのも特徴となっている。


数量限定で「ズゴック・クロー・フォーク」が付属する
【ジオラマレシピもさらにパワーアップ】
ズゴックキムチ鍋〜熱帯沼地戦〜 ズゴックよせ鍋〜ベルファスト〜 ズゴック豆乳鍋〜北極戦線〜

 一方、「ザクとうふ デザート仕様」は、バニラテイストに仕上げた、まさにデザートタイプのとうふ。容器の色もクリアタイプとし、中身のクリーム色を目立たせている。こちらは10月3日〜11月30日の期間限定で発売となる。「ザクとうふ」は「デザート仕様」の販売中は生産を集中するため販売休止とし、12月から再び生産される。

 発表会では、相模屋社長・鳥越淳司氏が登壇。「ザクとうふ」に続き、「ズゴックとうふ」でも、前傾ポーズを再現するパッケージに対するこだわりなどを語った。また、「ザクとうふ」同様、同社が制作したプロモーションビデオを上映。前回は永井一郎氏のナレーションだったが、今回は銀河万丈氏によるジオンの視点からのものになっている。公式サイトで公開されているので、ぜひご覧頂きたい。

 トークショーには名誉ゲストとして池田秀一氏、そして磯山さやかさんが登壇。「ズゴックとうふ」を試食した池田さんは「さらにできるようになったな、相模屋」とシャアの声で感想を、磯山さんも「おいしい!」と笑顔を見せた。「ザクとうふ デザート仕様」では、磯山さんが「あまーい! おいしい」と一口どころか半分程度を食べるほどの気に入りようで、「成分は豆腐なので、イソフラボンも取れて健康的ですよね」と、単なるデザートでは終わらない本製品の魅力を語っていた。

 前回の発表会で「これを肴に一杯やりたい」というコメントが今回の「ズゴックとうふ」に活かされたという池田さんは、これまた前回同様「次はひとつ、赤いやつをぜひ」とアピールしていた。


【プロモーション映像】

(C)創通・サンライズ

(2012年 10月 2日)

[Reported by 佐伯憲司]