最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】
【東京ゲームショウ2012 特別レポート】

オール北海道で臨む「北海道パビリオン」レポート

アンデッド系アイドル、貧乳キャラ、初音ミクが並ぶ不思議なコーナー


9月20日〜23日 開催(20日、21日はビジネスデイ)

会場:幕張メッセ

入場料:1,000円(一般/前売り)、1,200円(一般/当日)、小学生以下は入場無料



 東京ゲームショウ2012の「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」の一角に、「北海道パビリオン」として複数の企業が出展しているブースがある。IT企業の誘致を進めている北海道と、その現地企業が共同で出展しているコーナーだ。昨年も同様の形で出展していたが、今年は北海道情報大学も参加し、文字通り産官学一体での活動になっている。

 昨年はゲーム関係の企業がそれぞれの強みを紹介するという状態だったが、今年はスマートフォンゲームコーナーへの出展を意識し、モバイルゲームに力を入れている企業を集めたという。また「オール北海道」で臨む姿勢を見せるため、外せない企業として「VOCALOID」のクリプトン・フューチャー・メディア株式会社に声をかけたところ、快諾してもらえたという。クリプトン自体はゲームを出している会社ではないが、「初音ミク」関連のゲームは今回も数社で出展があるだけに、1つのトピックスと言えるかもしれない。

 ともあれ本稿では、「北海道パビリオン」の出展の中から、主にゲーム関連の情報をご紹介していく。




■ ハートビット

 「北海道パビリオン」の中で、唯一単独のコマを取って出展しているのが、株式会社ハートビット。フィーチャーフォンの時代から着せ替えコンテンツに強く、現在はスマートフォン向けにアニメキャラクターものの着せ替えコンテンツを配信する「スマ☆キャラ」を提供している。

 最近はそれに留まらず、スマートフォン向けのアプリも展開。海外のゲームアプリをローカライズして日本で配信するパブリッシング事業も開始している。会場には配信前(ローカライズ中)のタイトルも2本出展されていた。

 1つは「アサルター」という横スクロールアクション。対テロの特殊部隊員となり、襲い掛かってくるテロリストを倒していくというもの。操作はタッチした方向にキャラクターが動くという仕組みで、前後だけでなく上をタッチすればジャンプする。攻撃用のボタンすら見当たらないが、画面内に敵が現われると、近い敵に向けて自動的にマシンガンを発射する。見た目が派手な割には操作がとてもシンプルにまとめられたアクションゲームだ。



 もう1つは「Devil Chaser」という、韓国で作られたタワーディフェンス風のゲーム。敵陣から自陣へと3つのラインが用意されており、そのラインに沿って敵陣から出てきた敵が自陣へと向かってくる。プレーヤーはそれを迎撃するユニットを生産して対処する。ただこのゲーム、敵だけでなく味方ユニットもどんどん前進する。敵を倒して敵陣へと進み、さらに敵陣を攻撃すれば勝利となる。ディフェンスゲームではなく対戦ゲームの形に仕上がっている。



 ブースにはこのほか、同社が作ったキャラクター「フランチェスカ」の姿も。「アンデッド系アイドル」という、一見すると可愛いのに事あるごとに体がバラバラになるキャラクター。プロモーションムービーも作られており、楽曲は札幌の同人音楽サークル「IOSIS」が制作した。さらに「フランチェスカ」と札幌名物「月寒あんぱん」のコラボも予定されているなど、ご当地アイドルとして着々と売り出し中。


 




人気アニメキャラクターの着せ替えコンテンツに並んで、フランチェスカもちゃんと用意されている
北海道のご当地商品とのコラボも。ご当地“ゆるくないキャラ”の「メロン熊」のアプリも開発中



■ メディアマジック

 株式会社メディアマジックは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などを手がけるGAINAXのモバイルコンテンツを数多く手がけてきた企業。長らくフィーチャーフォン向けのサービスを展開しているが、スマートフォンの普及に伴って、そちらへのコンテンツの提供も始めている。

 会場ではスマートフォン向けのアプリとして、「新世紀エヴァンゲリオン」の花札や、スライドパズルゲームが出展されていた。このほかモバイルサイトの運営ツール「ケータイスタジオ」や、掲示板の監視システム「コミュニティキーパー」といったBtoBのビジネスも紹介されていた。


「新世紀エヴァンゲリオン」をモチーフにしたユニークなデザインのアプリを提供している



■ ジースタイル

 株式会社ジースタイルは、ゲーム開発のほかにCGやデジタルコンテンツの制作も手がける企業。昨年も「北海道パビリオン」の一員として出展していた。

 今年はニンテンドー3DS用のダウンロードソフト「超高層建造計画ビルディンガー」というパズルゲームを出展。これは実は昨年「バランスタワー」という名前で出展されたものが、開発が進んで名前が変えられたもの。空から降ってくる様々なものを綺麗に並べて、崩れないように積み上げていく。物体の動きは物理演算されており、積み上げに失敗したものがリアルに落ちて崩れていくところも1つ見所ではある。

 以前はひたすら高く積み上げていくというゲームだったが、今回は戦隊モノのようなノリが加わり、悪の建設会社とビル建築で戦うというストーリーが展開される。最終的には宇宙に飛び出していくという破天荒な展開も待っているそうだ。2012年冬配信予定で、価格は800円の予定。


落ちてくるものを崩れないように一定量並べ、さらに一定の高さまで到達すればクリアとなる。ストーリーも面白いものになりそうだ



■ アジェンダ

 株式会社アジェンダは、ゲームソフトからビジネスソフト、システムソリューションまでソフトウェア開発を幅広く手がける企業。最近はスマートフォンアプリの自社展開も始めている。

 先日同社が配信したAndroid用アプリ「貧乳のブルース」は、胸の小さな女性を題材にしたユニークなアプリで、いくつかのミニゲームを収録したものとなっている。絵柄の異なる2種類のアプリが用意されており、ゲーム好きで萌えキャラにも抵抗がない方には「さおりん編」、より一般向けな絵柄を好む方には「こまっちゃん編」とターゲットを分けて個別に配信されている。

 会場では、追加配信されるゲームの先行配信版を体験できた。「ちちしわけ」というミニゲームでは、左右から走り出てくる女の子を、胸の大きさによってA、B、D、Fの4つに“仕分ける”というもの。Fの中には胸が揺れない「ニセ胸のA」も混じっており、その違いを素早く見分けられるかどうかがポイント。

 他にも、彼氏が胸が小さいことを揶揄した時には顔をスワイプしてビンタ、愛の言葉を囁いた時にはタップして愛情表現、といったゲームも収録。遊んでいる本人は結構真剣に見ていないと間違えてしまうので、横で見ているほうが面白いタイプのゲームかもしれない。ちなみにiOS版の展開については、「内容的にアップルの審査が……」だそうだ。


“貧乳”というテーマも、彼氏をビンタしまくるというゲーム内容も、人によってどう見るかが分かれそうなアプリ。筆者はいろんな意味で大丈夫です



■ ザイザックス

 ザイザックス株式会社は、モバイルゲームの開発・運営を行なう企業。今回は近日配信予定の新作として比較的カジュアルな「ハニーガーデン」と、ダンジョン探索型のブラウザゲーム「モレウパヨカ」いう2本のゲームを出展した。

 「ハニーガーデン」は、蜂の巣から新しい蜂を生まれさせて、蜂蜜を集めるというゲーム。時間経過によって、蜂蜜を持つ蜂が生まれてくるので、指でなぞるようにして蜂蜜を集める。蜂蜜はこのゲームの中ではお金のような存在で、アイテムの購入などに使う。こうして蜂蜜を集めて世界各地を巡り、時々生まれるレアな蜂をコレクションするというゲームになっている。

 「モレウパヨカ」はブラウザ上で動作するソーシャルRPG。フィーチャーフォンには対応せず、スマートフォン専用ゲームとしてHTML5で制作されている、特徴的なのはダンジョン内の移動操作で、ダンジョンのビジュアル部分をスワイプすると、その方向へ移動できる(方角アイコンをタッチしてもいい)。他の部分はまだ開発中だが、正式版では攻撃メニューなどももっとビジュアル化したものにするそうだ。オンラインゲームになっており、他のプレーヤーとダンジョンを探索することも可能だという。


蜂蜜を集めて世界を巡る「ハニーガーデン」
HTML5によりアプリのようなスワイプ操作が可能な「モレウパヨカ」



ハ・ン・ドは数々のゲーム開発実績を持つ札幌の企業。現在は東京支社も置いている老舗のデベロッパーで、今回はビジネス寄りの出展 データハウスビーグルは、過去に自社でローカライズしたPC向けの「スタートレック」のゲームをスマートフォン向けに展開。中には日本未発売のタイトルもある。今回は動画のみの出展
「初音ミク」を始めとした「VOCALOID」で知られるクリプトン・フューチャー・メディア。自社でゲームは展開してないため出展物はなし 北海道情報大学は、講義やゼミで制作したというゲーム作品や、シリアスゲーム教材を展示

(2012年 9月 23日)

[Reported by 石田賀津男]