最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】
【東京ゲームショウ2012 特別レポート】

「東京ゲームショウ2012」開幕! Wii Uの試遊台も! 存在感が増すスマートフォン

「モンスターハンター4」、「龍が如く5 夢、叶えし者」、「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」など話題作もズラリ


9月20日〜9月23日 開催(20日、21日はビジネスデー)

会場:幕張メッセ1〜8ホール

入場料:前売り1,000円、当日1,200円、小学生以下無料



コーエーテクモゲームスのブースでは、Wii Uの「無双OROCHI2 Hyper」と「三國志12」の試遊台が出展されている

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)主催による、国内最大のゲームイベント「東京ゲームショウ 2012」が、幕張メッセにて開幕した。会期は9月20日から23日までの4日間で、22日と23日の2日間が一般公開日となる。入場料は、当日1,200円、小学生以下無料。

 昨年は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントがPlayStation Vitaのローンチを控え、多数の試遊会を展開し大きな話題を集めた。今年はこの年末にWii Uが発売されるが、任天堂は今年も出展していない。しかし、株式会社コーエーテクモゲームスが「無双OROCHI2 Hyper」と「三國志12」の試遊台を出展している。いち早く新ハードで遊んでみたい人にはお勧めだろう。また、バンダイナムコゲームスブースでも「鉄拳タッグトーナメント2 Wii Uエディション」が試遊可能。試遊はできないが、スクウェア・エニックスのブースではWii U版、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のプレゼンテーションも予定されている。

 しかし、実は人気シリーズの最新作が数多く出展されることがゲームファンにとっては嬉しいことの1つだろう。「モンスターハンター4」、「龍が如く5 夢、叶えし者」、「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」など話題の大作がずらりと並ぶ。もちろん、それぞれ多くの来場者が詰めかけるだろうから、お目当ての作品があれば真っ先に並んだ方がいいだろう。また、「モンスターハンター4」などは整理券が必要となる場合があるので、チェックしておいていただきたい。

 また、5ホール南側から6ホールにかけ、GREE、gloopsをはじめ、スマートフォンコーナーなど、スマートフォン向けのコンテンツが多数展示されている。大手メーカーのブースでも多数の新作ゲームが展示されており、スマートフォンコンテンツは確実に増えていると言えるだろう。ソーシャル系のゲームでは、アイテムの配布なども行なわれており、一般公開日は多くの人でごった返すだろう。色々情報をチェックして来場いただきたい。


初日から大勢の来場者でごった返しているカプコンブース。特に「モンスターハンター4」のコーナーは大変なことになっている KONAMIのブースではカードの配布なども行なわれており、やはり大盛況となっている
GREEのブースは昨年と同規模だが、ゲームショウの中では最大規模の出展となっている 携帯コンテンツが集められている一角に出展しているgloopsのブース
SCEJのブースでは、PS Vitaの話題作「ソウル・サクリファイス」をプレイすることが可能 レベルファイブのブースはステージはなく試遊台のみと言うストイックな展開
バンダイナムコブースは入り口に向けて大きなステージが組み上げられており、来場者にアピール。こちらは裏側からの写真 セガブースは「龍が如く5 夢、叶えし者」と「ファンタシースターオンライン2」に大きく場所を割いている
ある意味今回のゲームショウの目玉的ブースでもあるブシロード。真ん中にでんとリングが設営されている! スクウェア・エニックスブースで2つのは大きなステージが組まれ、大きなスクリーンで映像が流されている

(2012年 9月 20日)

[Reported by 船津稔]