最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

Apple、「iPhone 5」を発表。予約開始は9月14日、発売は21日

iPod touch/nanoも最新世代のモデルを発表



9月13日 発表


 米Appleは、9月13日の午前2時より始まった「Apple Special Event September 2012」にて、「iPhone 5」、「iPod touch(第5世代)」、「iPod nano(第7世代)」を発表した。




「iPhone 5」はディスプレイが16:9にワイド化

「ブラック&スレート」と「ホワイト&シルバー」

 新型のiPhoneは、名前はストレートに「iPhone 5」と発表された。最も大きな変更はディスプレイサイズの変化。4インチ(対角)でアスペクト比が16:9になった。

 iPhone 5のディスプレイは、1,136×640ピクセル、解像度326ppi(picel per inch)。iPhone 4Sのディスプレイは「3.5インチ(対角)960×640ピクセル、解像度326ppi」だったので、解像度は変わらないが横に長くなり、ピクセル数が増加している。

 ちなみに、これまでのアスペクト比3:2で全てのアプリケーションが作られていたが、この16:9になったiPhone 5では、左右に余白を付ける形で対応。そのまま使用できる。

 これに伴い本体サイズも変化。画面の縦が長くなった(縦持ち時)ぶん、筐体も縦長になった。また、厚みはiPhone 4Sの9.3mmから7.6mmになり、18%薄型化。重さも、iPhone 4Sの140gから112gになり、20%軽くなっている。縦長で、薄く、軽くなった。

【iPhone 5】 【iPhone 4S】

Retinaディスプレイ 4インチ(対角)
1136×640ピクセル/326ppi
高さ:123.8mm
幅:58.6mm
厚さ:7.6mm
重量:112g

Retinaディスプレイ 3.5インチ(対角)
960×640ピクセル/326ppi
高さ:115.2mm
幅:58.6mm
厚さ:9.3mm
重量:140g


 本体のデザインも変化。iPhone 4Sでは両面の全体がゴリラガラスだったが、iPhone 5の背面は、「上下がゴリラガラス素材、中央部はアルミ素材」となった。それにより見た目も黒(上下)とグレー(中央)のツートンカラーになっている。ブラックモデルでは、側面がシルバーだった部分もブラックに。

コネクタが「Lightningコネクタ」となり、大幅に小型化された、また、裏表のないリバーシブルコネクタになっている

 ドックコネクタ形状も「Lightningコネクタ」に変更。これまでのコネクタよりも80%小型化した。ほぼUSBのコネクタに近い形状になっている。また、表裏がないリバーシブルコネクタで、向きを意識せずに挿せるのもポイント。これまでのドックコネクタとケーブル用に、変換アダプターも発売される。

 通信機能では高速な通信である「LTE」(ロング・ターム・エボリューション)に対応。

 CPUには最新のA6コアを搭載(iPhone 4SはA5)。A5コアより2倍速く、グラフィックス性能も約2倍高いという。アプリケーションの動作(起動など)もそれにともない、1.7倍〜2倍ほど速くなる。

 バッテリーは3G/LTEともに通話8時間。3Gブラウズが8時間にアップ、WiFiデータ通信10時間、軒並みiPhone 4Sより長持ちするようになった。LTEデータでも8時間連続駆動するという。

 Wi-Fi機能は802.11b/g/nで、iPhone 4Sとの違いとして、新たに5GHz帯の周波数に対応(iPhone4Sは2.4GHz帯のみ)。これにより、最大で150Mbpsの速度が出るようになった。

 価格は、199ドル(16GB)、299ドル(32GBモデル)、399ドル(64GBモデル)となっており、iPhone 4Sと同じ。予約は9月14日より開始され、出荷は9月21日より。日本での取扱はソフトバンク、KDDIが行なう。ソフトバンクとauのどちらも、9月14日の16時から予約の受付を開始予定。

 カラーバリエーションは「ブラック&スレート」と「ホワイト&シルバー」の2種類。

 また、セッションではElectric Artsのゲームアプリも紹介。iOSのレースゲームの中でも定番タイトルとなっている「Real Racing 3」を披露した。こちらは年内に提供されるとのこと。

 このほか、iPhone 5にはまだまた新たな機能や特徴がある。まず、iSightカメラ。800万画素で、レンズ部分にサファイアクリスタルという素材を採用し、傷により強くなった。写真はよりクリアに撮影可能になり、暗所撮影も強化された。カメラの起動も40%高速化。

 パノラマ撮影機能も搭載。横に長く、最長のサイズで2,800万画素の写真が撮影できる。動画は1080p撮影。動画を撮りながらの静止画撮影も可能になっている。さらに、撮影した写真をアップロードして共有する「フォトストリーム」機能を搭載する。フロントカメラは720pのいわゆるHD解像度になり、顔認識機能も搭載した。

左から順にiPhone5、iPhone4S、iPhone4が並んでいる画像。縦が長くなったことが一目瞭然 横に動かしながら撮影することでパノラマ写真も撮影可能


「iPod touch(第5世代)」はiPhone5の機能に追従。カラーは5色

「iPod touch(第5世代)」はiPhone 5にひけをとらないスペックや機能を持ちつつ、iPod nanoのようにカラフルに

 iPod touchも最新世代のモデルが発表された。おおまかに言うとiPhone 5の進化に追従したもので、ディスプレイが4インチのアスペクト比16:9に。

 筐体デザインもベースはiPhone 5に近いが、iPod touchはもう少しカラフルで、iPod nanoのカラーリングのように、フチから側面、背面全体へとカラーがついている。カラーバリエーションは5色あり、背面にはストラップを付ける丸いフックがあって、ストラップも本体カラーにあわせたカラーリングのものが用意される。

 筐体サイズは、123.4×58.6×6.1mm(高さ×幅×厚さ)で、重量は88gと、iPhone 5と高さや幅は同じなものの、より薄く、軽量。

 内部にはA5チップを搭載。Wi-Fi通信は5GHz帯のデュアルバンドに対応。カメラ機能はiPhone 5同様にサファイアクリスタルを使用しており、パノラマ撮影機能もあるなど、ほぼ同等のものとなっている。また、iPhotoも使えるようになって、写真を加工できるようにもなった。ビデオ再生・撮影機能もiPhone 5と同等なものを備えている。

 バッテリー持続時間は音楽再生が最大40時間、ビデオ再生が最大8時間。Appleストアでの予約注文は9月14日から。価格は32GBモデルで24,800円より。

「iPod touch(第5世代)」は、大きさはiPhone 5同様だが、薄く、軽い


「iPod nano(第7世代)」はクレジットカードサイズで、7色のカラーを用意

iPod nanoは7色のカラーバリエーションが用意される

 新型iPod nanoも発表。2.5インチ(対角)のワイドスクリーンマルチタッチディスプレイを搭載し、240×432ピクセル、解像度202ppi。マルチタッチのディスプレイで、ディスプレイ上には丸形のアイコンが6個並ぶ。

 筐体サイズは小さく、縦横はクレジットカードサイズ。詳細な数値では、76.5×39.6×5.4mm(高さ×幅×厚さ)で、重量は31gとなった。

 ビデオ再生機能があり、Bluetoothにも対応。コネクタはiPhone 5と共通の「Lightningコネクタ」を採用している。バッテリーは、オーディオ再生が最大30時間、ビデオ再生が最大3.5時間。

 筐体のフチから側面、そして背面全体と色がついていて、7色のカラーリングバリエーションが発売される。Appleストアでの予約注文は9月14日から。価格は16GBモデルで12,800円。

より小さく、薄くなった「iPod nano(第7世代)」

【追記】ソフトバンクとKDDIの予約受け付け開始時間予定が公開されましたので、追記しました。


(C) 2012 Apple Inc. All rights reserved.

(2012年 9月 13日)

[Reported by 山村智美]