最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

米Amazon、ゲーム開発スタジオAmazon Game Studiosを設立

第1弾ソーシャルゲーム「Living Classics」の配信を開始


8月6日サービス開始(現地時間)

利用料金:無料(アイテム課金制)



 米Amazonは現地時間の8月6日、ゲーム開発スタジオAmazon Game Studiosを設立し、ゲーム事業に本格参入することを明らかにした。これに合わせて、第1弾タイトルとなるFacebook向けソーシャルゲーム「Living Classics」のサービスを開始した。提供言語は英語のみで、ビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金制。

こちらがゲーム画面

 「Living Classics」は、「不思議の国のアリス(Alice in Wonderland)」、「オズの魔法使い(The Wizard of Oz)」、「キング・アーサー(King Arthur)」などの古典童話の世界観をモチーフにした謎解きアドベンチャーゲーム。プレーヤーはキツネの家族の案内に従い、アニメタッチで描かれた独特の質感の世界で、様々な手助けをしていくことになる。

 具体的には、静止画の一部に動くオブジェクトが含まれており、それを素早く見つけ出し、クリックしていく。Amazon Game Studiosでは、これを“ムービングオブジェクトゲーム”と呼んでおり、マウスさえ操作できれば子供でも楽しめる内容となっている。

 Amazonは近年、PCタイトルのダウンロード販売を始めたり、基本プレイ無料のオンラインゲームの課金決済代行を行なうなど、ゲーム関連事業に力を入れていた。今回の発表は、ゲーム事業そのものであり、ZyngaやElectronic Artsのライバルとして正式に名乗りを上げたことになる。

 同社では今後の展開については一切明らかにしていないが、Amazon Game Studiosの公式サイトでは、ゲームの紹介に合わせて同時に人材募集も呼びかけており、今後も事業を拡大していく方針を明確にしている。今後の展開が注目されるところだ。

【「Living Classics」トレーラー】

【スクリーンショット】
子供でもすぐに理解できるゲームデザインが秀逸。新感覚の謎解きゲームだ

(2012年 8月 7日)

[Reported by 中村聖司]