最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

角川ゲームス、PS3/Xbox 360「LOLLIPOP CHAINSAW」
イメージガールの川本さんとジェシカさんが編集部を訪問
日米ジュリエットが秋葉原イベントをアピール(ミニグラビア+動画つき!)


5月19日 開催予定

会場:ソフマップ アミューズメント館
   ワンフェスカフェ


 株式会社角川ゲームスは、6月14日に発売を予定しているプレイステーション 3/Xbox 360用ハッピー・ゾンビエンターテインメント「LOLLIPOP CHAINSAW(ロリポップチェーンソー)」のイベント「LOLLIPOP CHAINSAW プレミアムグッズプレゼント大会」を、5月19日に東京の秋葉原にて開催する。

 今回、主人公ジュリエット・スターリングの日本版イメージガールである川本まゆさんと、アメリカ版イメージガールであるジェシカ・ニグリさんが編集部を来訪。「LOLLIPOP CHAINSAW プレミアムグッズプレゼント大会」は「ソフマップ アミューズメント館(14時〜)」と「ワンフェスカフェ(16時〜)」」の2店舗で実施される。プレゼント抽選会には、会場で配布される参加券を手に入れた人が優先して参加できる。各会場ともイメージガールの無断撮影は禁止とされているが、イベント中に別途撮影タイムが設定される予定。日米ジュリエットの揃い踏みは、今後あるかどうか定かではない。本作に興味がある人やファンの方々は、ぜひぜひこの機会にぜひ各会場を訪れていただきたい。

 川本さんとジェシカさんは、主人公ジュリエットよろしく見目麗しいチアガールコスチュームで颯爽と登場! 今回のイベントのために北米から空輸したという小道具のチェーンソーもさることながら、よく見るとおふたりが着用しているコスチュームのデザインが日本版と海外版だったりと、その徹底したこだわりに「角川ゲームスさん、気合入ってるなぁ!」と唸らされる。何はともあれ、まずはおふたりのミニインタビューをお届けしよう。




■ 川本さんとジェシカさん“ダブルジュリエット”スペシャルインタビュー!

ジェシカ・ニグリさん
川本まゆさん

GAME Watch編集部: ジェシカさんはアメリカのゲームサイトのジュリエット・コンテストで優勝されたそうですが、応募しようと思った動機は?

ジェシカ・ニグリさん(以下:ジェシカさん) 実は、コンテストが始まる前からジュリエットのコスチュームを自作していたんです。コンテストが行なわれるというニュースを聞いたとたん、すぐに応募しました。ですから、コンテストのほうが後で、私のほうが先です(笑)。

編: 川本さんは、やはりオーディションという形ですよね。

川本まゆさん(以下:川本さん) はい、「ゲームのイメージガールを探している」とマネージャーさんから連絡があって「どういうゲームかな?」と思って動画を見たら「(ゾンビを)倒す」ゲームでした。応募条件に「脚が奇麗な人」と書いてあって。空手をやっているので(脚は)そんなに奇麗ではないなと思ったんですけど、強さで頑張ろうと思ってオーディションでも極真空手の型をやったりとか。「自分の身体の好きなポイントは?」ときかれて「たくましい脚!(笑)」といって合格しました。

編: ジュリエット役が決まった際、周囲の反応はいかがでしたか?

ジェシカさん (拍手するジェスチャーを交えつつ)凄く褒めてくれました。家族や友だちは「あなたがやらなきゃダメよ!」といってくれたくらいなので、優勝したときはたくさんのお友だちがお祝いしてくれました。

川本さん 今までこういうイベントなどの仕事をしたことがなかったので「どうすればいいんだろう?」という不安もあったんですけど、新しいことをやる楽しみもありました。合格したことで、ゲームについて調べてみようと。凄く面白そうだなと思って、ゲームが好きな弟に話をしたら「じゃぁ、友だちに広めて色々な人にやってもらう!」って喜んでくれて、凄く嬉しかったです。

編: ゲームの内容は結構過激ですが、その点に抵抗はありませんでしたか?

川本さん 実際にやらせていただいたら、キラキラしたエフェクトやハートマークとか、コスチュームも本当にかわいいのがたくさんあって、誰でも楽しめるゲームなんだなって思いました。

編: ジェシカさんの公式サイトを拝見しましたが、これまでにも多数のゲームキャラクターのコスプレをされていますね。過去にやったコスプレとジュリエットを比較して、何か違いなどを感じた点はありますか?

ジェシカさん コスチュームの話なんですけど、今着ているのはワーナーさんが用意してくれたコスチュームで、私が作ったコスチュームは「ZOM-BE-GONE」のCM風PV で使ったものなんです。ワーナーさんから「(PVで)血だらけになるから、これもう使えなくなるよ」って言われて、自分で作ったやつよりも着てて嬉しいし、もっと上手にゾンビを倒せるような気がします(笑)。

編: 以前のPVで日本語を少し話しておられましたが、自然なイントネーションに驚かされました。日本語を勉強されているんですか?

ジェシカさん いま大学2年生なんですけど、2学期に日本語のクラスをとりました。もう結構忘れちゃったんですけど(笑)。イントネーションを学んだのは、日本のアニメやドラマですね。

編: 川本さんは先ほど「極真空手をやっていたことが役立った」とおっしゃられましたが、その点はオーディションを受けるときに自信になりましたか?

川本さん 最初は自信がなかったんですけど、本当にひとりひとり時間をかけて見てくれるオーディションで……色々な質問をしてくださったりとか。だから、できる限り自分のすべてを出そうと思って。長い時間みてくださったから、よかったのかなと思います。

編: ジェシカさんは先にゲームを知っていましたが、川本さんは知らなかったわけですよね。事前に何か勉強されましたか?

川本さん ホームページを事前に見ておくようにと(応募条件に)書かれていたので、それで見たくらいです。一応「ゾンビを倒すゲームなんだな」っていうのは頭に入れて(笑)。イメージガールといっても、どういう感じなんだろう? というのが予想していなくて。そうしたら「身体の採寸をします」といわれた時点で「あっ、あの衣装を着るのかな!?」とビックリしましたね。でも、嬉しかったです。凄くアメリカンな感じだし、チアリーダーはやったことがないですけど、衣装が凄くかわいい。細かいところまでサイズピッタリで作っていただいて。

編: お互いの印象はいかがですか?(おふたりは本日が初対面)

ジェシカさん I like her!(満面の笑み)。

川本さん もう、本当に全部がジュリエット!(以後しばらくふたりで「いやいや、あなたが本当のジュリエットよ!」と譲り合う)。

編: ……お互い褒めあうのはそれくらいで(笑)。川本さんは、これまで雑誌、TV、舞台などのお仕事がメインでしたが、ゲーム関係は今回が初ですよね。これまでのお仕事とは印象が異なった点などはありますか?

川本さん 映像であれば何回でも撮り直しができますが、イベントはその場で感想とか受け答えをしなければいけないので、凄く難しいですね。人前にでると緊張しちゃったりとか。自分がゲームを知ってないとみなさんに魅力をお伝えできないし、ちゃんとゲームをやりこまないとなぁ、と思いました。

編: おふたりとも既にゲームをプレイ済みとのことですが、それぞれ印象をおきかせください。

ジェシカさん 私は普段から色々なゲームを遊んでいるんですけど、そのなかでも「LOLLIPOP CHAINSAW」は“遊びやすい”というか“入りやすい”し、誰にとってもプレイしやすいゲームになっていて、しかも可愛くて楽しいです。ニックもお気に入りです。ただのオモチャとかアクセサリーじゃなくて(笑)。実際に攻撃に使えたりとか。色々できるのが、凄く楽しいです。

川本さん やっていてストーリーが凄く気になるし、今までに無いものだと思います。ニックとの会話も凄く面白いし、技もたくさんあって。全部は覚えられていないんですけど、とりあえずボタンを一杯押せば何かしら面白い技が出ます。そういうのが苦手な人でも楽しめると思いますし、色々な人に楽しんでいただきたいと思います。

編: いまニックの話が出ましたが……最初にニックのデザインを見たとき、どう思われました?

川本さん 「これはなんだ!?」と。「なんで首がついてるんだ!?」と思って(笑)。

ジェシカさん 顔がかわいいんだから、身体があればいいのになって思いました(笑)。実際のゲームのなかのセリフをきいていると、彼は凄くクレバーなことをいっているし、ちゃんとしたアドバイスをしてくれる。身体がないなんて、本当に信じられない。(たりないものは)ただ、身体がないだけですよね。

編: 今着用しているコスチュームの腰にも、ニックがついていたほうがよかったですか?

ジェシカさん “本物”の頭が欲しいです(笑)。「ニンゲン ノ アタマ!」

川本さん ニックはジュリエットと違って結構怖がりというか、そのギャップが面白いですね。女の子なのにジュリエットのほうがひっぱっていったりとか、でもいざというときはアドバイスしてくれたりとか。ふたりの掛け合いは、本当に面白いですね。

編: ジュリエットと自分を比較して「私と似てるかも!」、「ここに憧れる」などと感じた部分はありますか?

ジェシカさん ……髪の毛の色くらいかな?(笑)。冗談はともかく、ジュリエットは自分がやっていることが好きというか、常に自信をもって行動している。自分がかわいいことに気づいていない謙虚さもいいですね。

川本さん 方法は違いますけど“戦う”ところは重なるというか、似ている部分がありますね。あと、ジュリエットはアメリカ的というか、凄くポジティブ。大勢のゾンビが襲い掛かってくるのに、めげずに戦うのが本当に凄い。女の子なのに強い心を持っていることに憧れます。

編: ゲーム中に登場するコスチュームで「これを着てみたかったなぁ」と思ったものはありますか?

ジェシカさん セクシーライダー、ウサウサきぐるみ、ハイスクール・オブ・ザ・デッドの毒島さん、あと「Jimmy Urine」という本作のボス戦の曲を書いた有名なアーティスト、彼の衣装があるんですけど、あれが好きです!

編: どれかひとつ、といわれたら?

ジェシカさん (ひそひそ声で)セクシーライダー! コスチュームを自作したんですが、動くと中身が全部出ちゃいそうになって(笑)。

川本さん 私は「これはゾンビですか?」のハルナちゃんです。先日のイベントであの衣装を見て「かわいい!」と思って。あれはいいなぁと思いました。あとは「デッドマン・ワンダーランド」のシロ! 弟から漫画を借りて読んでいたので「あっ、シロだ!」と思って。あれを着ると髪も白くなるんですよ。それが凄く面白いのと、あとシロだから返り血が飛ぶんですよ! 凄く細かいなって思います。

編: 19日は秋葉原イベントの本番ですが、お気持ちはいかがでしょうか?

川本さん 明日は“ふたり”なので、ふたりでしかできないこと、というか。アメリカでも話題になっているということで、日本も負けないように宣伝していきたいと思います!

編: 最後にファンの方々にメッセージをお願いします。

ジェシカさん アメリカのジュリエットと日本のジュリエットが揃うのは今回だけなので、ぜひ見にきてください。写真を撮って、ゲームを実際にプレイして、豪華なプレゼントもあります。楽しんでもらえれば嬉しいです。

川本さん 女の子にもプレイして欲しいし、興味を持ってもらえると思います。ふたり揃うのは今回だけかもしれないので、貴重な時間かもしれないのでぜひきてください!

編: 本日はお忙しいところを、ありがとうございました。今回が最後などといわず、まずは明日(今日)のイベントの成功をお祈りしております。

【ダブルジュリエットのコメントムービー】



【日米ジュリエット、夢の揃い踏み!】
今日が初対面とは思えないほど息ぴったりのおふたりに「実は前から知り合いだったんじゃないんですか?」とつっこんでしまったほど
美女ふたりが獲物を持つ。筆者はふと思った。“サクリファイス(生贄)”成分が足りないと……。こういうときは自ら身体を張るのが心情だったが、中年ライターよりは新進気鋭の若手編集者をささげるべしと安田くんに白羽の矢を立ててみた。若いうえにガタイがいいので、とても“贄栄え”する素晴らしい絵が撮れました

【川本まゆさん】

【ジェシカ・ニグリさん】

【CM風PV「Lollipop Chainsaw スペシャル版」 (日本語字幕付)】
アメリカンのジョーク炸裂のオリジナルショートPV。ぜひともチェックいただきたい

(C) KADOKAWA GAMES / GRASSHOPPER MANUFACTURE

(2012年 5月 19日)

[Reported by 豊臣孝和]