最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

Klab、「コンプガチャ」の全停止を発表

今後はソーシャルゲームの「本来の楽しさ」に注力


5月9日 発表


 Klab株式会社は5月9日、同社の提供するソーシャルゲームにおける全ての「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」を5月31日に終了し、今後も実施しないことを発表した。

 Klabはこれまでに、「キャプテン翼モバイル」、「恋してキャバ嬢」、「真・戦国バスター」などのソーシャルゲームを提供している。

 Klabは今回の決定の理由として、5月9日時点では消費者庁から「明確に違法だという判断は示されていない」、「具体的な通達などはない」としながらも、監督官庁から指導、要請される前に「業界側が自主的に規制することが望ましい」と考え、停止すべきという判断に至ったとした。

 今回停止となるのは、Klabで扱っていた「コンプガチャ」と「テーマガチャ」の2種類。「コンプガチャ」は、100以上ある“通常ガチャ”アイテムの中にある特定アイテムを揃えることで、新たな報酬がもらえるというもの。「テーマガチャ」は、6〜10アイテム程度の限定アイテムのみで構成され、全種類を揃えることで報酬がもらえるもの。

 Klabでは今回の「コンプガチャ」停止により、「ガチャ」部分の売り上げは15%落ちると予測している。ただし、今後は「本来の楽しさである、協力・競争などのソーシャル性やイベントなどを追求」し、「高額課金者に依存することのない、長期継続的に楽しんで頂けるゲーム」作りに注力することで、ソーシャルゲーム事業全体の下落影響は5%以下に留まる見込みを示している。


(2012年 5月 9日)

[Reported by 安田俊亮]