最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

アクワイア、アキバを舞台にしたPSP「AKIBA’S TRIP PLUS」

グラフィックスなどパワーアップ要素を公開


6月21日 発売予定

価格:3,990円

CEROレーティング:C(15歳以上対象)



 株式会社アクワイアは、PSP用アクションアドベンチャー「AKIBA’S TRIP PLUS(アキバズトリップ・プラス)」の前作からのパワーアップ要素について公開した。発売は6月21日を予定しており、価格は3,990円。CEROレーティングはC(15歳以上対象)。

 「AKIBA’S TRIP PLUS」におけるパワーアップ要素としては、前回お送りした全編フルボイス化が大きいが、ある意味ゲームの主役とも言える“秋葉原の街”のグラフィックスも進化している。常に新しいビルが建ったり工事中になったりしている秋葉原の街だが、同作では最新のものにブラッシュアップされている。たとえば、駅前には新しくオープンしたアミューズメント施設が描かれ、一方でラジオ会館は工事中となっている。

 登場キャラクターに関しても、ゲーム中の3Dモデルも全てtanuの手掛けるイラストの雰囲気に近づけられている。イベントシーンではキャラクターがアップになることがあるが、イラストに近づけられたことでより一層、感情移入できる内容となっている。

 また、前作のセーブデータを引き継ぐことが可能となったため、前作の続きをプレイすることもできる。さらに、引き継ぎ特典としていくつかのアイテムがプレゼントされる。このほかにもスペシャルな特典があるが、今後改めて公開されるという。

 改善されているのはこれだけではなく、プレイ中の不安定な要素などバグフィックスが行なわれているほか、操作性も改善され、モーションや演出も強化、細かい修正が行なわれている。また、ロード時間が長いといった声も聞かれたが、今作では短縮が図られているという。


【現在の秋葉原の景色により近く】
発売当時からどんどん変化を続ける秋葉原。駅前もアミューズメント施設が建ち、一方でラジオ会館は工事中。これらのグラフィックスも反映されている(左が旧作で、右が「AKIBA’S TRIP PLUS」のグラフィックス)
【キャラクターのグラフィックスをリファイン】
ヒロインの前作のグラフィックス 「AKIBA’S TRIP PLUS」でのグラフィックス。よりイラストの雰囲気近いテイストにブラッシュアップされている
【各キャラクターもより美しく】
主人公 瀬那 舞那
【セーブデータの引き継ぎが可能に】
引き継ぎ特典として、プレイに役立つアイテムがゲットできる

(C)2011-2012 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.
Amazonで購入

(2012年 4月 17日)

[Reported by 船津稔]