最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

任天堂、3DS「3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡」

1986年に発売された「光神話 パルテナの鏡」が3Dで復活!


12月19日 配信開始(キャンペーン特典)
2012年1月18日 配信予定(通常配信)

価格:無料(キャンペーン特典)
   600円(通常配信)

CEROレーティング:A(全年齢対象)



見開きの本の中央に、原作と同サイズのゲーム画面が表示される

 任天堂株式会社は、ニンテンドー3DS用アクション「3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡」の配信を12月19日より開始した。価格は無料。プレイ人数は1人。なお、今回配信されるのは、2012年1月15日まで実施予定としている、クラブニンテンドー「ちょっとマリオな ニンテンドー3DS」プレゼントキャンペーンの応募者全員プレゼントとなっており、通常配信は、2012年1月18日より開始される。通常配信版の価格は600円。

 「3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡」は、1986年にファミコンディスクシステムで発売されたアクションゲーム「光神話 パルテナの鏡」の3DS版。

 「3Dクラシックス 光神話 パルテナの鏡」では、背景に新しく絵が描きこまれ、空間に奥行きが生まれている。また、原作の操作感を再現した「オリジナル」と、矢を連射できるといった要素を利用でき、ゲームを有利に進められる「アレンジ」の2種類の操作モードが用意されている。

 物語は、メデューサに「天空の神殿」を奪われ、囚われの身となっている女神パルテナを救出するため、パルテナ軍の親衛隊長、ピット君がひとり冥府軍に立ち向かうところから始まる。

 ステージは、「冥府界」から始まり「地上界」、「天空界」へと続いていく。各ステージは、3つのエリアとボスの守る砦で構成されていて、砦のボスを倒し「三種の神器」をすべて奪還することで、メデューサのいる「天空の神殿」への道がひらける。

冥府界は縦スクロールステージ。足場があった場所でも、画面がスクロールして見えなくなってしまうと、奈落の底に落ちるので注意 子死神を呼ぶ死神に矢を放つピット君 隊列を組んで接近してくる1つ目の敵「モノアイ」
温泉で疲れた体を休めると体力が全回復する 迷路のような砦の内部で、メデューサの呪いにより石像に変えられた兵士「イカロス」を発見。トンカチで叩くと呪いが解けあとで助けてくれる
「ナスビ使い」が投げてくるナスに触れると呪いの力でナスの姿にされる。病院で呪いを解いてもらうまで一切攻撃できなくなる 冥府の砦のボス「ツインベロス」。ピット君に向かって近づきながら、時折、口から火を吐いて攻撃

地上界は横スクロールステージ。頭上から降ってくる岩石に注意 狭い足場を渡りつつ、右や左へ進み砦を目指す。目の前からモノアイの兄弟分「ミック」が集団で迫ってくる ステージの途中にある部屋の入口。部屋の種類はさまざまあり、ピット君をパワーアップさせるためのアイテムを入手できる
部屋が敵の巣ということもある。大量の「メガネハナーン」が襲いかかってくる 値段は高いが、普通の店では売っていない貴重なものが購入できる「ヤミ屋さん」。クレジットカードを持っていれば「ツケ」もできる

(C)1986-2011Nintendo
※ニンテンドー3DSの3D映像は、本体でしかご覧いただけません。画面写真は2D表示のものです。

(2011年 12月 19日)

[Reported by 中野信二]