最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

チュンソフト、Android「風来のシレン 虹の迷宮録」

シリーズ完全新作が基本無料・アイテム課金型で登場


10月21日 配信開始

価格:無料(アイテム課金制)



イメージイラスト
画面下部に用意されたバーチャルパッドで操作する

 株式会社チュンソフトは、Android用ダンジョンRPG「不思議のダンジョン 風来のシレン 虹の迷宮録」のオープンβサービスを10月21日より開始した。価格は無料。対応機種は、Android OS 2.1以上搭載端末。

 「不思議のダンジョン 風来のシレン 虹の迷宮録」は、Android向けに開発された完全新作のダンジョンRPG。ゲーム内容は、毎回形状が変化するダンジョンを毎回レベル1に戻されるキャラクターで探索するという、「不思議のダンジョン」シリーズにのっとったもの。ただし本作はアイテム課金型のモデルを採用し、基本無料でプレイできるのが特徴となっている。なおオープンβサービス中は有料アイテムやサービスは提供されず、近日開始予定の正式サービス時より提供される。

 有料アイテムとして提供されるのは「チケット機能」と呼ばれるもので、大きく分けて2種類ある。1つはダンジョン内で利用できる「冒険チケット」で、ダンジョン内で倒されたその場で復活できる「復活チケット」や、混乱などの状態異常を回復できる「状態異状回復チケット」、HPが完全に回復する「HP回復チケット」などがある。「冒険チケット」は通常のアイテムとは別枠で保管されるため、限られたアイテム保管場所を圧迫しない。

 もう1つはダンジョンから戻る場所となる宿場で利用できる「宿場チケット」で、新たなダンジョンが追加される「ダンジョン開放チケット」などがある。

 ダンジョンはオープンβサービス時には、地下10階の「はじまりの森」、地下30階の「腕試しの洞窟」、同じく地下30階の「呪われし坑道」の3つが用意される。正式サービス時には、地下50階の「緑の迷宮」が追加される。その後も新ダンジョンが追加される予定だが、この4つのダンジョン以外は「ダンジョン開放チケット」で提供される。

 もう1つの新たな仕掛けとして、「FP(風来ポイント)」がある。FPは冒険の中で入手できるほか、1日1回ログイン時にFPを受け取れる「風の恵み」や、他のプレーヤーと稽古することで得られる機能も用意される。使い道は、アイテムを販売する「よろず屋」や、ランダムでアイテムを入手できる「がちゃ屋」などがある。なお「よろず屋」、「がちゃ屋」は正式サービス時には有料版も別途提供される。

 このほかゲーム外の機能として、「冒険日記」が提供される。ここでは冒険で一定条件を満たすことで獲得できる「称号」の一覧や、冒険中に倒したモンスター、入手した武器と盾が記録された図鑑を確認できる。また全国のプレーヤーと競えるランキングの順位や、特殊な条件で入手できるトロフィーも確認できる。さらには背景のグラフィックスも変更可能で、プレーヤーの家のようなものとして機能する。


【スクリーンショット】
ダンジョンはオープンβサービス時には3つで、正式サービス開始時に1つ追加される グラフィックスは前作「風来のシレン 月影村の怪物」よりも向上している 有料で提供される「チケット機能」
「復活チケット」があれば、ダンジョンで倒されてもその場で復活できる 冒険中やログイン時などにもらえるFPで利用できる「がちゃ屋」 「がちゃ屋」のイメージイラスト
「がちゃ屋」で取得したアイテムは、いったん「預かり所」に入る。使いたい時は倉庫に移す 各種プレイ実績を確認できる「冒険日記」。プレーヤーの家となる場所 倒したモンスターは図鑑の形で記録される。全てのページを埋めるのも目標になる

(C)CHUNSOFT

(2011年 10月 21日)

[Reported by 石田賀津男]