最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

任天堂、ニンテンドー3DSを8月11日より1万円値下げ!

改定前購入者には任天堂のFC/GBAのVC10タイトルずつを無償配信


7月14日に発売した3DS「フレアレッド」

7月28日 発表

8月11日より価格改定

新価格:15,000円



 任天堂株式会社は、今年2月26日に発売したニンテンドー3DSの価格を、8月11日より1万円下げ、15,000円とすることを明らかにした。「年末商戦に向け、3DSの普及に勢いを付けるため」とリリースにうたわれており、海外においても、7月〜9月の間に値下げを実施する。

 また、リリース内で3DSソフト「スーパーマリオ3Dランド」を11月に、「マリオカート7」を12月に発売することも明らかにしている。

■ 改定前購入者には「ファミコン」、「ゲームボーイアドバンス」の「バーチャルコンソール」タイトルを10タイトル無償配信

 このリリースとは別に、任天堂代表取締役社長、岩田 聡氏によるメッセージが掲載されている。そこで明らかにされているのが、8月10日までにニンテンドー3DSを購入したユーザーに、「アンバサダー・プログラム」を提供するというもの。8月10日23時59分までに、ニンテンドー3DSをインターネットに接続し、「ニンテンドーeショップ」に1度アクセスすることで、このプログラムに参加したとみなされる。

 「アンバサダー」に登録されたユーザーには、2つの施策が発表されている。

 1つ目は、9月1日より、「ファミコン・バーチャルコンソールタイトル」が10タイトル無償配信される。「スーパーマリオブラザーズ」、「ドンキーコングJR.」、「バルーンファイト」、「アイスクライマー」、「ゼルダの伝説」がすでに公開されており、ほか5タイトルは今後発表される。このタイトルは、この年末までに配信予定の「ファミコン・バーチャルコンソール」タイトルを先行配信するもので、後に追加機能のある正式版が有償配信された際に、無償でアップデートできる。

 先行配信版には、電子説明書が搭載されていないが、後の正式版で搭載される。また、操作するコントローラを切り替える機能が搭載され、1Pと2Pを切り替えて遊ぶことが可能。正式版では対戦プレイに対応予定。「まるごとバックアップ機能」(ゲームのすべての内容を好きなタイミングでコピーして保存する機能)も正式版で対応予定。中断プレイには対応している。今後のアップデートにより、「ソフトとデータの引っ越し」機能による、「他のニンテンドー3DSに引っ越し」にも対応する。

 2つ目は、年内に「ゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソール」タイトルを10タイトル無償配信する。こちらは「スーパーマリオアドバンス3」、「マリオカートアドバンス」、「メトロイドフュージョン」、「メイドインワリオ」、「マリオvs.ドンキーコング」に加え、5タイトルが用意される。これらのタイトルは、「アンバサダー・プログラム参加者のみへの配信を予定しており、ニンテンドー3DS用としては将来も販売の予定はない非売品となる」という。

 この非売品ゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールタイトルでは、電子説明書は非搭載。配信機能および周辺機器には未対応。HOMEボタンを押すと、簡易メニューが表示され、直接HOMEメニューに戻らない。「まるごとバックアップ機能」と「VC中断機能」は未対応。ゲームプレイ中は、ニンテンドー3DSを閉じてもスリープモードにならない、「いつの間に通信」や「すれちがい通信」がゲームプレイ中に発生しないといった制限がある。また、「ソフトとデータの引っ越し」機能による、「他のニンテンドー3DSに引っ越し」はできない。


(2011年 7月 28日)

[Reported by 佐伯憲司]