最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【11月27日】
【11月26日】

任天堂、「ニンテンドーeショップ」の情報を公開

DSi/LLからの3DSへのソフト・データの引っ越しについても明らかに


6月7日 開始予定



 任天堂株式会社は、ニンテンドー3DSでインターネットを使ってソフト情報を閲覧したり、ダウンロード専用ソフトを購入できる「ニンテンドーeショップ」の情報を公式サイトで公開した。「ニンテンドーeショップ」の機能を利用するには、6月7日より実施される本体更新が必要。

 ホームメニューのアイコンをクリックすることでスタートする「ニンテンドーeショップ」では、Wiiや3DSのTVCMや紹介映像の閲覧、新作の発売予定や人気ランキングも見ることができる。また、3DS本体で遊んだソフトの「おすすめ度」を投票したり、投票をもとにした「おすすめランク」もチェックできるようになる。「タイトル名」やキーワードなどでのソフトの検索も可能。

 「ニンテンドーeショップ」でソフトを購入するために必要な代金は、WiiやDSi同様、クレジットカード、ニンテンドープリペイドカードを使って残高を500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円のいずれかをチャージし、ソフトの代金分を支払う形となる。

 また、3DSでは「ニンテンドー3DSダウンロードソフト」、および「バーチャルコンソール」などのダウンロードタイトルをプレイすることができるほか、DSiウェアも購入/プレイできる。

● ニンテンドー3DSダウンロードソフト

【6月7日配信ソフト】
・「ミステリー P.I.〜消えたフィルム〜」(Gモード)500円
・「3Dブロック崩し」(シルバースタージャパン)500円
・「3Dクラシックス ゼビウス」(任天堂)600円
・「3Dクラシックス エキサイトバイク」(任天堂)600円(7月31日まで無料)

※「3Dクラシックス」……往年の名作を3Dで復活させたタイトル

【3Dクラシックス エキサイトバイク】
【3Dクラシックス ゼビウス】

● バーチャルコンソール(ゲームボーイ)

【6月7日配信ソフト】
・「ロックマンワールド」(カプコン)400円
・「星のカービィ」(任天堂)400円
・「ベースボール」(任天堂)300円
・「ファンタズム」(ジャレコ)400円
・「ダウンタウンスペシャル くにおくんの時代劇だよ全員集合!」(アークシステムワークス)400円
・「スーパーマリオランド」(任天堂)400円

■ DSi/LLからのDSiウェアの引越し

 ニンテンドーDSi/LLを所有し、なおかつ3DSを所有しているユーザーには、DSi/LLでダウンロード購入したDSiウェアや撮影した写真を3DSへと引っ越し(ムーブ)することができる。この引っ越しは、DSi/LLから3DSへのみ可能で、逆は不可能。引っ越しは3DS本体のバージョンが「2.0.0-2J」以上で可能となる。

 引っ越しできるデータは、DSiウェア(ムーブ)、写真・音声データ(コピー)、Wi-Fiユーザー情報(ムーブ)の3種。ただし、セーブデータおよびニンテンドーDSiポイントは引っ越し不可。また、引っ越しすると、DSi/LL本体では、ソフトと一緒にセーブデータも消去される。また、写真・音声データは、コピー扱いなのでDSi/LLからは消えることはない。ニンテンドー3DS本体の本体保存メモリに写真・音声データが保存されている場合、すべて消去されるので、引っ越しする前にSDカードにコピーしておく必要がある。Wi-Fiユーザー情報は、3DSに登録されているものが上書きされ、DSi/LLの情報は消去される。

 引っ越しの手順だが、以下の通りとなっている。

・DSiウェア「ニンテンドー3DSへの引っ越し」(無料)DSi/LLへダウンロード。
・3DSのHOMEメニューから「本体設定」→「その他の設定」→「ソフトとデータの引っ越し」を選択。
・DSi/LLで引っ越しソフト「ニンテンドー3DSへの引っ越し」を起動。
・画面の指示にしたがって引っ越しを行なう。

 引っ越しの手順としては、引っ越しできるデータをすべて引っ越す「まとめて引っ越し」と、「DSiウェア」、「写真・音声データ」、「Wi-Fiユーザー情報」から引っ越ししたい項目を選んで引っ越せる「えらんで引っ越し」が選択できる。「えらんで引っ越し」を繰り返せば、1台のDSiDSi/LLのデータを複数の3DSへ分けて引っ越しすることも可能。

 ただし、いくつかのタイトルは引っ越しが不可能となっている。詳しくは公式サイトを確認していただきたい。また、いくつかのDSiウェアはニンテンドーeショップからダウンロードできない。なお、「うごくメモ帳」は3DS用の新しい「うごくメモ帳」が開発中という。



■ 本体更新で追加される機能

 6月7日から行なわれる本体更新は、3DSをインターネットに接続した状態(ニンテンドーゾーンやWi-Fineでも可能)HOMEメニュー→「本体設定」→「その他の設定」から「本体の更新」で行なう。

 この更新により「インターネットブラウザー」も利用可能となる。「インターネットブラウザー」は、ゲームをプレイ中にHOMEボタンを押してプレイを中断している間に起動させることができる点が大きな特徴。また、3D表示には未対応で、FlashやPDFなどのプラグインにも対応していない。

 また、期間限定とされていた3Dムービー「スーパーマリオブラザーズのテーマ」は、この更新によって自動削除される。


(C) 2011 Nintendo
【3Dクラシックス エキサイトバイク】
(C)1984-2011Nintendo
【3Dクラシックス ゼビウス】
(C)1982 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)2011 Nintendo
Licensed by NBGI

(2011年 6月 2日)

[Reported by 佐伯憲司]